レイクALSAへの申し込みや増額で、収入証明書は必要?

「レイクALSAで借り入れをしたいが、できれば収入証明書は提出したくない。」

レイクALSAでは、基本的に申し込み時や借り入れ限度額の増額申請時に収入証明書の提出が必要です。 しかし、一定の条件を満たしていれば、提出の必要はなくなることもあります。

ここでは、レイクALSAで収入証明書の提出が必要となるケースと、その提出方法について解説します。

レイクALSAでは以下のケースで収入証明書の提出が必要となります。

  • レイクALSAからの借り入れが50万円を超える場合
  • レイクALSAを含めた複数社からの借り入れが100万円を超える場合
  • 融資希望額を増額することで借り入れ額が貸金業法で定められた基準を超過する場合
  • レイクALSAが十分な返済能力がないと判断した場合

収入証明書としては以下の書類が使用できます。

  • 源泉徴収票
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近の3カ月以内で連続した2カ月分)

これらの収入証明書として使用可能な書類の送付方法には以下のものがあります。

  • メール
  • 郵送
  • FAX
  • 自動契約機

レイクALSAで収入証明書類が必要なケースとは

貸金業を営む業者が順守しなければならない法律としては、「貸金業法」が定められており、レイクALSAでもまたこの法律を順守した上で運営が行われています。

この法律では金銭の貸し付けに関する細かな取り決めがされており、そのひとつとして収入証明書の提出が必要なケースも定義されています。

この貸金業法をもとにしたレイクALSAで収入証明書の提出が必要なケースは以下のとおりです。

レイクALSAで50万円以上借り入れる場合

貸金業法では一社からの借り入れ額が50万円を超える場合に収入証明書の提出を義務づけています。 これは安定した収入がなければ返済が難しいと判断できる基準が50万円とされるためであり、収入証明書を提出できない場合、50万円以上の借り入れをすることはできません。

このことはレイクALSAでも順守されており、申し込み時の借り入れ希望額が50万円を超える場合、例外なく収入証明書の提出を求められることとなります。

また、この金額は一社からの合計借り入れ額が対象となるため、50万円以下の借り入れを複数回おこなったとしても、合計額が50万円を超える場合、収入証明書を提出しなければ審査に通過することはありません。

また、貸金業法では複数の業者からの借り入れ合計額が100万円を超える場合も収入証明書の提出を義務づけています。

そのため、既にほかの消費者金融などで借り入れをしている場合、レイクALSAでの借り入れ額が50万円以下であっても収入証明書の提出を求められることがあります。

ちなみに、特に大手の消費者金融では、業者間で利用者の借り入れ状況などの情報を共有しているため、他社での借り入れ額はすぐに分かるようになっています。

また、申し込み時に借り入れ状況を偽ることは違法となるため、他社での貸し付け情報も正直に記載した上で申し込みを行うようにしましょう。

融資希望額を増額する場合

収入証明書の提出を求められるのは申し込み時のみと考えてしまいがちです。

そのため、申し込み時さえ収入証明書の提出を求められなければ、その後は収入証明書を提出することなく利用を続けられると思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、貸金業で定められた「一社からの50万円以上の借り入れ」もしくは「複数社からの100万円以上の借り入れ」という基準は、利用途中でそれを超えてしまった際にも同様に収入証明書の提出が必要となることとなっています。

そのため、例えば最初の申し込み時には他社での借り入れがなく、借り入れ希望額も50万円以下だったため収入証明書の提出を求められなかったという方も、その後借り入れ希望額を貸金業法で定められた基準以上に増額すると収入証明書の提出が必要となります。

このことは、レイクALSAを含めたすべての貸金業法を順守している消費者金融に共通しているため、借り入れを検討されている方は覚えておくとよいでしょう。

レイクALSAで50万円以下の借り入れを希望しても必要なケース

貸金業法では一社からの借り入れが50万円を超える場合に収入証明書の提出を義務づけていますが、これはあくまでも法律として決められた最低限の基準であるということも忘れてはいけません。

そのため、業者によっては一社からの借り入れが50万円以下であっても、収入証明書の提出を求めることとしていることがあります。

この点においてレイクALSAでは、十分な返済能力がないと判断した場合、借り入れ金額に関係なく収入証明書の提出を求めることとしています。

よって、レイクALSAでの借り入れ希望額が50万円以下である場合でも、職業や年齢などから返済能力がないと判断されてしまった場合、収入証明書を提出しないと審査に通過できないこともあります。

収入証明書で必要な書類とレイクALSAへの送付手段

収入証明書の送付方法は、業者によって若干の違いがあります。 続いては、レイクALSAで収入証明書として利用できる書類とその送付方法をご紹介します。

収入を証明するのに必要な書類

収入証明書としては以下の書類が使用できます。

源泉徴収票

毎年勤務先からもらう源泉徴収票は収入証明書としても使用ができます。 ただし、レイクALSAでは直近のものしか使用することはできません。

また、年末調整を勤務先に一任しているため源泉徴収票をもらっていない場合、会社に申請を出せば取得することができます。

ちなみに、「公的年金などの源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」に関しては収入証明書として使用できないため注意が必要です。

所得(課税)証明書

確定申告時に発行される所得(課税)証明書に関してもレイクALSAでは収入証明書として使用できます。 ただし、この場合も直近のもの以外は使用できないため注意が必要です。

給与明細書(直近の3カ月以内で連続した2カ月分)

上述した2つのどちらも用意できない場合、給与明細書を収入証明書として使用することができます。 ただし、この場合、直近の3カ月以内のもので連続した2カ月分の提出が必要です。

また、「氏名(フルネーム)」「発行年月」「発行元名」「月収」「社名」が確認できないものは収入証明書として使用できません。

書類の送付方法

収入証明書の送付方法には以下のものがあります。

メール

源泉徴収票に限り、メールによる送付が可能です。 この方法では源泉徴収票をカメラ、もしくはスキャナーで画像にし、レイクALSA側が指定したアドレスへ送付する形となります。

郵送

レイクALSAのサイトから封書のデータをダウンロードし、印刷したものを折って作った封筒を利用すると郵送による提出ができます。

ただし、この方法は既にレイクALSAでの取引をしている人しか利用できないため、増額時のみ有効となります。

FAX

専用の用紙データをレイクALSAのサイトからダウンロードし、必要事項を記入後、FAXで送付する形でも書類は提出できます。

この方法も郵送と同様に既にレイクALSAでの取引がある方限定となります。

自動契約機

自動契約機から収入証明書類の原本を提出する方法もあります。

この方法は手間も時間もかからないため、早急に借り入れをしたいという方には特におすすめです。

まとめ

ここでは、レイクALSAで提出が求められる収入証明書に関して、以下のことをご紹介しました。

  • レイクALSAで収入証明書の提出が必要となるケース
  • 収入証明書として利用できる書類
  • 収入証明書の送付方法

収入証明書の提出が必要かどうかは、ほぼ自身で判断することが可能です。

そのため、あらかじめ収入証明書の提出が必要だと分かっている場合は、申し込み前から収入証明書として使用できる書類をそろえておくようにしましょう。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能