20万借りたいけどカードローンってどう?選び方をわかりやすく解説

20万円 借りたい アイキャッチ画像

今すぐ20万円を借りたい時は、どうしたらいいのでしょうか。

20万円というのは、すぐに用意するには難しい金額です。

借りるなら銀行か、あるいは消費者金融でしょうか。しかし、借りる方法も違いもよく分からないですよね。

そこで、本記事では、20万円を自分で稼いだり捻出する方法銀行か消費者金融から借りる方法を比較しながらご紹介します。

すぐに20万円を借りたい場合は親や友人に借りるか、カードローンで一時的に借りる方法が一般的でしょう。

一時的に20万円を借りる場合は、審査時間が最短30分とスムーズで、初めての人は無利息期間もある業界大手のアコムがおすすめです。

アコム
  • 審査は最短30分
  • Web明細に設定可能
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

20万円借りたいときの3つの対処法

貯金や手持ちのお金がない状態で20万円が必要となると、用立ての方法はそれほど多くはありません。それでも、有力な方法を3つほどピックアップしました。

20万円 借りたい 画像

家族や友達に相談してみる

お金が必要という時に、頼りになるのは身内と友人です。順番としてまずは友人に相談することから始めましょう。

場合によっては友人にお金を借りるという方法もあるのですが、20万円というのは友人間で貸し借りするにはかなりの大金です。もし、借りることで話がついたら借用書などの書類はしっかりつくるようにしましょう。

身内の場合も同様です。親しき仲にも礼儀ありで借用書をしっかりつくって返済していくのがマナーです。身内や友人の場合はどうしても甘えが出てしまいがちですが、マナーをまもって返済していきましょう。

給与やボーナスの前借りができないか相談してみる

条件を満たせば会社に前借りを請求することができます。(労働基準法第25条)

  • ※非常時:出産、病気、災害、結婚、脂肪、やむを得ない事情による1週間以上の帰郷
  • ※すでに働いた分の賃金のみ請求可能
  • ※養われている家族も対象

カードローンを検討してみる

家族や友人、さらには会社から借りるのもいいのですが、銀行や消費者金融から借りるのもひとつの方法です。

友人や家族、会社に相談すると、お金がない、お金に困っているということがわかってしまいます。その点、銀行や消費者金融のカードローンでしたら、人に知られることがありません。

緊急で20万円必要で誰にも迷惑をかけたくない人はカードローンを検討してみるといいでしょう。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能
楽天銀行のカードローン
  • スマホでカードローン申込が完了!
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • 入会で楽天スーパーポイント1000ポイントプレゼント

20万円を借りられるカードローンの種類

カードローンは銀行と消費者金融が提供しています。ここではそれぞれのカードローンを紹介し、それぞれの限度額や金利などを比較していきます。

銀行が提供するカードローン

主な銀行はカードローンを金融商品として取り扱っています。以前メガバンクのカードローンはスピード融資を盛んに宣伝していましたが、現在はスピード融資、即日融資ができなくなりました。

というのも、申込者の個人情報を警察庁のデータベースに照会する審査方法が付け加えられたからです。不正融資対策なのですが、これによって警察庁から照会情報を得るのが即日は難しくなり、即日融資ができなくなりました。

それでも、金利の低さと利用限度額の高さといったメリットがあるため、幅広い人たちに受け入れられています。

消費者金融が提供するカードローン

最短即日発行、無利息キャンペーン、多様な申込方法といった特徴をもっているのが消費者金融のカードローンです。

  • WEBでの申し込み(最短即日)
  • 電話での申し込み
  • 自動契約機での申し込み(最短即日)

すぐにお金が欲しい場合、金利の高さよりも最短即日融資可能な消費者金融のカードローンが有利です。

大手カードローンの限度額と金利比較

銀行や消費者金融で20万円を借り入れする場合、銀行のカードローンの方が、利用限度額、金利の面でメリットは高いでしょう。

返済期間を短くすると、金利の高さを消費者金融のカードローンもカバーできるのですが、返済の基本は無理のない金額です。それぞれのメリット、デメリットを知った上で利用しましょう。次にカードローンのメリットを紹介します。

20万円をカードローンで借りるメリット

20万円をカードローンで借りるメリット

ここでは、消費者金融でお金を借りるときのメリットを紹介します。

最短で今日中に借り入れ可能なものもある

消費者金融のカードローンの申し込み方法は多彩です。

  • WEBでの申し込み(最短即日)
  • 電話での申し込み
  • 自動契約機での申し込み(最短即日)

以上の3つの申し込み方法があります。自分に合った方法で申し込みをしましょう。このなかで、電話での申し込み以外は、即日の借り入れが可能です。

24時間365日申し込める

時間に縛られずにすぐにお金を借り入れできる方法があります。それが自動契約機です。無人契約機とも呼ばれているのですが、各地に設置してあります。

24時間365日申し込み可能で、夜は22時くらいまではオペレータが対応してくれるので、審査に通ればローンカードが発行され、コンビニATMで出金することができます。

まとまって20万円を用意できる

審査通過後に伝えられる借入限度額によって20万円を一時的に借りることができるようになります。

50万円以上借金希望であれば、収入証明書の提出が必要なので覚えておきましょう。

30日間無利息のサービスもある

消費者金融のカードローンの場合、初回に限るのですが、30日間無利息のサービスがあります。20万円借りたら30日間は利息がつきません

これを有効に活用すれば、金利は関係なく、うまくいけば元金のみの返済で済みます。

20万円借りるカードローンの選び方

では、具体的にどのカードローンが良いのでしょうか?次に紹介します。

20万円を借り入れしたい場合に検討すべきカードローン

20万円を借りたいときに検討すべきカードローンを、「消費者金融」「銀行」に大きく分けて紹介します。

20万円を消費者金融で借りた場合のメリット

20万円を消費者金融で借りた場合のメリット

20万円を借りて30日以内で返済できるのであれば、消費者金融の無利息サービスを利用する方がよいでしょう。多くの消費者金融で、初めての契約から最大30日間無利息で利用できるサービスがあります。

返済利息の差を見ると銀行よりも高くは見えますが、無利息サービスを利用できれば逆に消費者金融のほうが元金のみの返済となるため、おすすめです。

また、消費者金融の多くが、申込の時間帯次第ではその日のうちに借りられることもメリットです。特に急いでいるときは、消費者金融以外考えにくいでしょう。

20万円を銀行のカードローンで借りた場合のメリット

一方で、銀行カードローンは、即日で借りられるところは存在しません。少なくとも2〜3営業日はかかります。

メリットは、消費者金融と比べ限度額の上限が高く、金利の上限が低いケースが多いことです

借り入れまでの早さを重視しないようでしたら銀行のカードローンをおすすめします。

使途によっては目的ローンが最適な場合も

20万円の使途がはっきりしている場合は、目的ローンを利用したらいいでしょう。ただし目的ローンも限られているので、目的をはっきりと銀行に申告しなければいけません。

まとめ

20万円という金額は、工面するのがなかなか難しい金額です。

借り入れにおいて社会的な信用が低いと言われるパートアルバイトの人でも、カードローンは借り入れできる可能性があります。もっとも、20万円といえども、返済はすぐに始まります。延滞無くしっかりと返済していきましょう。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能