みずほ銀行カードローンは学生でも借り入れOK!申し込み方法を解説

みずほ銀行カードローンでは、学生用のローンはありません。これは、学生には貸さないということではなく、学生かどうかは不問ということです。

ですから、融資条件に沿えば学生でも、みずほ銀行カードローンの借り入れができるということです。

もちろん、他の仕事を持つ社会人と同じ審査基準になりますから、状況によっては審査に落ちることもあるでしょう。

基本的なことですが、収入があることが最低条件となるのは言うまでもありません。

みずほ銀行カードローンは学生を排除していません。融資条件に合致すれば学生でもみずほ銀行カードローンに融資の申し込みをすることができます

みずほ銀行カードローンの融資条件は以下の2つです。

  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

以上の2つです。

年齢は大丈夫なのですが、安定した収入がどこまで判断されるかということです。

学生でしたら、アルバイト収入がせいぜいですから、それが、年収でどのくらい、直近数カ月の収入はどうだったのかが大切になります。

ですから、少しでも多く収入があること、そしてその収入に継続性があることが臨まれるのです。また、みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行のキャッシュカードでも入出金ができるようになっています。

みずほ銀行カードローンに融資の申し込みをするときは、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていれば便利です。

みずほ銀行カードローンは学生でも利用できる

みずほ銀行カードローンは学生でも利用できます。以下に申込条件や借入限度額、他社借り入れがある場合について説明します。

  • みずほ銀行カードローンの申込条件 みずほ銀行カードローンの申込条件は学生でも何ら関係なく他の人と同じです。
  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること 以上のふたつです。

学生の場合はアルバイトでの収入となりますから、アルバイトの内容がどこまで安定した収入を判断されるのかが、みずほ銀行カードローンの審査に通るポイントとなります。

年間収入(バイト代)の1/3が借入金額の上限

銀行からの借り入れは総量規制対象外ですから年収に関係なく借り入れができていました。

しかし、2017年度にそれまでずっと減少傾向にあった自己破産者の増加が重要視され、従来消費者金融会社にしか課されていなかった総量規制が、銀行も自主規制として総量規制を導入するようになったのです。

あくまで自主規制ですから、ケースバイケースにもなるのですが、アルバイトの場合は、総量規制が適用されています。

学生も例外ではありませんから、アルバイト収入の3分の1が借入金額の上限となるのです。

他の金融機関から借り入れしているかどうか

銀行の場合他社からの借り入れがないかをとても重視しています。それが返済能力に如実に表れるからです。

また、総量規制が適用され、他社借り入れが多く、年収の3分の1を超えているようでしたら、審査に通ることはありません。

審査に問題がない場合でも、年収の3分の1を上限として、他社借り入れの債務から差し引きした金額が融資されることとなります。借り入れのトータルが年収の3分の1を超えることはないということです。

みずほ銀行カードローンの申し込み時の審査は学生に厳しい?

学生といえども一般の人と同じような審査が行われます。一般的にみずほ銀行カードローンの審査が学生には厳しいとされているのは、学生側の信用情報や返済能力に問題がある場合が多いのです。

信用情報

みずほ銀行カードローンの申し込みフォーム(申し込み書)に記載した内容から信用情報についての審査が始まります。

扶養されていることが多いですから、扶養している人の名前や勤務情報、そして申込者の情報、さらには他社借り入れの状況などです。

学生の場合重視される信用情報が以下になります。

  • アルバイト情報
  • 他社借り入れ
  • 虚偽の申告

以上の3つです。

アルバイトについては、できるだけ勤続年数が長いほうが有利です。年収でわからなければ、直近の数ヶ月分の給与明細の提出を求められる場合もあります。

他社借り入れがあると、お金に困っているといった印象となってしまい、審査には不利になります。

また、審査に通りやすいようにと、アルバイトの勤続年数を水増ししたり、他社借り入れがあるのにゼロとしたりしても、信用情報機関への照会などでわかります。

そのため、申し込み書に記入する項目が多いのは、少しでも情報をもらって融資をしやすくするためのものです。

それについて、虚偽の申告や適当な入力をしてしまうのでは、審査に通ることはできません。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は学生でも避けられない

働いて収入を得ていることが融資の条件ですから、それを確認するための、在籍確認は必ず行われます。

電話によるものが多いので、電話口に出ることができれば、いいのですが、それ以外でも在籍が確認できれば大丈夫です。反対に在籍が確認できなければ、審査に通ることはできません。

利用限度額が50万円を超える場合はバイトの収入証明が必要

基本的には借り入れの希望金額が30万円程度でしたら、収入証明書は必要ありません。

しかし、希望額が50万円を超えるようでしたら、アルバイトの収入証明書の提出を求められます。

みずほ銀行の口座を持っていれば本人確認はなし

申し込みに際して、本人確認書類の提出が必要になりますが、みずほ銀行の口座を持っていれば本人確認書類の提出は必要ありません。(場合によっては提出を求められる場合があります。)

みずほ銀行カードローンはキャッシュカードで利用できる

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行のキャッシュカードでも利用できます。ここでは、みずほ銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れと返済方法、さらには注意点などを説明します。

みずほ銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れ

みずほ銀行カードローンの申し込みには以下の方法があります。

  • インターネット
  • 郵送
  • 電話
  • 銀行窓口 以上ですが、電話での申し込みも結果的には申し込み書を郵送してもらう形になります。

学生の場合でしたら、インターネットを利用しての申し込みが多いでしょう。みずほ銀行の公式サイトからカードローンの申し込みページに行きます。

この場合、みずほ銀行キャッシュカードを持っているかいないかで申し込みボタンが分かれています。

これは、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていて、それをローンカードと兼用したい場合は、持っているほうで申し込みを行います。

キャッシュカードを持っていても専用のローンカードを持ちたいときは、キャッシュカードを持っていない申し込みボタンを押しましょう。

申し込みフォームには、申込者の情報を入力します。主なものは以下です。

  • 個人情報(住所、氏名、電話番号、大学名など)
  • アルバイト情報
  • 他社借り入れ情報

以上です。虚偽のないように正確に記入しましょう。

次に、本人確認書類を送信します。運転免許証あるいはパスポート、いずれも無い場合は保険証でも大丈夫です。

以降は、これまでの内容によって審査が始まります。電話によるアルバイト先への在籍確認も行われ、場合によっては収入を証明する書類の提出を求められます。

  • 返済方法 みずほ銀行カードローンの返済方法は以下のふたつです。
  • 銀行引き落とし
  • 任意返済

銀行引き落とし日は10日となります。また、任意返済は、ローンカードあるいはキャッシュカードを使ってATMにより返済します。

任意返済は、手持ち資金に余裕のあるときに行うもので、これとは別に月々の銀行引き落としによる返済は行われるので注意しましょう。

借り入れる前に注意すべきこと

他社借り入れがある場合は、総量規制によって、借り入れができない場合があります。そのため、他社借り入れをできるだけ完済してから、みずほ銀行カードローンに申し込むようにしましょう。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていたほうが、何かと便利ですし、ローンカードが人目について困ることもあるので、できるだけ、事前にみずほ銀行の口座開設をしてキャッシュカードを持っておいたほうがいいでしょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンは学生でも申し込むことができます。ただしみずほ銀行カードローンの審査に通るかどうかは別問題です。

総じて銀行カードローンの審査は厳しく、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてお金を借りることができなければ、消費者金融会社のカードローンに申し込む人もいます。

できるだけ信用力をあげて、審査に通るためにはアルバイトをしっかりすること、さらに他社借り入れがある場合は、それもしっかり完済することが大切です

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。