なぜ審査に落ちたの?アイフルのキャッシング審査基準を徹底検証!

「アイフルのキャッシング審査に落ちたが、理由が分からない」

アイフルに限らず、キャッシングの審査基準を明確にしていない消費者金融は多く、そのような会社では審査に通らなかった理由も知ることはできません。

しかしながら、アイフルでは審査に落ちやすい方の特徴には傾向があるので、それを基準にすれば、自身が審査に通らなかった理由も分かるかも知れません。

ここではこのようなアイフルの審査基準の詳細について解説しますので、その内容を参考に他社への借り入れや増額の申し込みを検討してみてください。

アイフルではキャッシングの審査基準として、「20歳以上70歳未満の安定した収入がある方」が対象であることを明記しています。

しかしながら、これ以外の条件も審査においては重要な基準となるため、この基準さえ満たしていれば審査に通過できるという訳ではありません。

また、アイフルでは「1秒診断」も行っており、とにかく審査に通るか不安という方は申し込み前の利用をおすすめします。

また、アイフルの審査に落ちやすい人の特徴としては以下のような点が挙げられます。

  • 19歳以下または70歳以上である
  • 専業主婦・無職である
  • 収入ごとに設定されている利用限度額を超えている
  • 過度の多重債務を抱えている
  • 今までに滞納などをした経験がある
  • 本人の在籍が確認できない

アイフルでは追加融資において、通常の審査とは異なる基準を設けています。また、基本的にカードローンは利用しなければ利用実績が溜まらないため、常識的な範囲内で積極的に利用する必要もあります。

アイフルのほかに検討できる、他のキャッシング・カードローンもご紹介します。

  • プロミスのカードローン
  • 銀行のカードローン

まずは確認!アイフルのキャッシング審査基準

まずはアイフルのキャッシング審査基準について、明確にされている範囲で解説していきます。

アイフルのキャッシング審査基準

アイフルではキャッシングの基本的な審査基準として、「20歳以上70歳未満の安定した収入がある方」を対象としていることを明確にしています。

そのため、この基準を満たさないにもかかわらず、キャッシングの申し込みを行い、審査に通過できなかった方は、ほぼ間違いなく、この基本的な審査基準がその原因となっているといえます。

一方で、逆にこの基準さえ満たせば審査に通過できるということはなく、その他の条件も含めて複合的に融資可能かどうかが判断されている、という認識をする必要があります。

アイフルの「1秒診断」

アイフルでは必要事項を入力した後、1秒で審査結果が分かる「1秒診断」を行っています。

この審査では「年齢」「雇用形態」「年収」「他社での借入額」の4点のみを入力するだけで判定がされるため、アイフルではこの4点を審査において重要視していることが分かります。

なお、1秒診断は簡易的な診断です。この段階では書類を提出する必要はないため、年収や他社での借入額などを正確に入力しなくても問題はありません。

しかしながら、実際に申し込みを行うと、収入証明書の提出や信用情報機関で管理されている信用情報との照合から、実際と異なる申告はすぐにばれてしまうため、1秒診断の段階で記入内容を偽っても意味はありません。

また、1秒診断はあくまでもシミュレーションです。1秒診断に通ったからといって、実際の審査に通るとは限りません。

あなたは大丈夫?アイフルの審査に落ちるのはこんな方。

続いてはアイフルの審査に落ちやすい方の特徴について解説します。

19歳以下または70歳以上である

キャッシングを受ける方には十分な返済能力を持っていることが要求されるため、十分な収入がないことが多い19歳以下の未成年者や、年金生活者が多い70歳以上の方は審査に進むことはできません。

この年齢に該当する方は上述した1秒診断でも審査に通らないことから、ほぼ例外なく融資は受けられないと考えたほうがよいでしょう。

専業主婦

専業主婦の場合もまた、個人としての十分な収入がないことが殆どであるため審査にも通りづらくなります。

また、仮に夫の収入が十分にある場合であっても、専業主婦が自身の名前で融資を申し込むケースでは、夫の了承を得ていないと判断されるため、この点においても審査には通過しづらくなります。

無職

無職の方は上述した「安定した収入がある方」に該当しないと判断されるため、ほぼ間違いなく審査には通りません。

また、無職の方は社会保険証や収入証明書、給与明細などの書類を準備できないため、そもそも申し込みを行うこと自体が困難となります。

収入ごとに設定されている利用限度額を超えている

アイフルに限らず、個人に貸し付けを行うすべての消費者金融では年収の3分の1以上の融資は行っていません。そのため、融資希望額が収入に対する限度額を超えている方の場合も審査には通らなくなります。

また、この点に関しては、他の消費者金融や銀行などでの借入額に関して個人信用情報機関から提供される情報で判断されるため、虚偽の申請を行っても審査に通ることはありません。

過度の多重債務を抱えている

債務情報もまた審査においては重視されるため、多重債務を抱えている、または債務整理を受けている方などもまた、審査には通りづらくなります。

また、債務に関する情報に関しても信用情報機関などから提供されるため、虚偽の申告を行っても審査に通ることはありません。

今までに滞納などをした経験がある

過去に消費者金融の利用における滞納歴がある場合、その情報もまた信用情報機関によって管理されています。そのため、このような金融事故情報は審査に通過する上でも致命的な欠点となります。

本人の在籍が確認できない

キャッシングを行うにあたっては、勤務先への在籍確認も必要となります。

これは電話だけでなく書類でも行うことが可能ですが、いかなる方法でも在籍自体が確認できないと無職、あるいは虚偽の申請を行ったとみなされ、審査に通過できないばかりか、警察へ通報されてしまうこともあるため注意しなければなりません。

アイフルなら、基準を満たせば追加での融資も見込める

ここまで通常のキャッシングにおける審査基準について解説してきましたが、一方で追加融資の場合の審査基準は、キャッシングの審査基準とは大きく異なります。

アイフルの追加融資の審査基準

カードローンにおける追加融資とは、融資の限度額を増額することを意味します。

そのため、それまでの限度額で十分であると判断されると審査には通らなくなります。

つまり、追加融資の審査を通過するためには、それまでに適用されていた限度額が低すぎるということを証明するだけの十分な利用実績が必要となり、それこそが追加融資の審査基準として最も重要な点となります。

カードローンは利用しなければ利用実績が溜まらない

カードローンの追加融資を受けるためには十分な利用実績が必要となりますが、当然利用実績はカードローンを十分に使用しないと溜まりません。

特に追加融資の審査においては直近6カ月程度の利用実績が対象となります。

確実に審査に通りたいのであれば、その期間の利用実績を確認し、それが十分でなければ、審査に通るだけの利用実績を溜めてから申請を行うようにしましょう。

アイフルの審査に落ちたら、他のカードローンを試してみよう

アイフルの審査に落ちてしまったとしても、その他のカードローンを試してみれば、審査に通過できるかもしれません。

ここでは最後に、アイフルの審査に落ちてしまった方に次に検討できそうなカードローンをご紹介します。

プロミスのカードローン

プロミスは、アイフルと異なる審査項目や審査基準で、さらに初めての方に限り30日間無利息になるサービスもあります。

そのため、アイフルの審査で落ちてしまった方でもプロミスあれば検討できるかもしれません。

銀行のカードローン

銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンに比べて審査は厳しいといわれていますが、実際にはその差が歴然としているということはなく、アイフルの審査に通らなかったからといって諦めるべきではありません。

また、銀行のカードローンの場合、その銀行の口座を持っていれば手続きを簡素化できることもあるため、普段から使用している銀行のカードローンを中心に自身に合ったものを探してみるのがおすすめです。

まとめ

ここではアイフルの審査基準から審査に落ちやすい方のタイプや落ちてしまう理由などを明確にし、実際に審査に落ちてしまった方向けに、代わりとなるおすすめのカードローンをご紹介しました。

また、その一方で限度額の増額を目的とした追加融資に関する審査基準についても解説しました。

ここでご紹介した審査基準を踏まえ、アイフルの審査に通過できなかった方も他の会社のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。