プロミスの必要書類とは?審査時に忘れてはいけない2種類の書類とは

プロミス 必要書類 アイキャッチ画像
B子
申し込む際に必要な書類は何?
A男
プロミスを利用したいのに!

このように用意するべき書類について困っているのではないのでしょうか?

プロミスを利用するにあたって申し込み時に必要とされる書類は2種類のみとなっています。

このサイトでは、「どのような書類が該当するのか」「必要書類の提出の際の注意点」について詳しく解説していきます。

プロミスの審査で必要となる2つの書類とは?

プロミスの書類 画像
プロミスの必要な書類とは

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

プロミスの申し込みで用意する書類はWeb申し込みの場合であれば、必要な書類の数は1点から多くても3点のみとなります。

必要な書類①「本人確認書類」

本人確認書類

融資を受ける際に、申し込み情報に間違いがないかを知るために本人確認書類が必要となります。

本人確認書類の場合は、運転免許証の場合は1点・運転免許証がない場合は住民票+「健康保険証」または「パスポート」の2点が必要となります。

補足説明

※外国籍の場合、「在留カード」「特別永住者証明書」のどちらかをあわせて送信してください。

※「健康保険証」のみでも、審査は可能です。

顔写真が掲載されている運転免許証が基本

本人確認書類として一番手軽に提出できる書類としては、運転免許証が挙げられます。 運転免許証は顔写真もあるため、1点のみで本人確認書類として対応可能です。

しかし、運転免許証を持っていない人も当然います。持っていないからといって審査に影響するといったこともないので安心してください。

運転免許証がない場合は保険証などでも代替可能

運転免許証を所持していない場合は、健康保険証などでも、提出が可能となっています。

原則として住民票と「健康保険証」または「パスポート」の用意するといいでしょう。

プロミス
プロミス バナー
  • 振込は即日24時間365日対応
  • Web完結で来店不要
  • 初めての方は30日間利息0円

必要な書類②「収入証明書類」

収入証明書類

収入証明書類は必ずしも提出しなければならないというわけではありません。以下の条件に当てはまる方が対象となります。

収入証明書類が必要な条件

  • 借入希望額が50万を超える場合
  • 他社との利用総額が100万円超える場合

上記の条件に当てはまらない方は、本人確認書類のみで申し込むことが可能です。

必要書類の提出の際の注意点

現在ではマイナンバー制度が導入されているため、本人確認書類や収入証明書類などの中には、個人番号が記載されているものも少なくありません。

プロミスでは、マイナンバーを知らせなくてもよいため、もし書類の中に記載されているものがあれば、その部分は黒塗り・シールを張るなどの加工をするように、喚起しています。

そのため、マイナンバー記載のものについては、自身で加工してから送付してください。

2つの必要書類の提出方法を解説!

Webで本人確認書類の提出方法

スマホで書類を撮影し、インターネット上で撮影した書類のアップロードを行う方法です。

これは、自身で本人確認書類を撮影し、提出する方法になります。

撮影時によくある失敗

  • ピントが合わず文字が読めない
  • 端っこが切れてしまっている
  • 撮影する距離が遠い
  • 住所変更していない
  • 裏面の新住所を送っていない

このように失敗してしまうと、審査がなかなか終わらない、再度提出を求められるといった原因になりかねませんので、必要な部分をしっかりと写すように心がけてください。

収入証明書類が必要な方は、あらかじめ準備が必要ですし、借入希望額が50万を超えない場合と他社との利用総額が100万円超ない場合は、提出する必要はありません。

プロミス
プロミス バナー
  • 振込は即日24時間365日対応
  • Web完結で来店不要
  • 初めての方は30日間利息0円

まとめ

ここでは、プロミスのキャッシング申し込みに必要な書類を解説してきました。必要な書類に以下の2つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類は、申し込みを行った人全員が必要な書類であり、提出を求められますが、収入証明書類については、該当する方のみ提出する必要があるものです。

収入証明書類の提出が求められそうな方は、あらかじめ準備をしておいてください。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能