モビット借り入れに収入証明書は必要?その他必要な書類を徹底解説

「モビットで借り入れをする際に必要な収入証明書ってなに?」

モビットでの借り入れ方法を調べている過程で「収入証明書」という書類の存在を初めて知ったという方は多いかもしれません。

この収入証明書は、確かな返済能力があることを確認するために提出が求められるもので、提出を行わないと借り入れができなかったり、借り入れ時に制限が設けられたりしてしまいます。

ここでは、モビットを利用する際に必要な収入証明書について解説します。

モビットでは以下の基準に該当すると収入証明書の提出が求められます。

  • 過去の提出から年月が経ちすぎている場合
  • モビットから50万円以上借りる場合
  • モビットと他社あわせて100万円以上借りる場合

収入証明書として利用できる書類には以下のものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書類
  • 支払調書
  • 納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 確定申告書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 給与の支払明細書

モビットでは以下の方法にて収入証明書の提出ができます。

  • Webへのアップロード
  • FAX
  • 専用封筒
  • 自動契約機

モビットでは収入証明書を提出しないと以下のペナルティが科されることがあります。

  • 新規での借り入れの停止
  • 一時的な利用停止
  • 追加融資金額の制限

モビットの借り入れに収入証明書が必要な2つのケース

まずは、モビットで借り入れを行う場合で収入証明書の提出が必要となるケースを解説します。

過去の提出から年月が経ちすぎると再提出を求められることも

一度収入証明書を提出し、審査に通過するとその後はどれだけ時間が経っても問題なく借り入れができると考えてしまう方は多いようです。

しかし、モビットでは過去の収入証明書の提出から年月が経ちすぎていると、再度収入を確認するため再提出を求める場合があります。

そのため、全開の借り入れから一定期間が経過している場合、念のため収入証明を用意しておいた方がよいでしょう。

モビットから50万円以上借りる場合は収入証明書必須

貸金業法では、一社から50万円以上の借り入れを行う場合、収入証明書の提出を義務付けています。

この点に関しては当然モビットでも法に則った取り決めがされているため、50万円以上の借り入れを申し込むと例外なく収入証明書の提出を求められます。

また、この基準は返済していない累積借入額も対象となるため、例えば、既に25万円の返済していない借入金があり、さらに追加で25万円の融資を依頼した場合も同様に収入証明書の提出が必要となります。

モビットと他社あわせて100万円以上借りる場合は収入証明書必須

貸金業法では複数の業者で借り入れを行い、すべての業者の合計借入金額が100万円以上になる場合も収入証明書の提出を義務付けています。

そのため、モビットで借り入れの申し込みを行う場合も、希望融資額と他社での借入額との合計が100万円を超えれば収入証明書の提出が必要となります。

ちなみに、モビットに限らず貸金業者では、申込書類に他社での借入金額の記入欄を設けているため、合計借入金額はすぐに分かるようになっています。

また、虚偽の金額を記入することは違法となるため、絶対に行わないようにしましょう。

収入証明として使用できる書類一覧

収入証明書として使用できる書類には以下のものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書類
  • 支払調書
  • 納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 確定申告書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 給与の支払明細書

これらの書類は最新の収入状況が分からなければ無効になってしまう場合もあるため、年度ごとに発行されるものに関しては最新の年度のもの、毎月発行される給与の支払い明細などに関しては最新の数カ月分のものを必ず用意するようにしてください。

モビットへの収入証明書の提出方法

モビットで借り入れを申し込む場合、以下の方法にて収入証明書の提出ができるようになっています。

Webへアップロード

Web完結型の申し込み方法では、上述した収入証明書をWebへのアップロードによって提出することができます。

この方法では、デジカメやスマホ、スキャナーによって収入証明書の内容が分かる画像を作成し、モビット側が指定した方法にてアップロードを行います。

この方法では郵送や来店をすることによって生じる手間を省くことができるため、できるだけ早く借り入れを行いたいという方に適しています。

FAXで提出

モビットではFAXによる収入証明書の提出も受け付けています。 この方法は、デジカメやスマホ、スキャナーを持っていないという方などにおすすめです。

また、FAXはコンビニなどにもあるため、アップロードを行う場合と同様にできるだけ早く借り入れを利用したという方にも適しています。

専用封筒で提出

収入証明書はモビット側が用意する専用封筒を利用して郵送することでも提出ができます。

この方法はパソコンやFAXによる提出を行う自信がないという方などに適しています。

また、この場合申込書類と共に収入証明書を郵送することとなるため、申し込み前から収入証明書を用意しておくとスムーズに申し込み手続きを行えます。

自動契約機で提出

モビットには自動契約機の数が多いという特徴もあります。 これらの自動契約機では、申し込み手続き完了後、その場で収入証明書を提出することもできるようになっています。

そのため、自動契約機で申し込みを行う場合は、上述した収入証明書をあらかじめ用意しておくとスムーズに手続きを完了できます。

モビットに提出しない場合お金が借りられない

モビットのみでの借入額が50万円以下の場合と、モビットを含めた全貸金業者での借入金額が100万円以下の場合、収入証明書の提出は必要ありません。

しかし、この基準を超過しているにもかかわらず収入証明書の提出を行わないと以下のペナルティが科されるため注意が必要です。

新規でモビットから借り入れができない

収入証明書を提出することの目的は返済能力を証明することでもあります。

そのため、収入証明書を提出しないと返済能力がないと判断されてしまいます。

よって、申し込み時に収入証明書の提出を行わないと審査に通過できず、新規で借り入れを行うことができなくなってしまいます。

一時的に利用停止になる

初回申し込み時に収入証明を行っていても、追加での借り入れを希望する場合や前回の借り入れから一定の期間が経過している場合、再度収入証明書の提出を求められることがあります。

しかし、ここで収入証明書を提出しないと、現在は返済能力がないと判断されてしまうため、一時的に利用停止となってしまう場合があります。

また、一時的に利用停止となると、再度利用可能となるまでの手続きに大きな手間がかかることもあるため注意が必要です。

追加融資できる金額に制限がかかる

追加融資を申し込むことで貸金業法の定められた金額の基準を超える場合、その段階で初めて収入証明書の提出を求められることがあります。

ここで収入証明書を提出しないと追加融資できる金額に制限がかかり、上述の貸金業法で定められた基準以上の借り入れができなくなります。

そのため、最初は収入証明書の提出が必要ない範囲内で借り入れを行う場合も、将来的な追加融資の予定がある場合は収入証明書を用意する方法などを確認しておくようにしましょう。

まとめ

ここではモビットでの借り入れ申し込み時に、一部例外を除いて提示が求められる収入証明書について以下のことを解説しました。

  • モビットで収入証明書の提出が求められるケース
  • 収入証明書として使用できる書類
  • モビットでの収入証明書の提出方法
  • モビットで収入証明書を提出しない場合に科されるペナルティ

貸金業法で決められた基準に該当する場合、モビットではなくても収入証明書の提出は必須となるため、申し込み前に必ず用意しておくようにしましょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。