どうしてもお金がほしい方は必見!プロミスのキャッシングの審査基準を解説

「プロミスの審査が甘いって本当?」

「プロミスでのキャッシングを受けたいけど、審査に通るか不安」

利用しやすいと評判のプロミス。審査の結果が出るのも早いといわれていますが本当なのでしょうか。ここでは、そんなプロミスの審査基準について解説します。

プロミスの審査基準について考える際には、どのような人が審査に通りづらいのかという点を知っておく必要があります。プロミスの審査に落ちてしまう原因としては以下のようなものが挙げられます。

  • 未成年または70歳以上である
  • 専業主婦である
  • 無職である
  • 収入によって設定されている利用限度額を超えている
  • 過度の多重債務者である
  • 支払い滞納記録がある
  • 在籍確認ができない

また、プロミスでのキャッシングが受けられない場合の代替の方法としては以下のようなものも挙げられます。

  • アイフル
  • 銀行のカードローン

しかしながら、これらのプロミス以外のキャッシングの審査は、プロミスの審査に比べて基準が厳しい場合もあるため、審査を通過することは難しいかもしれません。

そのため、プロミスの審査基準は決して甘くはないものの、審査基準は会社によって異なるので、他社で審査に通らなかったのにプロミスでは審査に通過できる、ということも考えられます。

あらかじめ審査基準を確認し、申込資格があれば申し込んでみるとよいでしょう。

プロミスのキャッシング審査基準ってどうなの?

まずは、プロミスのキャッシング審査項目について解説します。

年齢

「年齢」の項目では、未成年でないか、あるいは、年金生活者でないかといった点が確認されます。また、このどちらにも該当しなくても、若い方の場合、審査において不利になることもあります。

職業

安定した収入が期待できる職業であるかどうかが審査されます。派遣社員や契約社員などの場合は、審査において不利になるとも言われます。

また、タクシー運転手、芸能人、投資家などの職業も、収入の安定した職業と見なしてもらうのは難しいようです。

収入

返済能力があるかどうかが判断されます。その際には借り入れ希望額に見合った収入があるのかという点だけでなく、安定した収入が期待できるのかという点も重視されます。

信用情報

信用情報機関で管理されている信用情報は、審査において重要な基準のひとつとなります。この情報には、他の会社を含めたキャッシングの利用状況や返済の遅延状況、金融事故履歴などが登録されています。

また、消費者金融以外のカードローン会社や金融機関の借入状況なども登録されているため、返済能力を過去にさかのぼって判断することが可能となっています。

国籍

国内の消費者金融ではほとんどの場合、日本以外の国籍の方への貸付は行っていないため注意が必要です。

申告情報の正確性

申し込み時に提出した申請情報の正確性も審査基準となります。特に過去の利用状況は信用情報と照合するとすぐに嘘がばれるため、正確に記入しなければなりません。

また、特に悪質な虚偽申請に関しては警察へ通報されることもあるため注意が必要です。

国民健康保険への加入状況

国民健康保険の未加入者に返済の遅延・滞納が多いことから、その加入状況もまた審査において重視されています。

このようにプロミスの審査では、申込者のさまざまな個人情報をその基準としています。

また、虚偽の申告を行い審査に通らなかった場合、そのこともまた信用情報として登録されてしまうため、キャッシング自体を長期的に利用できなくなる可能性もあります。

そのため、審査に通過できそうにないのにも関わらず、無闇に借り入れを申し込むのは得策ではありません。みずからの状況をしっかり確認した上で、審査に申し込みましょう。

あなたは当てはまる?プロミスのキャッシング審査に落ちてしまうのはこんな方。

上述したとおり、審査が甘いのではないかといわれることも多いプロミスの審査も、その基準としては数多くの項目を設定しており、審査に通らないことも少なくありません。

続いては、このようなプロミスの審査において特に落ちてしまいやすい方のタイプをご紹介します。

未成年または70歳以上である

根本的なこととして、キャッシングの審査においては貸したお金をしっかりと返済する能力があるのかということが判断されます。

そのため、申込者の年齢という点においては、「未成年者」あるいは「70歳以上の方」が審査に落ちやすいとも言われます。

このうち未成年者は、安定した収入が期待できる仕事に就いていないことが多いだけでなく、働いていたとしても給料が少ないことがほとんどであることや、勤務期間が短く、離職の可能性があることなどから、審査に通らないことが多いようです。

また、70歳以上の方は年金生活であるため収入が少なく、働いていたとしても収入が少ないことが殆どであるため、審査に通りづらくなります。

専業主婦

専業主婦は個人としての収入がなく、返済能力がないと判断されることがほとんどであるため、審査にも通過しづらくなります。

また、特に子どもがいる家庭では、進学などに伴う高額な出費が頻繁にあることから、返済能力に変化が表れやすい、といった理由で審査に通らないということもあります。

一方で専業主婦の中にはパートをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合収入は限られるため、審査に通過するには不十分といわざるを得ません。

無職

収入額は審査において最も重要な項目のひとつとなります。そのため、収入がない無職の方はほぼ間違いなく審査に通らないと考えるべきです。

収入によって設定されている利用限度額を超えている

クレジットカードなどの場合もそうですが、キャッシングでも利用限度額が存在します。

この金額は収入によって設定されることが多いため、収入から換算した利用限度額以上の金額の融資を希望している場合は審査に通りづらくなります。

過度の多重債務

信用情報機関で管理されている信用情報が審査において重要となることは上述のとおりです。

この信用情報の中でも特に重視される項目のひとつが債務履歴であり、過去の多重債務が残っている方や、既に返済完了したものの履歴が残っている方の場合、審査に落ちやすくなります。

過去に支払い滞納などの経験がある

信用情報には過去の支払い滞納履歴も登録されています。

この情報にはプロミスに限らず、ほとんどすべての金融会社での履歴が登録されているため、キャッシングやクレジットカード、各種ローンの滞納履歴がある方は審査に落ちやすくなります。

在籍確認ができない

審査においては、申請時に記載した勤務先へ、電話にて在籍確認が行われます。

そのため、在籍していることが確認できないと審査に通らないばかりか、警察へ通報される場合もあるため、正しい情報を記入しなければなりません。

プロミスでキャッシングできなかったときは? 他の消費者金融やカードローンについて

プロミスの審査に落ちた方が、他の会社の審査に通過するのは難しいかもしれません。

特に数カ月以内の審査に落ちた情報は、信用情報にも大きな傷をつけ、他の金融機関にも共有されるため、別のキャッシングにすぐに申し込みをしても審査に通過することは極めて困難です。

しかしながら、以下の消費者金融、カードローンであれば、一定の期間をおいたうえで申請を行えば、審査に通過することができるかもしれません。

アイフル

アイフルもまた、プロミスと同様に、ネット上で「審査が甘いのではないか?」といわれることが多いひとつです。

しかしながら、アイフルの場合は貸付対象者は「満20歳以上69歳まで」であり、かつ定期的な収入と返済能力を有する人に限ります。

また、「当社基準を満たす方」と明文化しているため、特にこの年齢外の方などは審査に通過することはありません。

銀行のカードローン

銀行のカードローンもプロミスの審査に落ちた場合の代替手段のひとつとして考えられます。

特に銀行系カードローンでは、その銀行の口座を持っていれば手続きが若干簡単になるというメリットもあるため、仮に審査に通過した場合、実際に現金を受け取るまでの手間を削減することができます。

なかでも大手である「三菱UFJ銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」ならば安心でおすすめです。

ただし、銀行系カードローンの場合も審査はあるため、プロミスの審査に落ちたときと状況が変わっていないと通過することは困難です。

まとめ

プロミスの審査基準について見てきましたが、改めて以下を確認しておきましょう。

  • 審査の対象となる主な項目
  • 審査に落ちやすい方のタイプ
  • 審査に落ちた場合の代替手段

審査基準が甘いと噂されるプロミスですが、実際にはその基準は決して甘くはなく、収入や信用情報などを理由に落とされてしまう方も少なくありません。

また、審査に落ちたという事実は信用情報にも一定期間記録されるため、審査基準から判断し、通過の見込みがあると思われる方は申し込みを行ってみるのもよいでしょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。