知っておきたい!アイフルでキャッシングする際の必要書類と注意点

すぐにお金が必要なのでアイフルへの申し込みを検討している人もいるでしょう。ただアイフルでお金を借りるには審査を受ける必要があり、そのためには必要書類を提出しなければなりません。

すぐにお金を借りたいけど、どのような書類が必要かわからず不安になっていませんか?

実際の利用ではそれほど難しく考える必要はなく、いくつかの書類のみで申し込みできます。キャッシング申込時に、アイフルでは何が必要なのかを解説しますので、是非参考にしてください。

アイフルは無担保でお金を借りられるので、保証人は必要なく、連帯保証人の書類を用意する必要がありません。無担保・無保証人でお金を借りられるので、簡単に利用できて便利です。

申し込みに必要な「本人確認書類」は以下の通りです。

カードローンでは常識!? 申請時に必要な2種類の書類

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 運転免許証がなければ健康保険証などでも可能
  • 本人確認書類と現住所が違う場合に必要な書類
  • 本人確認書類に使える書類一覧

また、「収入証明書類」を提出が必要なケースもありますので確認しましょう。本人確認証書類も収入証明書類も、スマホ撮影での提出が可能です。

必要な書類は2種類!「本人確認書類」と「収入証明書類」

早速アイフルで必要な書類は何か見てみましょう。

カードローンでは常識!? 申請時に必要な2種類の書類

アイフルで必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2つだけです。無担保・無保証人なので、保証人や担保の書類は必要なく、上記の2つだけ用意すれば申し込みが出来ます。

本人確認書類は身分証明書と言われる書類となっており、アイフルではいくつも利用できる書類があるので、あなたの一番都合の良い書類を用意すれば良いでしょう。

収入証明書類は、自分の収入を証明する書類です。

これは正社員・派遣社員、またはパートやアルバイトなど雇用形態に関わらず提出します。自分が安定した収入を得ているという証明をするための書類なので、提出が必要なケースもあります。

アイフルの申し込みで収入証明書類が必要なケース

ただアイフルの場合は、借し入れ限度額が50万円以内だと本人確認書類だけの提出で良く、アイフルのみでの借り入れが50万円を超える場合、または他社とも併せて100万円を超える場合に、収入証明書類が必要です。

収入証明書類にしても、利用できる書類がいくつもあるので、その中で用意しやすい書類を使うと良いでしょう。

ただし、収入証明書類は最新のものを用意する必要があり、去年や2年前の種類は使えません。

アイフルのキャッシング申し込みに必要な「本人確認書類」

アイフルで必要な書類の1つめが「本人確認書類」です。どのような書類があるのでしょうか?

運転免許証(運転経歴証明書)

運転免許証は本人確認書類として信頼性が高く、顔写真付きなので、より信頼性が増します。ICチップ入りの運転免許証もあり、アイフルでも本人確認書類として推奨しています。

もしも、車の免許を持っているならば、迷わず運転免許証を申込時に提出すると良いでしょう。

運転免許証がなければ健康保険証などでも可能

運転免許証を持っていない、または更新中で使えないなどの方であれば、他にもいくつか本人確認書類として使えます。

パスポートがその1つであり、顔写真のあるページと、所持人記入欄のページを提出します。提出時は記載の住所を確認し、古い住所のままなら、新しい住所に更新しましょう。

マイナンバーカードも本人確認書類として使うことが可能で、こちらは裏面をコピーしてはいけないと決められているので、表面だけコピーして提出します。

住民基本台帳カードも有効であり、顔写真のあるカードのみ使えます。健康保険証も本人確認書類として認められており、健康保険証であれば、公共料金の払込書や住民票の写しなど、現住所のわかる書類と一緒に提出します。

外国人の方は本人確認書類と在留資格を証明する書類を提出してください。

本人確認書類と現住所が違う場合に必要な書類

もしも、本人確認書類と現住所が違うときは、自分の氏名と現住所が記載されている書類も一緒に提出します。

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

これらの書類の中の1つを、本人確認書類と一緒に提出します。

本人確認書類に使える書類一覧

本人確認書類は、氏名・住所・生年月日・顔写真が記載されていないと無効です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証と現住所のわかる書類
  • ※外国人の方は在留資格を証明する書類

申込時には、これらの中から1つ用意すれば良く、健康保険証なども有効ですが、健康保険証ならば現住所のわかる書類も用意しないとなりません。

アイフルのキャッシング申し込みに必要な「収入証明書類」

アイフルのみで50万円以上の借り入れ、または他社を併せて100万円以上の借り入れを行うならば、収入証明書類の提出も必要です。

有効な収入証明書類の一覧

収入証明書類としては、以下の書類が有効であり、最新分のみが有効です。下記いずれかのコピーを1部時提出しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

アイフルとしては、収入証明書類としては源泉徴収票を提出するよう推奨しており、収入証明書類の中でも一番信頼性が高いです。

その他にもいくつか書類として有効であり、源泉徴収票や給与明細書は会社から、それ以外の書類は役所から取り寄せます。

給与明細書を提出する際の注意点

給与明細書は有効であり、源泉徴収票が用意できないならば、こちらを用意するのが確実です。

提出するときは、その時点での直近2ヶ月分の給与明細書を用意します。つまりは2ヶ月前までの明細を用意します。

勤務先名や総支給額の記載があるか確認し、手書きの給与明細では社判が押してないと無効です。

契約内容によっては収入証明書類が不要な場合も

先にも記載の通りアイフルでの借り入れが、50万円以内であれば、収入証明書類の提出は必要なく、本人確認書類だけで申し込めます。

他社でも借り入れしており、アイフルと合計すると100万円を超えるときは、収入証明書類が必要なので、注意しましょう。

収入証明書類に使える書類一覧

収入証明書類として有効な書類はいくつかありますが、それぞれで注意点があります。

源泉徴収票

勤務先と年収が記載されているか確認しましょう。

所得証明書または住民税決定通知書

収入額と所得額の記載があるか、市町村の発行印があるか確認します。

確定申告書

収入額と所得額の記載があるか、市町村の発行印があるか確認します。その年度の申告書のみ有効です。

給与明細書

月収の記載があり、社名または社判がある明細のみ有効です。

青色申告や支払い調書

個人事業主や会社経営者の方は、これらの書類も有効です。

どの書類にしても、最新の書類を用意し、収入がわかるよう金額の記載があるか、また現住所と記載の住所が同じかを確認します。

意外と少ない必要書類!安心して申し込める!?

アイフルなら思ったよりも必要な書類は少なく、またスマホがあればアプリを使って申し込みが出来ます。

本人確認証書類も収入証明書類も、スマホ撮影での提出が可能!

もしもスマホを持っている方なら、アプリを使うと、申し込みはもちろん、借り入れや審査に必要な書類の送付まで行えて便利です。

アプリだと、わざわざ店頭や無人契約機まで足を運ぶことなく、借り入れが行えます。

まずはアイフル公式サイトにアクセスし、必要事項を記入し、申し込みを行います。次にスマホで、必要書類を撮影し、アプリを使い送信して提出します。

その後担当者から電話連絡がきて、審査結果を受け取り、審査通過後にカードを受け取り、お金を借ります。

ネット振込予約もあるので、事前に予約しておくと、当日または次の日に借入希望額が振り込まれ、すぐにお金を借りることが出来ます。

銀行の営業時間外に振込予約をすると、次の営業日に振込となります。スマホを使えば、返済額のシミュレーションや、店舗検索なども行えるので便利です。

スマホで必要書類は撮影して提出できますが、特に収入証明書類となると、すぐに用意できないこともあり、源泉徴収票は会社によって発行時期が決まっていて、給与明細書も発行に時間がかかる場合があります。

役所も土日は休みで、住民税や所得税の証明書は週明けにならないと、取り寄せられないこともあります。すぐに申し込みを出来るように、書類は事前に用意しておいた方が良いでしょう。

まとめ

アイフルの申し込みに必要な書類をご紹介しました。提出できる書類は数種類あるので、自分に都合の良い書類を揃えて提出すると良いでしょう。

50万円以下の借り入れだと、収入証明書類の提出が不要で、運転免許証さえあれば申し込みを行えます。収入証明書類を用意するならば、最新の書類であるか、収入や住所の記載はあるかなど確認しましょう。

これらの書類を用意すれば、店舗に行かなくても、すぐにアイフルの公式サイトから申し込みが可能です。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。