モビットの申し込みに必要な書類は? 申し込み手順も徹底解説

「モビットで申し込みをする際に必要な書類が分からない。」

モビットでは即日融資などの便利なサービスを数多く提供していますが、それらを利用するためには必要書類を提出しなければなりません。

しかし、どのような書類を提出しなければならないのかが分からないという方は多いことでしょう。

ここでは、モビットで申し込みを行う際に提出が求められる必要書類について解説します。

モビットで本人確認書類として提出できるのは以下のものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

収入証明書類としては以下のものが使用できます。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月分)+賞与証明書(ある場合)

モビットでは貸金業法を順守しており、以下の条件下では収入証明書類の提出が必須となります。

  • モビットだけで50万円以上の借り入れを希望する場合
  • モビットと他社で合計100万円以上の借り入れを希望する場合

また、本人確認書類としては、原則顔写真付きの運転免許証、もしくはパスポートの提出が必要ですが、持っていな場合は、健康保険証でも代用が可能です。

モビットの申し込みから契約までの流れは「申し込み」「書類の提出」「審査」「契約」の4段階に分かれます。

また、現金を引き出す方法には以下の2種類があります。

  • 銀行振り込み
  • ローンカードによる引き出し

モビットの申し込みに必要な書類一覧

モビットで借り入れの申し込みを行う場合、以下の2種類の書類を提出しなければなりません。

免許証などの本人確認書類

消費者金融では、融資を行う相手の身元を確認するために、その申し込み時には本人確認書類の提出を必須としています。 本人確認書類として提出できるものは以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

一般的に本人確認書類としてはパスポートや運転免許証、健康保険証などが使用されますが、融資契約を結ぶ場合、顔写真入りの身分証明書の提出を求められることが多くなっています。

この点においてモビットでは、本人確認書類として運転免許証の提出を求めています。

ただし、運転免許証を持っていない場合、パスポートもしくは健康保険証を本人確認書類として提出することが可能です。

また、これらの本人確認書類は写しを提出することとなっているため、郵送やWebでのアップロードなどの提出方法に合った写し(コピーや画像など)を用意しておくようにしましょう。

収入証明書類

融資契約を結ぶ際には、申し込み者の返済能力があることも確認しなければなりません。 このことから、モビットでは申し込み時に収入証明書類の提出も求めています。

収入証明書類として提出が可能となっているものは以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月分)

これらもまた写しを提出することとなるため、提出方法に合った画像やコピーなどを用意しておくようにしてください。

また、給与明細書を提出する方の中で賞与を受け取っている方は、年間の賞与額が分かる「賞与明細書」の提出も必要となります。

モビットで収入証明書が必ず必要なケース

融資契約を結ぶ場合、貸金業法に定められた条件に該当していると収入証明書類の提出が必要となります。

この点においてはモビットもまた貸金業法を順守した運営が行われているため、例外ではありません。

貸金業法で定められた収入証明書類の提出が必要となる条件は以下のとおりです。

モビットから50万円以上借り入れしたい場合に必要

貸金業法では一社からの借り入れが50万円を超えた場合に収入証明書類の提出を義務付けています。

よって、モビットへ融資を申し込みする際に融資希望額が50万円を超えている場合は、あらかじめ収入証明書類を用意しておくと、手続きをスムーズに進められます。

モビットとほかの金融機関で合計100万円以上借り入れしたい場合に必要

多額の融資を希望される方の中には複数の金融機関で融資の申し込みをしている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、貸金業法では複数の金融機関で合計100万円以上の借り入れをした場合も収入証明書類の提出を義務付けています。

そのため、例えばモビットでの借り入れが30万円でも、ほかの金融機関での借り入れが70万円を超えていると収入証明書類の提出は必須となります。

ただし、この法律を利用すると、例えば60万円の融資が必要な場合でも、モビットで30万円、ほかの金融機関で30万円をそれぞれ融資してもらえば、収入証明書類の提出は必須とはならないため、収入証明書類の提出が難しいという方にはおすすめです。

原則顔写真付きなら使用可能

一方、モビットでの融資を希望する場合、本人確認書類の提出条件に付いても確認しておかなければなりません。

モビットでは原則顔写真付きの身分証明書であれば本人確認に使用できることとしており、運転免許証やパスポートをお持ちであれば、その提出手続きで手間がかかることはないでしょう。

ただし、マイナンバーカードなどの一部の顔写真付き身分証明書は原則使用不可となっているため注意が必要です。

現住所のわかる書類でも代用可能

運転免許証やパスポートの取得には、お金も手間もかかるため、即日入金を希望される場合、用意ができないという方も多いかもしれません。

モビットでは、原則として顔写真入りの身分証明書にて本人確認を行うこととしていますが、それらがない場合、現住所の分かる書類でも代用可能としています。

その一例としては健康保険証が挙げられ、提出する際には氏名、生年月日、現住所が記載された面が確認できる状態の写しを作成するようにしてください。

モビットからの借り入れで書類を提出する方法

モビットで借り入れを行うための申し込みにて書類を提出する方法とその流れは以下のとおりです。

申し込みから契約までの流れ

申し込みから契約までの流れは、以下の4つの段階に分けられます。

1.申し込み

まずは氏名や住所、借り入れ希望額などの基本的な情報をWebなどから入力し、申し込みを行います。 入力内容に誤りがあると手続きに時間がかかるため、特に即日融資を希望される場合は注意が必要です。

2.書類の提出

申し込み完了後、上述の本人確認書類や収入証明書類を提出します。

3.審査

書類の提出が完了すると、その内容に基づき審査が行われます。 ここでは返済能力の有無や借り入れ希望額が返済能力に見合っているかどうかの審査を行います。

4.契約

審査に通過し、その結果が通知されると契約手続きに入り、契約完了となります。 ローンカードを利用する場合、契約完了後、郵送もしくはローン契約機へ行くことでローンカードを受け取り、借り入れが可能となります。

申し込みが完了したら書類を提出

上述した申し込みから契約までの流れからも分かるとおり、書類の提出は申し込みが完了してからとなります。

よって、とにかく早く契約を結び融資を受けたいという方は、申し込み前から必要書類の写しを用意しておくようにしましょう。

現金を引き出す方法

モビットで借り入れた現金を引き出す方法には以下の2種類があります。

銀行振り込み

借り入れた現金は指定した銀行口座に振り込みをしてもらうことが可能です。

この方法では、借り入れ希望額をWebなどから申請することで、最短で即日振り込みを行ってもらえます。

振り込みされた現金は、通常のキャッシュカードや通帳などによる引き出しが可能です。

ローンカードによる引き出し

提携ATMにてローンカードを使用し、借り入れ金額を引き出すことも可能です。

この場合、引き出し金額はATM上で入力するため、事前の申請は不要です。

ただし、引き出せる金額は限度額の範囲内のみとなります。

まとめ

ここでは、モビットでの申し込み時に提出する必要書類に関し、以下のことを解説しました。

  • 必要書類一覧
  • 収入証明書類の提出が必要なケース
  • 本人確認書類として提出可能なもの
  • 申し込みから契約までの流れ
  • 現金を引き出す方法

モビットでは本人確認書類の提出は必須となりますが、条件次第では収入証明書類の提出を省略することが可能です。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能