現金10万円が必要な方へ お金をつくるコツと最終手段

「急に10万円が必要になったが、用意するためのよい方法が思いつかない。」

急にお金が必要になるという経験は多くの方がされたことがあるかと思いますが、その金額が10万円にまでなってしまうと用意する方法はなかなか思いつかないかもしれません。

ここでは10万円を用意することができるおすすめの方法やその際の注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

10万円を用意するための4つの方法

10万円を用意するための方法としては以下の4つが挙げられます。

  • 両親や知り合いから借りる
  • お金になりそうなものをオークションで売却する
  • 中古車や不動産を売却する
  • 短期のアルバイトで稼ぐ

これらの方法にはデメリットがあり、すぐに10万円を用意するのは難しい場合があります。

それに対してカードローンで10万円を用意する方法には以下のメリットがあります。

  • 即日の借り入れが可能
  • 会社によっては30日間利息ゼロなどのサービスがつく場合もある
  • 大手金融機関の傘下にあるカードローンは安全性が高い

カードローンでお金を借りる際の申し込みから借り入れまでの基本的な流れは以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 契約の締結と借り入れ

カードローンで10万円を借り入れる際には以下のことも覚えておくようにしてください。

  • 本人確認書類の提出は必須
  • 収入証明書は借り入れ希望額によっては提出不要な場合もある
  • 借り入れ希望額が少ないほど審査には通過通過率は高まる

現金10万円が必要になったときにできること

10万円をすぐに用意する方法としては以下のものが候補として挙げられます。

両親や知り合いから10万円を借りる

10万円を稼ぐのではなく借りる場合、できるだけ利息がつかない形で借りられる方法を考えてみるのがおすすめです。

その方法のひとつとして両親や知り合いに借りるという手段は、交渉次第では利息なしで借りることもできるため、10万円をすぐに用意するための方法としても適切といえます。

ただし、この方法で10万円を用意する場合、しつこい交渉は人間関係を破綻させるきっかけにもなりかねないため注意が必要です。

お金になりそうなものを売り10万円に換金する

身の回りにお金になりそうなものがあればネットオークションなどを利用して現金に換えるという方法もあります。

この方法ではリサイクルショップなどに買い取りを依頼するよりも高い価格で売ることができるというメリットがあります。

しかし、ネットオークションの場合、買い手を見つけるまでに時間がかかることがあるため、早急に10万円を用意しなければならないという方には不向きかもしれません。

中古車や不動産を売却し10万円を捻出する

ある程度の高い価値のあるものを売却すると10万円程度のお金であればすぐに用意することが可能です。

とりわけ中古車や不動産は余程の欠点がない限りある程度の高い価格で買い取ってもらうことが可能なため、10万円を用意する方法としても適しています。

ただし、中古車や不動産を売却し、お金を受け取るまでには数日を要することもあるため、この方法もまたとにかく早く10万円が必要という方には向いていないかもしれません。

短期のアルバイトで10万円を稼ぐ

10万円を稼ぐ場合、短期のアルバイトをするという方法もおすすめです。

特に短期のアルバイトを紹介してくれる派遣会社では日払いや週払いに対応していることが多いため、翌月の給料日まで待たないとお金を用意することができないといったこともないでしょう。

一方、短期のアルバイトの日給は勤務時間や勤務地域などの条件にもよるものの、1万円程度が上限となっています。

よって、10万円を稼ぐためには10日程度の勤務が必要となるため、この方法もまた早急に10万円を用意しなければならないという方には不向きといえます。

カードローンならすぐに10万円を借りられる

上述した方法にはいずれもなんらかのデメリットがあり、早急に10万円を用意する方法としては適していない場合もあります。

その一方でカードローンには以下のようなメリットがあり、10万円をすぐに用意する方法としても適しています。

必要な10万円の即日借り入れが可能

現在では多くのカードローンが即日借り入れに対応しており、審査や在籍確認などの本来であれば時間のかかる手続きを申し込んだ当日に済ましてもらうことができます。

このことから、申し込んだ当日に10万円を借り入れることもカードローンであれば可能となっています。

借り入れ先によって30日間は利息がゼロになる場合も

会社にもよりますが、現在では多くの消費者金融が利息を無料にするサービスを行っています。

その一例としては借り入れから30日間は利息が無料になるものなどが挙げられ、このようなサービスを利用すれば、次の給料日までに返済を行うことで利息分を払うことなくすべての借り入れ金を返すことができます。

ただし、このような利息ゼロ円のサービスの中には、初めて借り入れをする人限定などの注意書きがされているものもあるため、それらをよく確認した上で利用するようにしましょう。

消費者金融はいまや大手金融機関の傘下だから安心

消費者金融というと高利息をつけ、高圧的な取り立てをされるなどといったネガティブなイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし、現在では多くの消費者金融が大手金融機関の傘下にあるため、健全な経営が行われています。

そのため、しっかりとした返済計画さえ立てた上で利用をすれば問題が生じる可能性は極めて少なく、すぐに10万円を用意するための方法としても適しているといえます。

カードローン10万円を借りる利用方法

カードローンで10万円を借りる際には以下の基本的な手順と注意点を覚えておくようにしてください。

申し込みから10万円を引き出すまでの流れ

カードローンで申し込みを行い、実際に現金を受け取るまでの流れは会社によって若干異なる部分もありますが、基本的には以下の順序で行われます。

1.申し込み

まずは氏名や住所、勤務先情報などを入力し、申込を行います。すぐに借り入れをしたい場合、ネット申し込みが便利です。

2.必要書類の提出

続いて本人確認書類と収入証明書を提出します。 ネット申し込みの場合、画像をメールで提出する形となるため、あらかじめ撮影しておくのがよいでしょう。

3.在籍確認の電話に応答

書類の提出が完了すると在籍確認の電話があり、オペレーターの簡単な質問に答えると申し込みが受理されます。 これに続いて審査が開始されますので、審査結果が出るまでしばらく待ちましょう。

4.契約締結し10万円を借り入れ

審査に通過すると契約締結となり、借入限度額の範囲で10万円の借り入れができるようになります。 すぐに借り入れがしたい場合、カード発行の手間を省くため、銀行振り込みによる借り入れを選択するのがおすすめです。

10万円を借り入れる際に必要なもの

カードローンではどのようなケースでも本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類としては運転免許証やパスポートなどが使用できますが、会社によって使用可能なものは若干異なるため申し込み前に確認するようにしてください。

また、会社にもよるものの収入証明書に関しては1社での借り入れが50万円、もしくは複数社からの借り入れ合計額が100万円以下の場合に限り提出が不要となることがあります。

そのため、10万円のみの借り入れの場合収入証明書の提出は求められないこともあります。

審査に落とされないように注意すべき点

審査では借り入れ希望額が収入に見合っていることなどが確認されます。よって、10万円の借り入れを目的として申し込みをするのであれば、借り入れ希望額を10万円のみとすると審査に通過しやすくなります。

まとめ

ここでは、すぐに10万円が必要になった場合の対策や注意点について以下のことをご紹介しました。

  • 必要な10万円をすぐに用意するための4つの方法
  • 10万円を用意するためにカードローンを利用するメリット
  • カードローンでの申し込みから借り入れまでの流れ
  • カードローンを利用する際に必要なものと審査に通過するための注意点

特に銀行系のカードローンは安全性も高く、早急な借り入れも可能なため10万円をすぐに用意するための方法としても適しているといえます。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。