無人契約機、ATM、コンビニ・・・アイフルは借り方を選べる

「自分の都合に合った方法で借り入れができる消費者金融が見つけられない」

カードローンによるお金の借り方は会社によってさまざまですが、なかなか自身の都合に合った方法で借り入れができる会社を見つけられないという方も多いかもしれません。

ここでは無人契約機、ATM、コンビニなど、さまざまな方法で借り入れができるアイフルのキャッシングについて解説します。

アイフルでのお金の借り方は、他の会社に比べて種類が多く、他のキャッシングサービスで借り入れができなかった方も、アイフルでは借り入れができる場合があります。

アイフルにおける申し込みから借り入れまでの流れは以下のようになっています。

  1. 無人契約機、またはインターネットで申し込みを行う
  2. 審査に通過すると担当者から電話がくる
  3. 電話もしくは書類の画像送信による在籍確認の手続きをする
  4. 受付完了の連絡を受け、借り入れを行う

また、これらの借り入れまでの過程では以下の点に関しても注意する必要があります。

  • 基本的な審査基準は「20歳以上70歳未満の安定した収入がある方」
  • 主婦、無職、年金しか収入がない方などは基本的に借り入れはできない
  • 審査受付時間は申し込み方法によって異なる
  • 便利な「1秒診断」で、借入可能か診断可能 

一方でアイフルは、キャッシング申し込みの方法の種類が豊富であるという特徴もあり、具体的には以下のような方法が挙げられます。

  • 無人契約機「てまいらず」
  • 店頭窓口
  • 電話
  • インターネット

また、申し込みに必要な書類やローンカードの受け取り方法も、申し込み方法によって異なるという点は覚えておく必要があります。

アイフルで借り入れを行った場合、ATMやコンビニだけでなく、自身の口座に振り込んでもらうことも可能となっています。

アイフルで申し込みから借り入れまでの流れをご紹介

まずはアイフルでキャッシングを受ける際の、申し込みから借り入れまでの流れについて、以下の点をご紹介します。

アイフルの審査基準

アイフルの審査基準は、審査項目も他社とすべてが同じではないので、他社で審査に落ちたもののアイフルでは借りることができたといわれることも多いようです。

ですので、他の金融機関で断られたことがあるという方でも審査に通過できるかもしれません。

しかし、アイフルでは明確な審査基準は公表していないものの、20歳以上70歳未満で「安定した収入があること」を基本的な審査基準としています。

そのため、この基準に満たない「主婦」「無職」「年金受給者」などに該当する方は審査に通過しづらくなります。

アイフルの審査受付時間

アイフルの審査受付時間は申し込み方法によって異なります。

アイフルの基本的な申し込み方法は「無人契約機」と「インターネット」の2種類となっており、このうちインターネットは24時間申し込みが可能となっており、審査受付時間もそれに準じます。

一方で無人契約機は8時から22時(一部は21時)まで申し込みが可能となっており、これ以外の時間帯での申し込みと審査は受けられなくなっています。

アイフルの「1秒審査」

一般的に消費者金融の審査にはある程度の時間がかかるため、早急に現金が必要という方の場合、適していない会社も数多く存在します。

一方でアイフルが行っている「1秒審査」では、必要事項を入力すると、その内容に基づいてその場で審査の通過可能性を確認することができます。

そのため、とにかく早く現金を用意しなければならないけど審査が不安という方にもおすすめです。

ただし、この1秒審査では「年齢」「雇用形態」「年収」「他社からの借入金額」の4点のみから借り入れが可能であるかを判断するため、それ以外の個人情報の内容によっては、融資を受けられなかったり、融資額が減額されたりすることもあるため注意が必要です。

店舗や無人契約機だけじゃない。いろいろあるアイフルのキャッシング申し込み方法

アイフルのキャッシングの申し込み方法は上述したとおり「無人契約機」と「インターネット」の2種類です。

ですが、一度審査に通過した後、実際に現金を振り込んでもらうために行う借り入れの申し込みは「無人契約機」、「店頭窓口」、「電話」、「インターネット」の4種類の方法で行うことができます。

続いてはこれらの方法の詳細について、それぞれ解説します。

無人契約機「てまいらず」

アイフルの無人契約機は、「てまいらず」という名称で呼ばれています。

この無人契約機ではキャッシングにおける最初の段階の申し込みや、カードの受け取りが行えるだけでなく、現金の受け取りも可能となっています。

そのため、申し込み、カードの受け取り、現金の受け取りをとにかく早く行いたいという方には、この無人契約機を利用した方法がおすすめです。

ただし、この無人契約機は上述したとおり8時から22時(一部は21時)までの営業となっているため注意が必要です。

店頭窓口

アイフルでは、原則店頭での融資は行っていませんが、不動産担保ローンに限り融資を行っています。ただし、こちらは事業者向けのサービスとなっています。

電話

借り入れの申し込みは電話にて行うことも可能です。

この方法では会員専用ダイヤル、もしくは女性専用ダイヤルへ電話をし、オペレーターに入金希望額などを伝えます。振り込みは指定した銀行口座へ行われ、最短で当日中に出金することも可能です。

ただし、銀行の営業時間や営業日の関係から、入金が数日後となる場合もあるため、注意が必要です。

インターネット

インターネットからの借り入れ申し込みは、スマホ・パソコン・フィーチャーホン(ガラケー)から行うことができます。

この方法の場合、会員サイトからログインし、入金額などを指定すると、最短で当日中に入金が行われます。また、この方法の場合、申し込み自体は24時間行えるという点が大きなメリットとなります。

申し込みに必要な書類

アイフルのキャッシングを受けるためには、最初の申し込みの段階で本人確認書類が必要となります。また、借入希望額によっては収入証明書が必要となる場合もあるため、必要となる条件を確認しておくようにしましょう。

また、在籍確認を書類で行う場合は社会保険証と直近2カ月の給与明細(もしくは最新の源泉徴収)も必要となります。

一方、借り入れの申し込みでは基本的に新たな書類の提示は必要ありませんが、事業者向けの不動産担保ローンの融資申し込みでは本人確認書類の提示が必要となります。

ローンカードの受け取り方法

キャッシングを利用するためにはローンカードが必要となります。

このローンカードの受け取り方法は、「無人契約機」と「配達」の2種類があり、無人契約機の場合は上述した営業時間内に受け取る必要があります。

また配達の場合は時間帯指定もできるため、家族に知られたくないという方などにもおすすめです。

ATMやコンビニでも!アイフルでのお金の出し方

現金を受け取る方法が限定されている消費者金融も少なくありませんが、アイフルの場合は、ATMやコンビニなどでも現金が受け取れるため、便利です。

ATMやコンビニで借りる方法

アイフルでは自社のATMだけでなく、以下の提携ATMでも現金を受け取ることが可能です。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • E-netコンビニATM
  • 親和銀行

これらのATMでは、ローンカードを使用すれば、銀行口座からお金を引き出すのと同様の操作でお金を受け取ることができます。

自分の口座に振り込んでもらう方法

上述のとおり、電話やインターネットを利用すると、借り入れた現金は指定した銀行口座に入金してもらうことも可能です。

この場合、ローンカードを持ち歩く必要もないため、給料を引き出すような感覚で気軽に現金を受け取れるというメリットもあります。

まとめ

ここではアイフルでキャッシングの申し込みを行い、現金を受け取るまでの過程で重要となる審査基準や審査時間について解説しました。

また、それと同時に無人契約機、ATM、コンビニなどを利用した現金の引き出し方と申し込み方法などについても解説し、各々の注意点やメリットなどもご紹介しました。

アイフルは申し込み方法や現金を受け取る方法が豊富にあるため、自身に合った方法を見つけられれば、安心してキャッシングを受けることができます。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

消費者金融のキャッシングのプロミスは、最短1時間で借りられて、初めての方なら初回借入日から30日間金利無料です。

楽天銀行のカードローンは、楽天IDがあれば申込が簡単で、入会すると全員に楽天ポイント1,000ポイントがもらえます。