モビットなら千円単位で借りられる?利用のポイントと注意点

「過不足なく借りたいので千円刻みで借り入れ・返済ができるキャッシングを利用したい。」

家賃や光熱費などの支払いで足りない分だけを借り入れたいという方の中には、千円単位での少額借り入れを希望される方も多いことでしょう。

ここでは千円単位で借り入れができるモビットでの借り入れ方法注意点について解説します。

モビットでは一万円以下の千円単位での借り入れが可能です。千円単位の借り入れのメリットとしては以下のことが挙げられます。

  • 返済計画が立てやすい
  • お金の借りすぎを防げる
  • 利息を少なくできる

一方、千円単位での借り入れには以下のデメリットもあります。

  • 借り入れ回数が増えがちなため、手数料が多くかかる
  • 千円単位での借り入れができないATMもある

モビットで千円単位の借り入れができる提携ATMは以下の約20の銀行、消費者金融のものです。

・三菱UFJ銀行 ・セブン銀行 ・北洋銀行 ・常陽銀行 ・仙台銀行 ・栃木銀行 ・大垣共立銀行 ・足利銀行 ・岐阜銀行 ・但馬銀行 ・十六銀行 ・もみじ銀行 ・西京銀行 ・トマト銀行 ・西日本シティ銀行 ・百十四銀行 ・親和銀行 ・プロミス

また、返済時には以下の点に注意が必要です。

  • 返済にも手数料がかかる
  • 返済日当日は時間に余裕を持つ

モビットで千円単位での借り入れを行う場合、基本的な流れは以下のようになります。

  1. 申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 借り入れ

モビットに限らず、消費者金融では借り入れる金額が低いほど審査の通過率が上がることから、千円単位での借り入れの場合は、審査にも通過しやすくなります。

モビットでの返済方法には以下の4つがあります。

  • 提携ATM
  • コンビニのマルチメディア端末
  • 口座振替
  • 銀行振り込み

千円単位で借りられるモビットの借入方法を徹底紹介

まずはモビットでの千円単位での借り入れに関する基本情報について確認しておきましょう。

少額の借り入れにも対応しているモビットの借入方法

消費者金融を利用した借り入れでは一度に数十万円から数百万円のお金を借りることが多いというイメージを持っている方は多いことでしょう。

しかし、借り入れが必要なケースとしては、家賃や光熱費などの少額でありながら毎月支払いを行わなければならない料金の一部が支払えない場合などが挙げられ、そのような場合、必要な借り入れ金額は1万円に満たないこともあります。

モビットではこのようなケースでも借り入れができるよう、千円単位での少額借り入れが可能となっています。

千円単位で借り入れるメリット・デメリット

千円単位での借り入れに伴うメリット・デメリットとしては以下のことが挙げられます。

千円単位で借り入れるメリット

千円単位で借り入れを行うメリットとしては、返済計画が立てやすく、借りすぎを防止できるという点が挙げられます。

そのため、返済までにかかる時間も短いことから、利息を少なくできるという点もまた、千円単位での借り入れのメリットといえます。

千円単位で借り入れるデメリット

一方、千円単位で借り入れを行う場合、手数料がその都度発生するため、複数回にわたって利用することを前提とする場合、手数料の総額が多くなってしまうことがあります。 そのため、千円単位とはいえ、度重なる借り入れは避けたほうがよいでしょう。

また、千円単位の借り入れはすべてのATMでできる訳ではなく、対応していないATMが多いという点も忘れてはいけません。

特に一部の消費者金融では千円単位での借り入れができるATMが突出して少ないこともあるため、申し込み前にその数を確認するようにしてください。

千円単位で借り入れができるモビット提携ATM

モビットが提携を結んでいるATMでは借り入れと返済ができるようになっています。

このうち借り入れは千円単位で行えるATMと一万円単位でしか行えないATMが存在するため、あらかじめ確認しておかなければなりません。

モビットでは、以下の銀行および消費者金融の提携ATMにて千円単位での借り入れができるようになっています。

・三菱UFJ銀行 ・セブン銀行 ・北洋銀行 ・常陽銀行 ・仙台銀行 ・栃木銀行 ・大垣共立銀行 ・足利銀行 ・岐阜銀行 ・但馬銀行 ・十六銀行 ・もみじ銀行 ・西京銀行 ・トマト銀行 ・西日本シティ銀行 ・百十四銀行 ・親和銀行 ・プロミス

現時点でモビットでは上述した18の銀行・消費者金融のATMにて千円単位での借り入れ・返済が可能となっています。

この数は他の消費者金融と比較しても多いことから、モビットは千円単位での借り入れに適した消費者金融といえます。

返済時の注意点

モビットで千円単位での借り入れを行い、返済をする際には以下の点に関して注意が必要です。

返済にも手数料がかかる

千円単位での借り入れの場合、一回当たりの返済額は少額になりがちですが、それでも返済手数料はかかります。

そのため、複数回に分けて返済を行うと借り入れ額は少なくても、手数料は多くかかってしまうことがあります。

返済日当日は時間に余裕を持つ

返済日当日はATMの営業時間内であれば、その日付での返済が可能です。

しかし、営業終了時間ぎりぎりになってしまうと、翌日付での返済となってしまうことがあります。

そのため、返済日当日は時間に余裕をもって返済手続きを行うようにしましょう。

モビットで申し込みから千円単位で借りるまでの手順

利用の流れ

モビットで千円単位の借り入れを行うまでの流れは以下のとおりです。

1.申し込み

借り入れが千円単位であってもまずは申し込みから行わなければなりません。

具体的な申し込み方法にはWeb、郵送、契約機、電話の4種類があり、詳細な手続き方法はそれぞれで若干異なりますが、基本的には氏名や勤務先情報などの個人情報をモビット側に伝えることが中心となります。

2.必要書類の提出

申し込みが完了したら、収入証明書や本人確認書類などの必要書類を提出します。

これらは審査を行う上で不可欠となるため、提出漏れなどがないようにしましょう。

ただし、千円単位での借り入れの場合、借入限度額によっては収入証明の提出が必要ない場合もあります。

3.審査

申し込み情報と必要書類の内容から審査が行われます。

千円単位の少額借り入れの場合、審査には通過しやすくなっているため、余程の問題がない限り審査には通過できるでしょう。

4.借り入れ

審査に通過すると本契約となり、借り入れが可能となります。

借り入れ方法にはカードでATMから引き出す方法と、指定した銀行口座に振り込んでもらう方法があり、好きな方を選択できるようになっています。

このうち銀行振り込みを利用する方法ではインターネットや電話にて借り入れ申し込みを行うと最短で即日、遅くても翌営業日には振り込みが行われます。

借り入れる金額が低いほど審査通過率が上がる

借り入れを希望される方の中には、審査に通過できるか不安という方も多いかもしれません。

モビットに限った話ではありませんが、消費者金融では借り入れ金額が低いほど審査に通過しやすくなっているという特徴があります。

よって、ここで紹介している千円単位での借り入れの場合、総借り入れ金額が高額になることは極めて少なく、比較的審査に通過しやすいといえます。

また、貸金業法では一社からの借り入れ額が50万円、複数の会社からの借り入れ額が100万円以下の場合、収入証明書の提出は必要ないこととしているため、千円単位での借り入れを前提とする場合、収入証明書の提出なしで審査に通過することも可能です。

返済方法

モビットでは以下の方法にて借り入れ金の返済ができます。

提携ATM

モビットは、数多くの銀行やコンビニと提携を結んでおり、それらのATMにて返済ができるようになっています。

特にコンビニATMの場合、土日祝日を含めて24時間利用できることがほとんどであるため、返済方法としても適しています。

ただし、手数料がその都度必要になることは覚えておく必要があります。

コンビニのマルチメディア端末

ファミリーマートの「Famiポート」や、ローソン、ミニストップにある「Loppi」では、画面上で返済金額などを入力し、印刷されるレシートをレジに持っていくことで借り入れ金の返済ができます。

この方法には手数料がかからないというメリットがあります。

口座振替

モビットでは、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座振替による返済も受け付けています。 ただし、この方法の場合、手続き完了までに2カ月程度の時間を要することがあるため、注意が必要です。

銀行振り込み

モビットが指定する銀行口座へ振り込みを行うことでも借り入れ金の返済はできます。 この場合、振込手数料は利用者側の負担となります。

まとめ

ここではモビットでの千円単位での借り入れに関して、以下のことをご紹介しました。

  • モビットでの千円単位での借り入れのメリット・デメリット
  • 千円単位で借り入れができるモビット提携ATM
  • 申し込みから借り入れまでの流れ
  • 借り入れる金額が低いほど審査通過率が上がること
  • 返済方法

千円単位の少額で借り入れができるモビットでは、毎月の返済額を1万円未満にすることもできるため、あと少しお金が足りないという際の利用にも適しています。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。