楽天銀行のカードローンの金利って高いの?シミュレーションしてみよう

「楽天銀行のカードローンの金利ってどのくらい?」「楽天銀行のカードローンの金利は高い?安い?」

など、はじめてカードローンの利用を検討している方にとって、金利は気になる部分でしょう。楽天銀行の金利の計算方法や、金利を引き下げる方法はあるのかなどをご紹介します。

楽天銀行のカードローンの金利は以下のようになっています。

  • 年利は1.9%~14.5%
  • 限度額に応じて変動

リボルビング払いなので毎月の返済は少なくて済むのですが、返済に期間がかかるとそれだけ金利を支払うことになります。

本来返済する金額に加えて追加返済することも可能なので、支出状況により繰り上げて返済をすることが、最終的に払う金利の累計金額を引き下げることにつながるのです。

楽天銀行のカードローンはネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローンの金利はどの程度なのでしょうか。

楽天銀行のカードローンの金利は利用限度額に応じて年1.9%~14.5%

楽天銀行などのカードローンでは、貸したことに対する利益として「金利」がかかります。

これは借りたお金を返すのに加えて支払う必要があるお金で、借りた金額が大きいほど金利も増え、返済額も多くなるということになります。

楽天銀行のカードローンは利用限度額が何円になっているかで金利も変動するタイプで、限度額の設定により年利は増減するというネット銀行ならではのもの。金利変動は下記のとおりです。

  • 100万円未満:14.5%
  • 100万円以上200万円未満:9.6%~14.5%
  • 200万円以上300万円未満:6.9%~14.5%
  • 300万円以上350万円未満:4.9%~12.5%
  • 350万円以上500万円未満:4.9%~8.9%
  • 500万円以上600万未満:4.5%~7.8%
  • 600万円以上800万未満:3.0%~7.8%
  • 800万円:1.9%~4.5%

基本的に限度額が高く設定されているほど金利は低くなります。

楽天銀行のカードローンの利息計算方法

年利とは1年間の利息になるので、14.5%であれば1.45÷365日で1日分の利息を計算することが可能です。

例えば15万円を10日間借りた場合は、150,000円×利率1.45÷年間365×10日=約5,960円となります。

これは1回で15万円を返済した場合なので、リボルビング払いで複数に分けて返済する場合には金額も変動します。

毎月返済金額が少なければ負担も少ないのですが、長い日数借りていることになり、最終的な累計としては、金利が上乗せされ支払う金額も大きくなります。

楽天銀行のカードローンの返済シミュレーションを活用してみよう

リボルビング払いとは毎月一定金額を返済する方法なので、借りている金額や何日を返済日に設定するかで変動します。

具体的に今現在必要としている金額がわかっているのであれば、楽天銀行のカードローン公式サイトにて返済シミュレーションをおこなうことが可能です。

楽天銀行カードローンの公式サイトで

  • 希望の限度額
  • 借りたい希望金額
  • 返済日をいつに設定するか

を選択することで、

  • 最初の返済月
  • 支払い回数
  • 最終的に支払いが終わる月
  • 総合的に支払う金額

を確認することができます。

楽天銀行のカードローンの審査

楽天銀行のカードローンの金利を見て利用したいと考えた場合、どのような準備をしておくべきなのでしょうか。

申込後に審査の上で契約となる

楽天のカードローンの金利がよいと思っても、申込をすれば誰でも借りられるようになるわけではありません。所定の審査のうえ契約となり初めて決められた金利で借りることができます。

審査基準は公開されていませんが、他のローンと同様に信用情報機関の情報を参考にしています。もしも他社などで多額の返済の遅れや返済できていない分があれば、基本的に審査にとおるのは厳しいと考えるべきでしょう。

準備しておくべき書類

申込をするにあたり、下記の2種類の書類が必要です。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

必要な書類が確認できない場合も、審査にとおるのは難しいと考えておくべきです。

書類の送付が面倒に感じる方もいるかもしれませんが、アプリを利用することで自宅にいながらにして簡単に申し込むことができます。

金利は審査の上で決定される

限度額の設定は申し込み時に金額の希望をだすことはできますが、申し込みをした人の状況により審査で最終的に限度額や金利が決定されます。

一般的には高収入であるほど高い希望限度額がとおることになります。

楽天銀行のカードローンの返済方法

楽天のカードローンは、返済方法によっても金利が異なります。

楽天銀行のカードローンは融資残高に応じて返済額が確定

上記でも記載したように、楽天銀行のカードローンの返済方法はリボルビング払いのため、毎月一定額を返済する方法となります。

最初の設定では残高スライドリボルビング返済方式となっており、残高に応じて返済額が決定します。

楽天銀行のカードローンの金利は公式には以下のように記載されています。

  • 10万円以内:毎月2,000円
  • 10万円超〜30万円:毎月5,000円
  • 30万円超〜50万円:毎月10,000円
  • 50万円超〜100万円:毎月15,000円
  • 100万円超〜150万円:毎月20,000円
  • 150万円超〜200万円:毎月30,000円
  • 200万円超〜250万円:毎月35,000円
  • 250万円超〜350万円:毎月40,000円
  • 350万円超〜400万円:毎月45,000円
  • 400万円超〜500万円:毎月50,000円
  • 500万円超〜600万円:毎月60,000円
  • 600万円超〜700万円:毎月80,000円
  • 700万円超〜800万円:毎月100,000円

10万円未満であれば月に2,000円からの返済となっており、毎月の負担は少ないことになります。

しかしその分残高が減らないということになるので、支払う金利の累計金額が多くなってしまうことに注意しなければいけません。

月によって、上記の金額に加えてもう少し返済ができるという月もでてくるでしょう。そのときには追加で返済することが可能です。

追加で返済をするメリットとしては以下の3つがあります。

  • 最終的に支払い完了となる期日が早まる
  • 利息が少なくなる
  • 最終的に支払う総額が減る

コンビニの提携ATMなどから返済することや、専用口座に振り込むことも可能なので、自分にあった返済が可能です。

元利均等返済方式

楽天銀行のカードローンで採用されている残高スライドリボルビング返済方式は「実際に借りた残高」で返済額が決まります。

そこで、元利均等返済方式に変更することで、利用限度額つまり「借りることのできる金額設定」で返済金額が変わります。

楽天銀行のカードローンの借入金額それぞれの返済金額の設定は下記のようになっています。

  • 50万円以内:毎月10,000円以上
  • 50万円超~100万円:毎月20,000円以上
  • 100万円超~150万円:毎月2,5000円以上
  • 150万円超~250万円:毎月3,5000円以上
  • 250万円超~300万円:毎月40,000円以上
  • 300万円超~500万円:毎月50,000円以上

この返済方式は初期設定ではないので、契約できてから変更の手続きをする必要があります。

まとめ

楽天銀行のカードローンの金利にはこれらの特徴があります。

  • 早く返済するほど少なくて済む
  • リボルビング払いなので、毎月の支払いは少ない
  • 余裕のあるときには多く返済可能

毎月の金銭状況によって支払い金額を変動させてできるだけ早く返済をすることで、最終的な金利を減らすことができます。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。