アイフルから借りる際に必要な収入証明書とは?

アイフルで50万円以上借入をする時や、他社含めて借入が100万円になる場合に必要な収入証明書。

ここでは、借入、増額時に必要な収入証明書になる書類について紹介します。

アイフルで50万円以上借りる際に必要な収入証明書とは?

アイフルで50万円以上借入をしたり、他社含めて100万円以上借入をする際に必要な収入証明書について以下に紹介します。

借入金額が50万円以下の場合は収入証明書がいらない可能性が高いので、本人確認書類を準備のみしましょう。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 年金証書、年金通知書
  • 給与明細書(過去2ヶ月分)

収入証明書類はすべて、前年度分(直近分)です。有効期限に注意しましょう。有効期限を無視して前年度分以前の収入証明書を提出しても審査に通りません。納税証明書については、納税署の収受印があるもの、あるいは電子申告の受付日時の記載があるものです。

確定申告書については、課税証明書の記載が必要です。このとき、住民税決定通知書と2枚1組になっている場合は、両方とも必要です。

上記いずれの書類の提出も困難な場合は、直近2ヶ月分の給与明細書でもよいとされています。

次に当日中に手に入る収入証明書類について紹介します。

最短当日中に手に入る書類を紹介!役所に申請する書類が最短

アイフルで50万円以上、他社含めて100万円以上の借入をするために必要な収入証明書類の中で当日中に手に入るものを紹介します。

  • 所得証明書(課税証明書)
  • 納税証明書
  • 確定申告書

源泉徴収票や給与明細書は会社に申請する必要があります。ツールで管理している会社であれば、最短で当日手に入れることが出来るかもしれません。

しかし、経理部や総務部に依頼する必要がある場合は必要な理由を質問されたり、当日渡されない可能性もあります。

お金がかかりますが役所で取得できる所得証明書(課税証明書)、納税証明書であれば時間内に申請すれば手に入れることができます。

確定申告書をしている場合は、家に保管していると思うので、その書類を収入証明書として提出することができますよ。

借入額が50万円以下でも収入証明書の提示を求められる理由

アイフルを含めた消費者金融は貸金業法にある総量規制に沿った金額を融資をします。

総量規制とは、貸金業法における、年収の3分の1を超えた債務者の借入を原則禁止する制度で、過度な借入から消費者を守るためのものです。

貸金業者が借り手に対して、年収の3分の1を超える融資を原則禁止する法律。カードローンやキャッシングが対象で、クレジットカードのショッピング枠は対象外。

年収の3分の1を少しでも超えた額を融資してしまうと法律違反になるため、すでに他社から借入がある場合、総量規制に該当する金額に近い場合は収入証明書の提出を求められるケースがあります。

電話案内で増額をおすすめされた時も収入証明書が必要?

アイフルから増額をすすめる電話がかかって来て増額する場合でも、増額金額によっては収入証明書が必要になるケースがあります。

上記で紹介した条件と同じで50万円以上になる場合と、他社含めて100万円以上になる場合です。

まとめ

アイフルの収入証明書について紹介しました。

50万円以上、もしくは他社含めて100万円以上の借入をするときに収入証明書が必要です。

また、場合によっては総量規制に抵触する可能性がある金額の場合に収入証明書の提出が求められます。

急な借入が必要になったときのために収入証明書類は大事に保管しておきましょう。

クレジットカード・カードローン


アコム
  • 初めての利用で30日間無利息
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
プロミスレディース
  • Web完結来店不要
  • 24時間振込可能