プロミスでの借り方は5種類!即日融資可能な申し込み方法と返済方法

プロミス 借り方 アイキャッチ画像
会社員
昼間は仕事が忙しい…
主婦
主婦でも借りることできるの?

初めてのプロミスの利用は、不安が大きいですよね。

このサイトで、少しでもその不安を取り除くことが出来たら嬉しく思います。

プロミスは急いでお金を借りたいと思った時、審査がとてもスピーディーなので、申し込みから借入までを最短即日で行うことができます。

プロミス
  • 振込依頼は24時間365日対応
  • Web完結で来店不要
  • 初めての方は30日間利息0円

このサイトでは、初心者の方にも分かりやすくプロミスでのお金の借り方、返し方について説明していきます。

プロミスでの借り方

プロミス 借り方 画像

プロミスは、さまざまな方法でキャッシングを申し込むことができます。

プロミスの借り方

  1. インターネット
  2. 電話(プロミスコール)
  3. 郵送
  4. 店頭窓口
  5. 無人契約機

プロミスの借り入れまでの流れ

すべての申し込みで共通する流れは、必要書類を用意し、審査に必要な項目を記入、審査が行われた後に借り入れできるかの通知が来ます。

契約成立後は、全国のプロミスATMをはじめとした、三井住友銀行ATMをはじめとする提携金融機関ATM・コンビニATMからの借入が可能となります。

プロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングも利用できます。

今すぐ急いでお金を借りたい!

そんな時、郵送以外であれば、営業時間内の申し込みで即日融資が可能となります。

プロミス公式の審査基準

プロミス 審査基準 画像

気になるプロミスの審査基準とは、どのようなものなのでしょうか。

申し込みできる条件

年齢20~69歳まで本人であり、安定した収入のある方。

主婦や学生でも「パート・アルバイト」など安定した収入のある方は申し込みが可能です。

職業および年収

「どんな職業なら審査に通りやすいの?」と心配になるかもしれませんが、基本的には、パート・アルバイトでも毎月の安定した収入さえあれば、キャッシングに申し込み審査に通ることも可能です。

実際の年収よりも、毎月の収入が安定しているか?ここがポイントになります。

契約可能額は年収の3分の1までと決められており、それ以上の額を借りようとすると審査が通らない場合もあります。

プロミスの受付時間

Webからの申し込みであれば、24時間365日いつでも受付可能です。

フリーコールであるプロミスコールからの申し込みの場合の受付時間は9:00~22:00(土・日・祝日申込可能)、お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込みの場合の受付は平日のみで10:00~18:00となります。

プロミス
  • 振込依頼は24時間365日対応
  • Web完結で来店不要
  • 初めての方は30日間利息0円

今日中にお金が必要!即日融資可能な申し込み方法とは?

プロミス 即日融資

webで申し込み

パソコンやスマートフォン、携帯電話さえあれば、24時間いつでもキャッシングの申し込みができるのがプロミスです。まずはプロミス公式サイトの「新規お申込み」ページを開き、「カンタン入力」「フル入力」からいずれかの方法を選んで申し込みます。

「カンタン入力」ではWeb上で最小限の項目のみ入力し、残りは電話で必要項目を確認していきます。一方、「フル入力」では、すべての項目をWeb上で入力することができます。

自動契約機で申し込み

必要書類を持参して、全国さまざまな場所にある自動契約機での申し込みもできます。誰にも会わず、約30分でスムーズな手続きが可能です。

まずは自動契約機のタッチパネルの案内に従い、必要情報を入力していきます。その後、備え付けの電話機でオペレーターから申し込み内容の確認電話が来ます。

自動契約機のスキャン機能を利用した必要書類の読み込みを経て、申し込んだ内容を元に審査が行われ、完了すると、電話か画面上で結果が確認できます。契約後はその場でカードが発行されるので、その場でお金の借入ができます。

店舗窓口で申し込み

「お客様サービスプラザ」と呼ばれる店頭窓口では、利息や返済について直接スタッフに相談しながら申し込めるのが強みです。必要書類を持参し、最寄りの店頭窓口へ向かいます。必要項目をスタッフと共に確認していき、その場で審査が行われます。

審査が完了すると、契約可能額を教えてくれますが、その後webや自動契約機での申し込み以上に、スタッフが丁寧に商品やサービスの説明をしてくれます。

もちろんその場で契約書類を作成し、プロミスカードが発行されるので、すぐにお金を借り入れることが可能です。

プロミスから借りたお金を返済するには

プロミス 返済方法 画像

プロミスでは返済方法も複数ありますので、個人個人で便利と思う方法、その都度状況に合わせて選択してみてください。

インターネット返済

インターネット返済は、パソコン・スマートフォン・携帯電話から、365日時間を気にせず瞬時に返済できるサービスです。

インターネットバンキングでの手続きが必須となりますが、店頭窓口やATMに行く必要がなく、返済時の振り込み手数料もかからないため、楽に返済できるのが魅力的です。

利用手順について、まずは会員サービスにログインし、お借り入れ・ご返済の手続きから「インターネット返済のお手続き」を選びます。返済金額を指定したら、自身で持っている金融機関にログインし、振込みを実行することで返済完了です。

ATM返済

プロミスカードはさまざまな提携ATMで利用できるため、ATMでの返済も可能です。三井住友銀行提携ATMとプロミスATMでの取引は、利用手数料がかからないので安心です。

提携ATMで返済する場合、取引額に応じて手数料を負担する必要がありますが、会員サービスの「プロミスポイントサービス」のポイントを使うと手数料が無料になるうれしいメリットも。40ポイントで、最大60日間の提携ATM手数料が無料になります。

店舗窓口返済

店頭窓口での返済は手数料がかかりません。直接窓口に赴いて返済することになるので、スタッフに返済計画を相談することもできます。ネット返済やATM返済ではできない、安心の返済方法です。

口座振替返済

「口フリ」と呼ばれる口座振替のメリットは、手数料がかからない、毎月の返済日に返済額を自動引き落としされる、店頭窓口やATMに向かう手間を省けるという点が挙げられます。

口座から引き落とされることで、手間いらずで、かつ確実な返済が可能なので、「返済を忘れてしまった!」という不測の事態を避けられます。

口座振替の申し込みは、会員サービスにログインし、お借り入れ・ご返済のお手続きから「口フリ(口座振替)のお手続き」を選択します。

金融機関を選択後、指定の金融機関にログインして口座振替に申し込むことで設定完了です。ただし、金融機関ごとに利用条件や利用可能時間が異なるので注意しましょう。

プロミス
  • 振込依頼は24時間365日対応
  • Web完結で来店不要
  • 初めての方は30日間利息0円

まとめ

学生でも申し込みができて、コンビニでも返済できるから返し方にも困らないので、初めてのキャッシングは安心で便利なプロミスを選んでみませんか?

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能