お金をつくるなら、即日融資可能な消費者金融のカードローンがおすすめ

支払いが足りずない…お金を用意しなければいけない…という緊急時の対策方法をご紹介します。

即日で用意しなければいけない状況になる前に、節約をしたり現金を管理したりするのが理想ですが、「突然の出費」というのは誰でも経験するものです。

その際は、当座の状況を乗り越えることに集中し、解決した後、節約することを考えましょう。

緊急性の度合いによって、選ぶべき方法は異なります。準備などを考えると以下の順番になっており、即日必要であれば消費者金融のカードローンとなります。

  1. 数日の余裕はある:親や家族から借りる、日雇いバイト
  2. 明日用意したい:銀行系カードローン
  3. 今日、できれば今すぐに:消費者金融のカードローン

その理由をそれぞれ解説します。

即日お金を作る必要ができた!そんなときにお金を作る方法

お金を即日でつくる方法をご紹介します。

親や家族に頼み込む

お金が必要になったとき、まず親などの家族に頼む方法が考えられます。何の問題もなく貸してくれる家族がいれば解決ですが、以下の場合には他の方法を探さなければいけません。

  • 家族が疎遠
  • 何度か既に借りていて断られた
  • 借りる相手が、自分が必要な金額を持ち合わせていなかった

問題なく借りられる場合でも、信頼を損なわないためにも、必ず借りる理由といつどのくらいお金が入るから返せるのかをしっかり説明しておきましょう。

給料が即金でもらえるバイトをしてみる

すぐにお金を用意する他の方法としては、給料を即日でもらえる日雇いバイトがあります。しかし申し込み、面接、勤務、給料受取、の4ステップを当日中に終わらせるのは難しいです。

面接もほぼ不要という求人もありますが、そこに電話で申込し決まったとしても通常は早くて翌日勤務となります。

かなり柔軟に対応してもらって当日勤務できたとしても、お金が入るのは遅い時間になってしまうかもしれません。

今日中に10,000円必要というときには、仮に時給1,500円でも7時間勤務しなければいけません。

10時に勤務開始したとして、お昼をはさんだら18時までバイトする必要があるので、お金が手に入ってもその用途に間に合わない可能性がでてきます。

極端な例ですが、「仲のよい人に会社経営者がいて、その手伝いとして前金でもらう」といったようなよほど特殊なケースでなければ、即日に用意するにはむいていません。

銀行系のカードローンでキャッシング

銀行のカードローンで融資を受ける、つまりお金を借りる方法もあります。 

銀行口座申し込みのときにカードローンを申し込んでいた場合、そのまま銀行のキャッシュカードで利用することができますが、口座開設時にカードローンをつけている人はあまり多くないでしょう。

自分が口座をもっていない銀行でも、カードローンのみの申し込みが可能です。

ネットで申し込み、審査結果が出たらローン契約機でローン専用カードを発行し、お金を借り入れます。ローン契約機はATMとは異なるテレビ電話がついた機械です。

銀行のカードローンは申し込みをしたあと、審査結果がでるまで待たなければいけません。大手銀行の2例を紹介します。

  • 三井住友銀行のカードローン:
    • 審査結果は公式サイトで最短で翌日と記載
  • 三菱UFJ銀行(旧三菱東京UFJ銀行):
    • ネット申し込みは場合によっては審査結果は翌日と記載
    • ローン契約機での申し込みは翌営業日以降可能と記載

ネット申し込みであれば即日の可能性がありますが、その後ローン契約機でカード発行をしなければならず、混雑時にはすぐに発行されない場合もありますので、早めに手続きをしておく必要があります。

消費者金融のカードローンでキャッシング

銀行系カードローンと同様、消費者金融のカードローン・キャッシングで手続きも同様でネット申し込みが可能です。

銀行系カードローンに比べ利息は高めですが、審査回答が早めの傾向があり、プロミスアイフルなどのキャッシングでは、即日で融資も可能です。

消費者金融のカードローンは最高500万円まで即日融資が可能

消費者金融のカードローンは審査により多くが500万円までの範囲内でお金を借りることが可能です。しかも知人や家族に借りるときのようにお金を作る詳細な理由はもちろん、いつまでに返済するかの相談も不要です。

手続きはすべてネットで完結、審査は最短30分で完了

ネット申込はスマホからWEBサイトやアプリ経由で情報入力のみとなっており、書面が不要です。

準備するものはこの2点だけです。

  • 身分証(運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)
  • 収入証明(給料明細や源泉徴収票)

しかも、50万円まで申し込み、もしくは他社からの借り入れを合わせて100万円未満であれば収入証明書類の提出は不要です。この身分証明や収入証明もスキャンして提出する必要などはなく、スマホのカメラ撮影でよいのです。

つまり、スマホと身分証だけがあれば申込みの準備は完了し、審査結果がでるまでは最短30分の消費者金融もあります。

店舗ATMや口座振込で銀行・コンビニATMなどで出金可能

審査が通ればあとはお金を借りるだけですが、自分の銀行口座への振込をしてもらったり、いつものATMで現金を出金したりすることができます。

銀行口座への振込は時間によっては当日中、ATMはカードを手にすればコンビニで当日中に借りることが可能です。

カードといっても郵送ではなく、無人契約機などその場で発行してもらえるのが基本です。消費者金融会社によってはスマホがカード代わりになり、審査後ATMですぐ借りることができます。

はじめての利用の方なら30日間無利息キャンペーンも使える

消費者金融で借りる唯一のデメリットは、利息が銀行よりも高めという点です。利息とは借りたお金の何%を手数料として返済と合わせて支払うもので、消費者金融はこの利息で利益を得ています。

しかし、無利息期間に利用すればこのデメリットも減らすことができます。例えば、こうした場合に即日で10日に食費も含めて4万円を借りて、4月25日にすべて返済したとします。

  • 給料日は毎月25日
  • 家賃の支払いは毎月15日
  • 使いすぎて4月10日に家賃が支払えないことに気がついた
  • 足りないのは3万円
  • 4月25日の給料ではすべて返せそう
  • 契約日翌日から30日間が無利息のアイフルから借りた

借りている期間は4月11日から4月25日までの合計14日なので、返済金額は利息なしの4万円となります。

もしも給料日にすべて返済できず、最低払わなければいけない4,000円を4月25日に返済すると、借りている残りの金額が36,000円となります。

30日経過後の5月11日から5月25日までの14日間分、残っている36,000円に対して利息が発生となり、2回目の返済もお得になるのです。

消費者金融の比較

プロミスとアイフルを例に見ていきましょう。

プロミスの特徴

消費者金融会社はたくさんあります。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット

それぞれの違いがわからずに迷ってしまう方も多いですが、すぐにお金を借りたい場合であればプロミスを検討してみられてはいかがでしょうか?

なぜならプロミスは、セブンイレブンであればスマホをカード代わりにして借りることが可能だからです。

プロミスの詳細ページ

一般的に消費者金融は、カードをローン契約機などで発行しなければいけません。

街中であれば消費者金融の無人契約機などがあったりしますが、住んでいる地域によっては近くにないという方もいると思います。

カード不要でATMから借りるには、スマホをセブンイレブンのATMで借りる必要がありますが、セブンイレブンの店舗は無人契約機よりも多いでしょう。

それに消費者金融の無人契約機と、セブンイレブンのATMでは、知人に見られてしまった場合の見え方も違うでしょう。セブンイレブンのATMでは「銀行からお金を引き出しにきた」とも見え、気付かれにくいでしょう。

セブンイレブンのATMとカード不要スマホ連携のシステムは一般的な銀行でも採用されているので、スマホをかざしているところを見られても問題ありません。

一方、消費者金融名が大きく書かれているローン契約機に入るところを見られてしまったら、他の言い訳ができないかもしれません。

スマホをカード代わりにして借りられる消費者金融はSMBCモビットも同様ですが、SMBCモビットは公式サイトにどのくらいで審査回答なのか明記していません。

それに比べプロミスは公式サイトにて最短1時間と記載されており、即日融資を求めている人に配慮する姿勢がみられる会社となっています。

アイフルの特徴

次にアイフルを見ていきましょう。

アイフルはセブンイレブンでスマホをカード代わりにすることができませんが、審査結果の最短時間が短いのが特長です。

銀行口座に振込をしてもらうことでカードを不要とする方法がよいですが、銀行口座への振込は早めに依頼しないと即日融資にはなりません。

そうなると審査時間が早い方がよいのですが、アイフルはプロミス同様公式サイトにて最短30分と記載しています。

あくまで最短であり、また申し込みのあとに電話連絡をする必要はあるものの、最短30分というのは消費者金融でもトップレベルの審査時間です。

アイフルの詳細ページ

また、借りたお金を振り込んでもらう口座の取引明細を誰かに見られる可能性があるという方も、アイフルは振込の名義人を選ぶことができるので安心です。

「アイフル(株)」「AIセンター」のどちらかを選べ、AIセンターであればまずアイフルと思われることはありません。

まとめ

すぐにお金をつくるいくつかの方法と、即日で借りられる消費者金融について紹介しました。どうしても明日にお金が必要な緊急時には、消費者金融のキャッシングはその使いやすさとスピードは強みです。

消費者金融のご利用はしっかりと返済をし、複数の消費者金融から借りて多重債務にならないように気をつければ、一番手堅い解決法になるかもしれませんね。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。