レイクALSAは即日融資が可能!急ぎで知っておくべき申し込みの流れは

「レイクALSAの即日キャッシングを利用したいが、申し込み方法が分からない。」

レイクALSAでは最短で即日でのキャッシングが可能ですが、申し込み方法などによってはその日のうちに借り入れできないこともあります。

そのため、レイクALSAの即日キャッシングを利用するためには、それに適した申し込み方法などを覚えておかなければなりません。

ここでは、その詳細をご紹介しますので、申し込みの際の参考にしてください。レイクALSAでその日のうちにお金を借りるためには以下のポイントを押さえるのが重要です。

  1. 平日14時までに申し込みをする
  2. 在籍確認や書類の提出などの各手続きでかかる時間を把握する
  3. 各手続きにかかる時間を可能な限り短縮する

審査基準としては以下のことが重視されます。

  • 20歳以上70歳以下である
  • 安定した収入がある
  • 他社での借り入れがない、あるは少ない

提出が必要な書類としては以下のものがあります。

レイクALSAの審査時に必要な書類まとめ

本人確認書類と収入証明書それぞれ見ていきましょう。

本人確認書類

運転免許証 パスポート マイナンバーカード 在留者カード 特別永住者証明書 健康保険証(氏名、生年月日、現住所が確認できるもの)

収入証明書

源泉徴収票 住民税決定通知書・納税通知書 確定申告書 所得(課税)証明書 給与明細書(直近3カ月以内のもので連続した2カ月分)

レイクALSAの即日キャッシングに適したネットを利用した借り入れ・出金方法は以下のとおりです。

  1. レイクALSAのサイトからログインし、メニューから「即日振込み」を選択する。
  2. 借り入れ金額などを入力します。
  3. 振り込みを実行する。
  4. ATMなどから出金する。

また、返済方法には以下の2種類があります。

  • 振り込み
  • 口座振替

レイクALSAでその日のうちにお金を借りるポイント

レイクALSAで即日キャッシングを利用するためには、申し込み者自身も手続き時間が短くできる方法を選択しなければなりません。その際には以下のポイントを抑えることが重要となります。

平日14時までのレイクALSA申し込みで即日借り入れ可能

レイクALSAでは申し込みを行えばすぐに契約を締結し、お金を引き出せるようになるわけではなく、その過程には審査や在籍確認などの時間のかかる作業を含みます。

よって、即日キャッシングを利用するためには、申し込み時間に気をつけなければなりません。

レイクでは「ネット申し込み」を利用することで24時間申し込みみ手続きを行うことが可能となっていますが、即日キャッシングを利用するためには14時までに申し込みをしなければなりません。

これは審査や在籍確認にかかる時間を見越した場合、この時間以降の申し込みだと実際にお金を引き出せるのが翌日となってしまうためです。

また、土日祝日の場合、銀行口座への振り込みや在籍確認が平日のように行えないことから、同様に即日キャッシングは困難となります。

以上のことから、即日キャッシングを希望する場合、平日の14時までに申し込むことが必須となります。

ちなみに、当日中に審査をしてもらえた場合、結果は遅くとも19時までに出るため、できるだけ早く申し込むことが重要となります。

レイクALSAの申し込みにかかる時間

レイクALSAで即日キャッシングを目的とした申し込みを行う場合、すべての過程を経て契約を締結するまでにかかる時間をある程度予測し、余裕をもって手続きを行うことが重要となります。

これはレイクALSAが可能としている即日での借り入れは、あくまでも「最短で即日」という意味であり、申し込みの各段階で時間がかかってしまうと翌日以降の借り入れとなってしまうことがあるためです。

そのため、申し込みをする前には特に時間がかかる在籍確認や必要書類の提出にどれくらいの時間がかかるのかを把握しておく必要があります。

手続き時間を短縮するポイント

レイクALSAの即日キャッシングを利用するためには、申し込み者自身が時間短縮のための工夫をする必要もあります。

例えば、申し込みを行う前に提出が求められる書類を撮影しておき、メールで提出できる状態にしておけば時間を短縮することができます。

また、キャッシング利用時にはカードを発行すると自動契約機へ受け取りに行かなければならないため、借り入れ金は銀行口座への振り込みで受け取り、すぐに出金できる状態にしておくことも重要です。

審査に関しては回答が出るまでに時間がかかることもありますが、結果は公式サイトで照会できるため、即日キャッシングを希望する場合は利用をおすすめします。

レイクALSAへの申し込みに必要な条件や書類

レイクALSAでのキャッシング申し込みで特に時間がかかる工程としては、「審査」と必要書類の提出が挙げられます。

続いては、レイクALSAでの審査基準と提出が必要な書類をご紹介します。

レイクALSAの審査基準

レイクALSAの審査基準は以下のようになっています。

20歳以上70歳以下である

キャッシングを利用する上では自身が行った借り入れに対して責任を持たなければなりません。

レイクALSAでは、このような責任を持てる基準として「20歳以上70歳以下」という年齢制限を設けており、この基準は重要な審査基準となっています。

安定した収入がある

借り入れたお金を返済していくためには安定した収入があることも重要となります。

レイクALSAでは審査に通過する明確な基準は設定しておらず、収入と借り入れ希望額のバランスからキャッシング利用の可否を判断しています。

他社での借り入れがない、あるは少ない

返済能力を判断する上では他社での借り入れ状況も重要となります。

そのため、他社での借り入れ額の合計もまた審査基準となり、他社での借り入れがない、もしくは少ないと審査には通過しやすくなります。

レイクALSAへ提出が必要な書類

レイクALSAで提出が必要な書類には以下の2種類があります。

本人確認書類

本人確認書類としては「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」「在留者カード」「特別永住者証明書」が利用できます。

また、「氏名」「生年月日」「現住所」が確認できるものであれば健康保険証も利用可能です。

収入証明書

収入証明書としては、直近の「源泉徴収票」「住民税決定通知書・納税通知書」「確定申告書」「所得(課税)証明書」、もしくは直近3カ月以内のもので連続した2カ月分の給与明細書が使用できます。

また、給与明細書を提出する場合、可能であれば直近の賞与明細書も提出すると審査に通過しやすくなります。

レイクALSAでのお金の借入方法と返済方法

最後にレイクALSAでのお金の借り入れ方法・出金方法と返済方法を確認しておきましょう。

レイクALSAの借入方法と出金方法

審査に通過してしまえばカードがあってもなくてもその日中に出金ができますが、即日キャッシングを前提とする場合、カードを受け取る必要のないネットを利用した以下の方法で借り入れをするのがおすすめです。

  1. レイクALSAのサイトからログインし、メニューから「即日振込み」を選択します。
  2. 画面の指示に従って借り入れ金額などを入力します。
  3. 振り込みを実行するとあらかじめ指定した振込先銀行口座へ借り入れ金が振り込まれます。
  4. 最寄りのATMから銀行預金を引き出すのと同じ方法で出金ができます。

レイクALSAではこの方法が最も早く現金を引き出せる方法となりますが、一方でこの方法では銀行振り込みを利用するため、入金手続きが15時を過ぎてしまうと、実際の振り込みは翌日となってしまいます。

このことから、レイクALSAでは銀行振り込みによる即日キャッシングの締め切りを14時45分までとしています。

また、土日祝日は銀行が休みとなるため、この方法による即日キャッシングは利用できません。

選べるレイクALSA返済方法

レイクALSAでの返済方法には以下の2種類があります。

振り込み

振り込みによる返済方法には、レイクALSAのサイトから銀行サイトを経由する方法や、ネットバンキングから直接振り込む方法、銀行やコンビニなどの提携ATM~振り込む方法があります。 特にネットからの振り込みは24時間手続きが可能なため、返済のし忘れなども防ぎやすいといえます。

口座振替

返済のし忘れが心配という方には口座振替による返済がおすすめです。 この方法ではあらかじめ登録した銀行口座から毎月自動で借り入れ金の返済がされるため、必要な手続きは申し込み時に行う口座登録のみとなります。

まとめ

ここではレイクALSAでの即日キャッシングに関して以下のことをご紹介しました。

  • その日のうちにお金を借りるためのポイント
  • 審査基準
  • 必要な提出書類
  • 借り入れ方法と出金方法
  • 返済方法

即日で借り入れをする場合は申し込みから出金までの手順を把握し、スピーディーな手続きを心掛けることが重要となります。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。