50万円を借りる方法が知りたい!急にお金が必要にな時の対処法

「なんとかしてすぐに50万円を借りたいが、よい方法が思いつかない…。」

急に高額な現金が必要になったが、自力では工面できず、借りるしか方法がないという状態に陥ってしまうとよい手段がなかなか思いつかなくなってしまうかもしれません。

ここでは、50万円をすぐに借りられる方法をご紹介しますので、ご自身の都合に合ったものを実践してみてください。

50万円を借りる方法の選び方

50万円を早急に借りるための方法としては以下の4つが挙げられます。

  • 家族や友達に相談する
  • 給与やボーナスの前借りができないか相談する
  • 国の支援制度を利用する
  • カードローンを利用する

カードローンの種類には以下のものがあります。

  • 銀行が提供するカードローン
  • 消費者金融のカードローン

現在では消費者金融の多くが大手銀行の傘下にあるため、安全性が高いという特徴もあります。大手金融機関の金利は以下のようになっています。

  • アコム…3.0~18.0%
  • プロミス…4.5~17.8%
  • アイフル…3.0~18.0%
  • SMBCモビット…3.0~18.0%

カードローンで50万円を借りるメリットとしては以下のことが挙げられます。

  • 最短で即日借り入れ可能なものもある
  • 24時間365日申し込める
  • まとまって50万円を用意できる
  • 30日間無利息などのサービスもある

使途が限定されますが、以下のような「目的ローン」の利用もおすすめです。

  • マイカーローン
  • 事業者向けローン
  • 教育ローン

50万円借りたいときの4つの対処法

すぐに50万円を借りるための対処法としては以下の4つの方法が考えられます。

家族や友達に相談してみる

最も手っ取り早い方法のひとつが家族や友達に50万円を貸してもらえないか相談してみるという方法です。 この方法の場合、交渉次第では返済時期を延ばしてもらえたり、利息をつけないでもらえるといったメリットがつくこともあります。

ただし、あまりにしつこく懇願してしまうと信頼を失うこととなってしまうため、節度を持つことも忘れないようにしましょう。

ダメもとで給与やボーナスの前借りができないか相談してみる

現在働いており、ある程度の収入があるのであれば、ダメもとで勤務先に給与やボーナスの前借りができないか相談してみるという方法もあります。 ただし、この場合もあまりにしつこいと信頼を失うことから、節度を持つ必要があります。 また、一般的に多くの会社では前借りを行っていないため、希望は極めて薄いということも覚えておきましょう。

国の支援制度を利用する

お金を借りる方法としては「総合支援資金貸付制度」などの国の支援制度を利用するという方法もあります。 この方法では、主に生活費の支援という名目のもと世帯人数に応じた金額の借り入れが可能です。

ただし、この方法では実際に借入金を手にするまでに時間がかかることもあるため、今すぐにお金が必要という方には不向きである場合もあります。

カードローンを検討してみる

上述した3つの方法でお金を借りるのが難しい場合、カードローンを検討してみるのもよいでしょう。 多くのカードローンでは、今すぐにお金が必要という方向けに即日借り入れなどを可能としていることも多く、申し込みや審査がスムーズにいけば数時間内に現金を手にすることが可能です。

50万円を借りることができるカードローンの種類

単にカードローンといっても、その種類はさまざまです。 続いては、50万円の借り入れができるカードローンの種類をご紹介します。

銀行が提供するカードローン

銀行が提供するカードローンのことを「銀行系カードローン」と呼びます。 この種類のカードローンには後述する消費者金融のカードローンに比べて金利が若干低いというメリットがある反面、営業時間は短く、場合によっては2~3営業日が経たないと借入金を受け取れないことがあります。

そのため、すぐに現金が必要という場合の利用には不向きといえます。

消費者金融のカードローン

銀行の一部ではなく、消費者金融として経営を行っているカードローンを「ノンバンク- カードローン」などと呼びます。 この種類のカードローンには、銀行系カードローンに比べて金利が若干高いというデメリットがある反面、即日融資が可能となっていることが多いため、すぐに現金が必要という場合は特におすすめです。

ただし、ノンバンク・カードローンはさまざまな会社が経営を行っており、知名度の低いものの中にはあまり利用をおすすめできないものもあるため注意が必要です。

多くの消費者金融が大手銀行傘下なので安心

特に昨今ではテレビCMなどによる宣伝を行っている大手消費者金融の多くは大手銀行の傘下で経営を行っています。 そのため、その信頼性は高く、しっかりとした返済計画を立てた上で利用すれば、50万円程度の借り入れをしても特に問題はありません。

50万円を大手金融機関各社で借りた場合の金利比較

詳細な金利に関してはどこの消費者金融でも借入残高などによって決められるため、一概にはいえません。 しかし、以下の大手消費者金融では金利に関して以下の範囲内で適用することが規定されています。

  • アコム…3.0~18.0%
  • プロミス…4.5~17.8%
  • アイフル…3.0~18.0%
  • SMBCモビット…3.0~18.0%

以上のことから、プロミスに関しては金利の幅が若干狭いものの、大手消費者金融ではほぼ同等の金利が設定されていることが分かります。

50万円をカードローンで借りるメリット

50万円をカードローンで借りるメリットとしては以下のことが挙げられます。

最短で即日に借り入れ可能なものもある

カードローンの多くは即日の借り入れにも対応しており、審査や在籍確認なども迅速にいってもらえます。 よって、とにかく早くお金を借りたいというケースにおいてカードローンには大きなメリットがあります。

24時間365日申し込める

現在では大手のものを中心に消費者金融の多くではネットでの申し込みが可能となっています。 この方法だと24時間365日申し込みができるため、この点においてもカードローンにはメリットがあります。

まとまって50万円を用意できる

50万円をカードローン以外の方法でまとめて借り入れることは困難な場合もあります。 しかし、カードローンでは収入などにもよるものの、基本的に50万円程度であれば1度に借り入れできるため、複数の借り入れ先を探す必要がないという点もまた大きなメリットといえます。

30日間無利息などのサービスもある

特に大手消費者金融の多くは30日間無利息などのサービスを設けており、すぐに返済をすれば金利がかかりません。 カードローンでの借り入れには、このような金利に関するサービスが利用できるというメリットもあります。

50万円借りるカードローンの選び方

50万円を借り入れるためのカードローンを選ぶ際には、以下のことも覚えておくようにしましょう。

50万円を借り入れしたい場合に検討すべきカードローン

50万円を借り入れする際に便利なカードローンの中でも即日融資が可能なものとしては以下の消費者金融が挙げられます。

  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

使途によっては目的ローンが最適な場合も

借り入れた50万円の使途によっては、金利が低い「目的ローン」が最適な場合もあります。 目的ローンの一例としては以下のものがあります。

  • マイカーローン
  • 事業者向けローン
  • 教育ローン

ただし、目的ローンを利用する場合、本来の目的とは異なる用途での使用は行わないようにしましょう。

まとめ

ここでは50万円を早急に用意しなければならないという場合に適した対応法に関して以下のことをご紹介しました。

  • 4つの対処法
  • 50万円を借りることができるカードローンの種類
  • カードローンで借りるメリット
  • 50万円を借りるためのカードローンの選び方

50万円を借りる場合、早急にお金を受け取れることを重視するのも大事ですが、その後の返済のことも考えると金利に関しても気をつける必要があります。

また、総合的にみた場合50万円程度の借り入れでは銀行カードローンを利用するのがよいでしょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。