100万円借りたいけど、金利が心配。安心な借入先ってある?

100万円を借りたいと思ったらどうしたらいいでしょうか。100万円と一言でいっていますが、かなりの大金です。手持ち資金がなく、ゼロから100万円を用立てしようとしたら、自分で作る方法と、お金を借りる方法があります。

しかし、100万円を稼ぐのはかなり大変です。手っ取り早く用立てする方法もありますが、かなりのリスクとなります。それなら、返済の義務はありますが、100万円を借りたほうが手っ取り早いです。

100万円を用立てしたい場合、考えたいのはその方法です。

  • お金を自ら作る
  • お金を借りる

以上の2つしかありません。自ら作る場合は借金ではないので、返済する必要もありません。借金よりも一番考えたい方法です。

しかし、100万円を作るというのは並大抵ではありません。それがFX取引や株式投資で用立てしようと思ったら、かなりのハイリスクなのです。

不動産があればそれを売却してお金にしたほうがいいでしょう。しかし、不動産は一度売ったら戻ってきません。

そして、考えたいのが銀行や消費者金融会社からお金を借りる方法です。これでしたら、すぐにでもお金を借りることができますし、もっともスピーディにお金の問題を解決する方法です。

しかし、返済しなければいけないという問題が残っているのです。

借りる以外に100万円を用立てることは難しい…

借りる以外で100万円を用立てするのは難しいです。月収30万円を超える人が、3カ月汗水垂らして働いて得る報酬ですから、難しいのは当然です。

それでも、100万円を用立てする方法として、投資と不動産売却について考えます。そして、用立てするよりも、カードローンを検討したほうがいいようです。

100万円を投資で稼ぐのが難しい理由

株式投資をして大金を稼ぐという話をよく耳にします。また、そのような書籍なども良く売れています。しかし、株式投資で稼ぐにはかなりの経験が必要です。

すぐにお金が必要だから100万円を投資で稼ごう…ということには残念ながらなりません。

もっとも、手持ち資金にもよります。50万円の手持ち資金あるいは20万円の手持ち資金でしたら、50万円を100万円にするほうが簡単です。

手持ち資金がゼロでしたら何も動きませんから、仮に20万円の手持ち資金を投資して、それを100万円にする場合です。

できるだけ底値で株を買って値上がりを待つのが常套手段です。

ただし、株価が上がるか下がるかはそれぞれです。上がるまでずっと待っている、いわゆる塩漬け状態にしてしまうと、実質の負けはありません。

しかし、100万円を手にすることもないでしょう。結局、投資というのはギャンブルに近く、未経験の人ほどその色合いが強くなります。

相場観があり、投資取引に慣れている人でプラスマイナスゼロの世界ですから、急にお金が欲しくなって、投資をやってみようという人が稼げるほど甘くはないのです。

資産を売却して100万円を用意するデメリット

不動産を売却するのでしたら、100万円以上のお金を獲得することができますが、住むところがなくなってしまいます。

100万円を獲得しようと思えば、車などが100万円前後で売却できたらもっとも都合がいいといえます。しかし、車などの財産を売却しようとしても買い手がいなければ、現金を手にすることができません。

車の他に100万円程度になりそうな、資産があってもその買い手がいなければ意味がないのです。

そして、買い手が見つかった場合でも、仲介業者に仲介手数料を支払わなければいけません。さらに譲渡所得税や自宅の場合は引っ越し費用などが発生します。

つまり予想以上にお金がかかってしまうということです。

仮に100万円の物件が売れたとしても、手数料や譲渡所得税などで20万円あるいは30万円程度差し引かれるでしょう。

不動産の売却では必要な100万円を目指すのは出なく、150万円程度を目指さなければ手元に100万円が残らないのです。

このように資産を売却する場合は、買い手がいなくてはいけないこと、そして思った以上に費用がかかるということです。

資産でも車の売却がもっとも手堅いかもしれませんが、その後の生活に支障を来すことは間違いありません。

カードローンを検討しよう

すぐにお金を用立てしたい場合の最適な方法がカードローンです。融資の申し込みをして審査に通れば、すぐにでも現金を手にすることができます。一方で借りたお金は返さなくてはいけません。

100万円というお金は大金です。どうやって返済するのか借りる前からしっかりとした返済計画を立てる必要があります。

100万円をカードローンで借りるメリット

100万円を借りたい場合は、カードローンがいいでしょう。カードローンは銀行と消費者金融会社のいずれも取り扱っています。

金利面を考えると銀行カードローンのほうが有利です。しかし、金利以外では、消費者金融会社のカードローンのほうがさまざまな面で勝っています。

ここでは消費者金融会社のカードローンについてご紹介します。

最短で今日中に借り入れ可能なものもある

消費者金融会社のカードローンのメリットはスピード融資です。タイミングによっては申し込んだその日の間に借り入れが可能です。

カードローンの申し込み方法は以下となります。

  • WEBでの申し込み
  • 電話での申し込み
  • 自動契約機での申し込み
  • 店舗での申し込み 以上の4つです。それぞれの人が自分に合った申し込みができます。

この4つの申し込み方法のなかで、電話での申し込み以外は、即日の借り入れが可能です。

24時間365日申し込める

WEBでの申し込みや、自動契約機での申し込みの場合は24時間365日申し込むことができます。

特に自動契約機の場合は、主要都市の各地に無人契約機が設置されています。夜の22時くらいまでは、オペレータとの対面形式で融資の申し込みが可能で、その場で審査が始まります。

ですから、夜遅くの場合でも22時くらいまででしたら、すぐに借り入れができます。

この場合、ローンカードが自動契約機から発行されるので、それを持ってコンビニATMで出金することができます。

まとまって50万円を用意できる

50万円が欲しい場合年収が200万円程度は必要です。

これが100万円が欲しい人が借りるには年収が300万円必要となってしまうのです。これは、総量規制の問題があり、年収の3分の1までしか消費者金融会社から借りることができないというものです。

また、100万円を借りる場合は、収入証明書の提出が必要など、審査も厳しくなります。まずは100万円よりも50万円用意することを考えたほうがいいかもしれませ。

30日間無利息のサービスもある。

消費者金融会社のカードローンは30日間無利息というサービスをおこなっています。

これは、30日以内の返済でしたら、初回に限り無利息となるものです。30日でしたら、その間に給料日もありますから、無利息で返済するには便利です。

もっとも100万円の場合は給料では無理の場合が多いでしょうから、30日の間にお金が用意できるのでしたら、もっともお得な方法といえます。

カードローンもいろいろ!最適なカードローンの選び方をご紹介

カードローンは銀行と消費者金融会社が取り扱っていますが、銀行のほうが総じて借入限度額が高く、金利も消費者金融会社よりも比較的低くなっていることが多いです。

ここでは、銀行と消費者金融会社のカードローンを比較してみます。

100万円を借り入れしたい場合は、借入限度額の高い銀行カードローンが最適

100万円の借り入れでしたら、総量規制のない銀行カードローンがいいでしょう。

年収の3分の1という規制がないので、年収の低い人でも100万円の借り入れができるでしょう。総じて、銀行カードローンは借入限度額が高く、100万円借り入れしたい場合に向いています。

銀行カードローンと消費者金融の利用限度額と金利を比較

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの利用限度額と金利を比較してみます。

  • 住信SBIネット銀行
    • 利用限度額:1,200万円
    • 金利:0.99%~14.79%
  • みずほ銀行
    • 利用限度額:800万円
    • 金利:2.0%~14.0%
  • アコム
    • 利用限度額:500万円
    • 金利:4.7%~18.0%

代表的な銀行と消費者金融会社の利用限度額と金利です。

数多くの銀行と大手消費者金融会社がカードローンを取り扱っていますが、利用限度額は銀行のほうが高い傾向にあり、消費者金融会社では、アコムなど500万円が相場となっています。

金利も銀行のほうが低く、それにともなって返済利息も少なくなるメリットがあります。

最適なカードローンとしては、借入まで時間がかかりますが、銀行カードローンのほうがいいかもありません。

ただし、カードローンの審査は近年、銀行も消費者金融会社も厳しくなっているので、属性の低い人は融資を受けることができないかもしれません。

100万円の使途によっては目的ローンが最適な場合も

100万円というまとまったお金が必要な場合は、用途もはっきりしている場合が多いです。それが事業向けの借り入れでしたら、事業者向けローン(ビジネスローン)から借りたほうが金利も低くて便利です。

この場合、事業計画書などの提出が求められることが多く、それについて審査を受けることになります。

車の購入でしたら、カードローンよりもマイカーローンを用意している金融機関のほうがいいでしょう。

属性に不安がり、100万円の融資を受けることができないといった人は、不動産があれば不動産担保ローンに申し込めば、審査に通りやすくなります。

このように、目的ローンを利用したほうが、100万円の用立ては驚くほど容易になるのです。

まとめ

100万円というまとまったお金を用意する場合、気をつけたほうがいいのはリスクの問題です。お金が欲しいのに逆にマイナスになるような投資取引での調達を考えるのは止めた方がいいです。

手持ち資金がなければ、素直に銀行か消費者金融会社のカードローンを利用するようにしましょう。

その際は、確実に返済できるといった返済計画をきっちり考えておくことが大切です。無計画に借りてしまって、返済ができなくなったらさらに借金を増やすことのないように気をつけましょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。