楽天銀行カードローンって職場への在籍確認はなくせるの?

楽天銀行カードローンは在籍確認をするの?

在籍確認の電話はしてほしくない

お金を必要としているけれど在籍確認に抵抗がある方は多いでしょう。

楽天銀行カードローンでも在籍確認があるのかどうか、またそのタイミングやどのような電話になるのかを解説します。

楽天銀行カードローンの在籍確認は審査後のタイミングで基本的に行われ、確認ができないと契約は難しくなってしまいます。

理由としてはこれらがあります。

  • 申し込み内容が間違いないか
  • 嘘であれば断ることが法律で決まっている

しかし以下のような対応であるため、ほかのカードローン会社よりも抵抗は少ないかもしれません。

  • 最初は社名を名乗らない
  • 社名を聞かれたら楽天銀行とだけ名乗る

在籍確認で知られるのは嫌という方でも比較的簡単に対処することが可能です。

楽天銀行のカードローンの在籍確認は必ず行われる?

楽天銀行のカードローンは在籍確認が行われるかどうかは、申し込みする前に気になってしまう点です。しかし、基本的には在籍確認は行われると考えておくべきです。

楽天銀行のカードローンの申し込みで在籍確認される理由

在籍確認とは申し込みした情報に間違いがないか、勤務先に連絡をすることです。

カードローンの申し込みのときの在籍確認は楽天銀行カードローンに限らず基本的にどの会社でも行われます。

そのため楽天銀行カードローンでも在籍確認はすることになりますが、楽天銀行だから行う、というわけではありません。

その確認や電話の内容は会社によっても異なりますが、楽天銀行カードローンの場合も、カードローンの契約とは借金をすることの申し込みになるため、それを勤務先に知られたくないのは誰もが思うことです。

この在籍確認が嫌で申し込みを検討するという方もいるでしょう。

カードローン会社としても申し込みをやめる理由になるかもしれない在籍確認をなぜ行うのかというと、法律で決められているためです。

在籍確認を必ず行わなければいけない、という法律があるわけではありませんが、申し込みに間違いがないかを確認しなければいけないのです。

楽天銀行のカードローンのような現金の借り入れができるサービスは貸金業法という業種にあたり、下記のことが貸金業法で定められています。

  • 申し込み内容に嘘がないか
  • 嘘があれば、申し込みを拒否しなければいけない

申し込み内容に記載されている勤務先などが嘘ではないかどうかを必ず調べなければいけず、そのひとつとして在籍確認を行う必要があるということです。

法律で定められていることから、カードローンの会社によって在籍確認をしているかどうかが異なることはありません。

楽天銀行のカードローンは在籍確認できないと申し込みは受理されないので注意!

楽天銀行のカードローンも申込内容に嘘がないかどうかを確認しなければいけません

勤務先の在籍確認ができないと「情報が正しいかどうかわからない」と判断されて、契約ができない可能性が非常に高くなってしまいます。

申し込み自体は受付して手続きが進んでいても、在籍確認ができないために受理されず契約成立までいくことができません。

これは学生のアルバイトや主婦のパートでも同様に扱われます。

しかしあくまで勤務している先への在籍確認ですので、職業が専業主婦で勤務先がない場合には在籍確認は行いません。

楽天銀行のカードローンの在籍確認はいつ行われる?

楽天のカードローンに申し込みをした場合、在籍確認はどのタイミングで行われるのでしょうか

楽天銀行のカードローン申し込み後に在籍確認があるタイミング

楽天銀行カードローンの場合、申し込み後の流れは以下のようになっています。

  1. 受付内容を確認し、審査受付
  2. 審査結果をメールで連絡
  3. 勤務先へ在籍確認の連絡、本人への契約確認の連絡
  4. 必要書類の提出

一般的には審査結果のあとに在籍確認となっています。そのため審査がとおったようなメールが届いたからといって、在籍確認をしなくても大丈夫と安心することができません。その後に電話が来ると考えておくようにしましょう。

楽天銀行のカードローンの在籍確認の時間帯は指定できる

勤務形態にもさまざまあるので、自分宛に電話を取り次がれることで、不自然になってしまうケースもあります。

とくにアルバイトで普段電話のやりとりをしない方であれば、なんの電話かと聞かれてしまうことになるかもしれません。

自分が電話をとって話すことができれば、勤務先の人が疑問に思うことはないので、在籍確認の電話はできるだけ自分が電話をとるようにしたいなどの希望がある方もいるでしょう。

その場合には楽天銀行にあらかじめ伝えることで対応してもらえるケースもあります。

方法としては申し込みをしたあとに楽天銀行カードローンのカードセンターに連絡をし、在籍確認の時間などを相談することになります。

審査が進んでしまうと在籍確認が始まってしまうこともあるので、申し込み後に早めに連絡をしておくのがよいです。

楽天銀行のカードローンの在籍確認はあやしまれる?

楽天銀行を名乗ってくれるので周囲に気づかれにくい

仕事場に「楽天銀行カードローンです」と電話が来てしまったら、借金の申し込みをしていることが知られてしまいますが、その点は考慮されています。 在籍確認の電話は

  • 非通知で発信番号は不明
  • 最初は社名を名乗らず担当者名のみ名乗る

というように定められています。

しかし注意点として、電話をとった人が相手の社名を確認してきた場合には「楽天銀行」という名乗りをするということがあります。

カードローンであることは知られないので、楽天銀行にもともと口座をもっている方であれば何かしらの緊急の相談をしているといったように勤務先の人に話して先手をとっておくことができます。

在籍確認で聞かれること

カードローンの会社は周囲の人に契約や申し込みの話をすることはできませんので、本人がでられないときに申し込みの話をすることはありません

本人がでた場合には

  • 生年月日などから本人であるか確認
  • 楽天銀行カードローンに申し込みをしているが間違いがないか

などのことを聞かれます。またあくまで申し込み情報に嘘がないかを確認することが目的ですので、勤務先に連絡して本人がでなければいけない、というわけではありません。

これはカードローン会社によっても対応が異なることはありますが、一般的には自分以外の人が対応してくれた場合に

  • 今日は休み
  • 今は席を外している

など、その連絡先に申し込み者がいることを把握できるような返答であった場合、それで在籍確認ができたと判断することもあります。

しかし派遣会社や規模の大きい会社であれば個人情報を守るために、勝手に在籍の有無を伝えることができないとしているケースもあります。

その場合には事前に対応する部署に契約の申し込みで楽天銀行から電話がくると伝えておかなければいけません。

楽天銀行のカードローンの在籍確認の電話の対処法

電話がきた場合にこれらを知っておけばある程度対策をとることができる方も多いと思います。

  • カードローンの申し込みであることは知られない
  • 社名は楽天銀行である

嘘をつくことはいけませんが、次のような話をしておけば、借金の連絡であることは一般的には気づかれないでしょう。

  • 楽天銀行に確認してもらっていることがある
  • できるだけ早く連絡をしてほしいので勤務先に連絡するように伝えた

楽天銀行のカードローンの在籍確認自体を避けるのは難しいですが、電話がきてもあやしまれないように準備をすることは可能なのです。

在籍確認が嫌だからと、つながらない電話番号を記載しようと考える方もいるかもしれません。

しかし、それは反対に楽天銀行のカードローンの契約ができなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

以下のことを考えると、楽天銀行は在籍確認の電話がきても抵抗が少ないカードローンといえるでしょう。

  • どのカードローン会社でも基本的に在籍確認がある
  • 社名をいわれても借金を連想することがほとんどない

まとめ

楽天銀行カードローンの在籍確認は申し込みに間違いがないか確認のため、基本的に必ず行います。在籍確認を避けることは難しいですが、以下の点を知っておきましょう。

  • 基本は担当者個人名
  • 社名を聞かれたら楽天銀行と名乗る

他のカードローンよりも楽天銀行というブランド名のため怪しまれにくいのです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。