お金がない!このままでは生活できない場合に役立つ緊急の金策法とは?

お金がない生活できないアイキャッチ画像

家賃が払えない…。生活費が足りなくて困った。

最低限の生活費さえないから、今すぐお金を手に入れたい!そんな緊急でお金が必要なときは、どうすればいいのでしょうか。

知り合いに頼むのは気が引けるし、親に迷惑をかけたくない。

そのような場合は、消費者金融のカードローンやキャッシングの利用を検討してみましょう。

誰にも迷惑をかけずにお金を手に入れる

今すぐに現金を手に入れるなら、カードローンがおすすめです。最短即日でお金を手にいれることができます。

【便利・即日・簡単】-アコム-

アコム利用者数1000万人を超える人気のキャッシングです。

初心者は30日間利息0円で借りれます。

  • 初めての方は30日間利息が0円
  • 早くて今日中に借入可能
  • web完結で誰にも内緒で登録可能
アコム
アコムバナー
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

アコム以外にも金融機関はたくさんあります。

銀行のカードローンだったら、手持ちのキャッシュカードですぐに利用できるものもあれば、新規口座開設をせずに借入れが出来るものもあるのです。

特に楽天銀行のカードローンは、会員登録をしたことがある方は手続きがスムーズなため、人気があります。

楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンバナー
  • アルバイトでも申込可能
  • スマホで申込完結
  • 入会で楽天ポイント1,000ポイントプレゼント

このままでは生活できない・・・まずは、なぜそうなるかを分析してみよう!

お金がなく、生活ができない場合には、以下のポイントを抑えるようにしましょう。

あなたと家族の収入状況をチェック

生活に関わるお金のことを考える際には、最初にあなたと家族の収入状況をチェックしなければなりません。

その際には仕事の給料だけでなく、年金や教育扶助をはじめとした生活保護費、教育支援資金などの給付金まですべての収支をリストアップし、具体的な金額まで把握する必要があります。

特に子どもがいる家庭では、各自治体などのさまざまなお金の給付を受けられるため、それらも含めて収入状況をチェックするようにしましょう。

毎月の支出を項目別にチェック

収入状況が把握できたら、続いては支出状況をチェックします。

この際には、光熱費や食費などの基本的なものだけでなく、借金の返済金や医療費、各種保険料に至るまで、その項目を明確にした上でリストアップし、各々の金額を把握するようにしてください。

「支出が多すぎる」のか「収入が足らない」のかを見極めよう

以上の手順を踏んで収入と支出の内訳が分かったら、それらを比較し、支出が多すぎるのか、収入が足りないのかを明確にします。これによって適切な金策法を練りやすくなります。

「支出が多すぎ」という場合の3つの対策

支出が多すぎる場合は以下の3点に注意し、対策を練る必要があります。

ムダな支出を減らす

支出が多すぎる場合の最も基本的な対策が、ムダな支出を減らすということです。

この方法は一見すると単純で効果は少ないようにも思えますが、支出の内訳を細かく分け、家族それぞれが少しずつムダを減らすことができれば、大幅な支出の削減も可能となります。

しかしながら、この方法の場合、ムダであるか否かの判断基準は人によって異なるため、家庭内での基準を統一することは難しく、人数の多い家族では削減できる支出金額が限定されがちになることもあります。

買い物に優先順位を付ける

出費が多い人の特徴としては、欲しいと思ったものを何でも衝動買いしてしまうといったものも挙げられます。このようなことによる支出の増加を防ぐためには、買い物に優先順位を付け、必要のないものを明確にするのが効果的です。

一方で、この方法の場合もまたその基準は人によって異なるため、ムダな支出を減らす方法と同様に、削減できる支出金額は限定されるかもしれませんね。

リボ払いなど分割支払いを利用する

クレジットカードを持っているのであれば、リボ払いや分割払いを利用するのもおすすめです。ただし、この方法は利子が高く付くだけでなく、根本的な支出の削減はできないため、その効果には限界があるといわざるを得ません。

「収入が足らない」という場合の3つの対策

特に、既に仕事をしているにもかかわらず収入が足りないという方の場合、実践できる対策は限られています。しかしながら、以下の3つの対策を実践すれば、現状を打破できるかもしれません。

アルバイトや副業などで収入を増やす

アルバイトや副業をすれば、さらに収入を増やせるかもしれません。特にこれらの方法は短時間で行うこともできるため、本業と並行して収入を得ることができるという点でも大きなメリットがあります。

アルバイトの場合は短時間勤務が可能であるだけでなく、早朝や夜遅くにできるものを中心に探せば、本業と並行して行うこともできるでしょう。また、休日に日払いのアルバイトをするというのもおすすめです。

一方で副業の中には在宅でできるものや、空いた時間にできるものなど多種多様に存在するため、自分の生活スタイルに合わせやすいという点で大きなメリットがあります。

生活保護や公的貸付などを利用する

条件は限定されますが、生活扶助などの生活保護や、傷病手当金、失業保険金などの給付を受けるのも有効な対策のひとつです。

特に子どもがいる家庭で受けられる給付金の種類が多く、特に生活が厳しい場合は、各給付金の申請窓口で相談をしてみるのもおすすめです。

また、求職者支援制度などの公的貸付を利用するという方法もあります。ただし、この方法の場合手続きに手間がかかったり、貸付までにある程度の日数がかかったりするというデメリットもあります。

知人や親戚などからお金を借りる

どうしてもお金が足りない場合は、知人や親戚にお金を借りるという方法もあります。ただし、この対策は一時的なものであるだけでなく、十分な信頼関係を築いている必要もあることから、その効果は限定的といわざるを得ません。

「お金を借りるアテがない!」という場合は消費者金融を検討すべき

上述のとおり知人や親戚にお金を借りるためには、十分な信頼関係を築いている必要がある上に、その効果は一時的であるため、決して効率のよい対策ではありません。

また、中にはお金を借りる相談ができないという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方は、消費者金融を利用することを検討してみみてはいかがでしょうか?

大手の消費者金融のキャッシングのプロミスアイフルであれば、最短即日での借入も可能ですので、今生活するのに足りていない分を払うために利用も検討できるかもしれません。

カードローンとキャッシング

消費者金融を利用してお金を借りる際には、「カードローン」と「キャッシング」の違いを覚えておく必要があります。

このうちカードローンは、一般的な消費者金融が行っている貸付のことを指し、利用に際して発行されるカードは、貸付のみを目的とします。

一方でキャッシングはクレジットカードなどにもその機能が付加されており、その機能が付加されたクレジットカードを持っていれば新たに審査を受けることなく、限度額の範囲内で貸し付けを受けることが可能です。

そのため消費者金融での貸付は、カードローンであると認識するのがよいでしょう。

利用の際に注意すべきこと

カードローンを利用するにあたって最も注意しなければならないのが、限度を把握するという点です。

特に昨今では、簡単に貸付を受けられることを長所とする消費者金融は多く、一度貸付を受けると、その利便性の高さから何度も借りようとする方も多く、気がついたら返済ができなくなってしまっていたというケースもあるようです。

そのため、いくらまでなら返済が可能であるかという点は自ら判断できなければなりません。

また、貸付に際しては審査を受けなければならず、融資希望額などによっては融資までに時間がかかったり、融資を拒否されてしまったりなど、希望通りに進まない場合もあります。

そのため、端から融資をアテにしないようにしましょう。

まとめ

ここではお金がないため生活ができないという方向けに有効な対策として、収入と支出の状況を把握し、その原因を明確にすると同時に、有効な対策として以下のものをご紹介しました。

  • 支出が多すぎる場合の対策
    1. ムダな支出を減らす
    2. 買い物に優先順位を付ける
    3. リボ払いや分割払いを利用する
  • 収入が少ない場合の対策
    1. アルバイトや副業をする
    2. 生活保護や公的貸付を利用する
    3. 知人や親戚にお金を借りる

お金を手に入れる方法は案外たくさんあります。しかしながら、これらの対策には、程度の差はあるもののデメリットが存在します。そのため、特にできるだけ早く現金が必要である場合などは、最短で即日で借りられる消費者金融のキャッシングを利用するのがよいでしょう。

カードローン


じぶん銀行カードローン
楽天銀行のカードローンバナー
  • auユーザーなら最大0.5%金利優遇
  • 2019年オリコン顧客満足度調査で銀行カードローン部門総合1位
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能