楽天銀行のカードローンは土日でも審査してくれる?営業時間を徹底紹介

「楽天銀行のカードローンは土日に契約ができるのかな…?」「土日にお金を使いたい!」

と、急ぎでお金を用意したい方にとっては土日に審査が完了し、借り入れることができるかどうかは気になることでしょう。楽天銀行のカードローンの土日の審査についてご紹介します。

楽天銀行のカードローンの土日の審査は以下のようになっており、実質的に契約ができるのは土日や祝日が明けた平日からとなってしまいます。

  • 仮受付での申し込みは可能
  • 本審査は対応していない とはいえ、申込者が楽天銀行の口座を持っていれば、次のメリットがあります。
  • 情報入力の手間が減る
  • 早めに振込をしてもらうことは可能

楽天銀行のカードローンの審査は土日でも受け付けている

楽天銀行のカードローンに申し込みする場合、土日にも審査をしているかどうかは気になる部分でしょう。仮審査と本審査でそれぞれ審査しているかどうかが異なります。

仮審査は24時間365日受け付けている

楽天銀行のカードローンはインターネットからの申し込みなので、毎日24時間申し込み自体は受け付けています。

申し込みを受け付けるとまずは仮審査となり、土日でも仮審査の段階は進行するので、忙しい人でも申し込みが可能です。

しかしその後にある本審査は、土日は受け付けておらず、在籍確認や本人への連絡は週明けとなってしまいます。

そのため、以下の曜日に受け付けられて仮審査に通った場合でも、借り入れができるようになるのは翌営業日以降からです。

  • 金曜日(状況により)
  • 土曜日
  • 日曜や祝日

また翌営業日というのはあくまで一例です。

連休明けで申し込みが多く入っていて審査に時間がかかってしまうと、平日に依頼をしても本審査の完了まで数日かかってしまうこともあります。

実際に申し込みをしてから数日かかるので、緊急に借り入れしたいという場合には難しいです。

これは楽天銀行に限らず、一般的に銀行系カードローンで共通している部分となります。

楽天銀行の口座がある場合の申し込み後の流れ

楽天銀行のカードローンを申し込みから審査まで、楽天銀行に口座をもっている場合は入力内容が少なくて済みます

楽天銀行のカードローン公式サイトから仮審査申し込み

既に楽天銀行の口座をもっている方は、楽天銀行のログイン画面から手続きをすることが可能です。

またログインをしていない状態でも楽天のカードローンのサイトから入ることで、楽天銀行のログイン画面にうつります。

楽天銀行に口座をもっていれば情報入力の部分は既に入力されている状態のため、あとは内容を確認するだけなので、楽天銀行の口座をもっていない方より少し簡単になります。

入力自体は変わっている部分がなければそのまま確認を押して進んでいきます。もしも変更となっている情報があれば必ず修正をするようにしましょう。

とくに勤務先情報を入力していないケースは多いので、入力漏れがないように気を付けなければいけません。

個人情報の入力のあとにこれらの情報を新たに入力することとなり、カードローン申し込みに関しての新規情報入力も完了すれば仮審査の受け付けは完了となります。

  • 希望の限度額の金額
  • 他に借り入れしているローンの有無
  • カードローンの暗証番号
  • 利用目的

ここまでの作業で、大体10分もかからずに終えることができます。

口座があれば本人確認や収入確認が不要なケースも

楽天銀行に口座をもっている方であれば、本来必要な本人確認や収入確認が不要なケースもあるようです。

しかし基本的に本人確認は必須の作業になりますので、楽天銀行の口座をもっていてもこれらは不要となる可能性がある、という程度に考えておきましょう。

  • 職場への在籍確認
  • 本人確認書類の提出
  • 収入証明の提出

また楽天銀行に口座をもっている場合、審査の有利不利については不明ですが、早めに指定口座へ入金があるケースもあります。

楽天銀行のカードローンではこれら2種類の方法があります。

  • カードを使ってATMで借り入れする
  • ネットキャッシングで指定口座に振込してもらう

このネットキャッシングに関しては楽天銀行の口座以外だと下記の振込タイミングとなります。

平日の場合

  • 0:10~14:45に手続き→当日中9:00~15:00ごろに振込
  • 14:45~23:50に手続き→翌金融機関翌営業日9:00~15:00ごろに振込

金融機関が休みの場合

  • 0:10~23:50に手続き→翌金融機関翌営業日9:00~15:00ごろ

しかし、楽天銀行に口座があればネットキャッシングの手続きをしてからメンテナンスなどの時間をのぞき、即時に楽天銀行の口座に振込されるのです。

その後コンビニのATMなどですぐに引き出すことができるので、他の銀行口座を指定するよりも早めにお金を手にすることが可能となります。

楽天銀行の口座がない場合の申し込み後の流れ

楽天銀行の口座をもっていない方でも、楽天銀行のカードローン楽天銀行カードローンの申し込みは可能です。

公式サイトから仮審査申し込み

楽天銀行のカードローンの受け付けサイトから入力を進める形になります。 サイトではこれら2種類の選択肢が出てきますので、口座がないほうを選んで進んでいきましょう。

  • 楽天銀行の口座をもっている方
  • 楽天銀行の口座がない方

個人情報をすべて入力する必要があるので、楽天銀行の口座がある方よりも少し入力に時間がかかります。それでも約15分程度で入力は完了するでしょう。

入力内容としてはこれらの情報となります。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅住所
  • 賃貸か持ち家か
  • 住宅ローンはあるか
  • 居住年数

その後は口座をもっている方と同様で以下を入力することになります。

  • 勤め先情報
  • カードローンの暗証番号
  • 希望の限度額
  • 利用目的
  • 他のローン使用有無

職場への在籍確認

この仮審査に通ってから、入力した職場への電話番号へ在籍確認の連絡があります。

楽天銀行のカードローンだけではなく、その他のカードローン会社でも在籍確認は基本的におこなっている作業となります。

電話口では担当者個人名で名乗り、在籍確認の電話であることを告げられ、その後自分の携帯電話宛に本人確認の連絡があります。

ここまで完了すればあとは確認書類を送付するだけになります。郵送ではなく、スマートフォンのアプリから画像をアップロードすることも可能です。

必要な書類と手続き

必要な書類は2点です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人の確認書類として必要なものは以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(日本国内発行)
  • 顔写真付住民基本台帳
  • 顔写真付個人番号カード

どの書類でも名前と生年月日と申し込みをした住所が確認できる欄を提出します。

郵送であればコピーをとって送付し、アプリであればスマートフォンのカメラで撮影してアップロードします。

書面の注意としてこれらの点があります。

  • 住民基本台帳や個人番号カードは顔写真が付いている必要がある
  • 運転免許証で住所を変更している場合には裏面も必要になる

もしも記載されている住所が申し込みの住所と異なる場合には確認できない状態となってしまいますので、申し込み住所を確認できるものに変更しなければいけません。

申し込み住所の確認ができる証明書がない場合には、審査に通らない可能性もありますが、まずは楽天銀行のカードローンに連絡して他に対応できる方法がないか相談をしてみましょう。

収入証明は以下のどれかひとつのコピーで大丈夫で、自営業であれば確定申告書でも対応できます。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書

本人確認書類と同様で郵送で送るか、スマートフォンのアプリで書類の画像をアップロードすることになります。

また内容の確認が難しい部分があった場合、このあとに再度自分の携帯電話へ連絡がいくこともあります。

まとめ

楽天銀行のカードローンをはじめ、土日の審査は銀行系カードローンでは対応していないのが一般的です。

審査自体を土日に完了してもらうことはできませんが、楽天銀行の口座をもっている方で、できるだけ早く借り入れをしたいのであれば以下の手順が一番早い方法となります。

  1. 振込先口座を楽天銀行の口座に指定する
  2. ネットキャッシングで口座振込してもらう