今月お金が足りない!生活費に困ったときの効果的な対処法まとめ

家賃が払えない、電気代が、携帯代が……と、生活費が足りない金欠状態に陥ると焦ってしまいますね。生活費が支払えないとどれかを滞納するか、などと考えてしまいますが、公共料金や携帯代金は滞納すると止まってしまうと生活に支障をきたしかねません。

まずはどれを滞納するかではなく出費を抑え、別途お金を用意することを考えましょう。

滞納せずに生活費を払うためにできること

生活費に困ったときには、まずその理由を調べることが第一です。その上で節約できることは対応し、たとえば以下のような方法でお金を用意しましょう。

  • 不要品を販売する
  • 周囲からお金を借りる
  • 消費者金融のカードローンやキャッシングで借りる

不要品を売ってもまだ足りなかったり、周囲からお金を借りることが難しかったりする場合には消費者金融の利用も検討しましょう。

毎月生活費が足りないのはなぜ?まずは理由を分析しよう!

今月はなぜ生活費が足りないのでしょうか?しっかり理由を考えて、繰り返さないためにできることを考えましょう。

身の回りの出費を確認する

生活費が足りていないということは、簡単にいうと収入より出費が多くなってしまっているという状況です。なので、まずは出費を減らすためにどうすればよいかを考えましょう。

通信費や国民年金などの固定支出を把握する

毎月一定額を支払う固定費として、携帯代金や家賃・国民年金などがあるので、この金額がいくらかを把握しておく必要があります。

給料額から固定費を確認することで、残りの使えるお金が算出できます。

家賃が高すぎないか確認

この固定費のなかで、実は家賃が非常に割高になっているケースもよくあります。

過去には家賃は月収の3割までといわれていましたが、現在では携帯代などの出費が増えていることから、賃貸ポータルサイトなどでは月収の2.5割がよいと提唱されているケースもあります。

すぐに金欠状態が解決するわけではありませんが、もし毎月ギリギリの生活をしているのであれば、更新のタイミングでもっと安い部屋へ引っ越しを検討した方がよいケースもあります。

対処法その1:気づいてなかったムダな出費を見直す

まずは月々の出費を見直してみましょう。

ムダ遣いをしていないか確認

固定費を確認したら、次は節約できる費用の支払い額を直近数ヶ月で確認しましょう。実際に数字で見ることで、ムダ遣いをしている部分が見えてきます。

特に一人暮らしの無駄遣いとしてよく言われるのが、食費や交際費です。食費はレシートで計算したり家計簿をつけたりし、収支を把握することが大切になります。

収支を把握せずに、毎日のように外食をしているという方はかなりの金額がムダ使いになっているはずです。

交際費を見直そう

友人や恋人とよく遊んでいる人は交際費が大きくなっていないでしょうか。

断るのは悪いからと誘われたら必ず行く方もいるかもしれませんが、正直に「節約している」、「今月はお金が厳しい」と理由をつけて断ることも考えましょう。

相手との人間関係にも影響するので完全に遊ばないというのは厳しい部分ですが、下記のように少しずつ減らす方法があります。

  • 行く場所を自分が選んで安いところにする
  • あまり気分がのらないときや疲れているときだけ断る
  • 自分がよく奢っているときには割り勘を提案する

嗜好品を見直してみる

お酒やタバコがやめられないとう方は、月で考えると数万円かかっていることもあります。お酒なら「一日一缶まで」、タバコなら「朝、昼、夜二本ずつ」など限度を決めることで、月の出費を減らせます。

対処法その2:身の回りの不要な物は売る

不要品を売るのに「どんな物でも絶対にここで売るのがよい」という業者はありません。なぜなら、売る物によって一番高く買い取ってもらう業者も異なるためです。

買取業者を選ぶポイント

特定のジャンルに精通している業者であれば、しっかりと価値を判断してもらえますので、売りたい物のジャンルをメインに扱っている業者を選ぶのが一番です。

これはネット買取や実店舗の業者どちらにもいえます。家具家電などに関しては、その店舗のある地域で求められている商品が、比較的高く買い取ってもらえることもあるようです。

例えば、このようなケースがあります。

  • 一人暮らしの世帯がメインの地域では、コンパクトな棚が人気で、家族用のソファーはあまり高くならないケース
  • 若い女性が多い地域では、リサイクルショップではあるが扱っている商品の半分以上が衣類のため、家具が高く売れないケース

どうしてもまとめてひとつの店で売りたいというのであれば、店舗であれば有名チェーン店でさまざまなジャンルを扱っているお店に買い取ってもらいます。

しかし、それでもお店によって地域性があるのですべて高く買い取ってもらえるとは限りません

具体的な手順

今月の生活費で足りない分のお金をつくるために、買取り業者に売る手順を見ていきましょう。

1.まずは、売りたい物を掃除

買い取った後にクリーニングするのでは?と思う方もいるかもしれませんが、しっかりと清掃をすることで見栄えがよくなり、査定額が上がることがあります。

2.宅配で送付/店舗に持ち込み

ネット買取なら宅配便で、店舗に買い取ってもらうならば直接持っていきます。

3.見積もり・買取

ネット買取ならメールや電話で、店舗であれば直接見積もり価格を伝えられるので、問題がなければ買取してもらいます。

注意点として、宅配で発送料がかかる場合があるので注意しましょう。配送する数が少ない場合には着払いで見積もりしてくれる業者を選んだ方がよいです。

対処法その3:親や友人から借りる

今月足りない分、親や友人から借りることで一時的に金欠を解消できるかもしれません。借りる場合は、借用書を準備することをおすすめします。

親しい関係でも借用書はちゃんと用意しておく

周りの人から借りることで一時的にお金を用意する方法もあります。しかし、どんなに親しい間柄でも金銭の貸し借りは信用を失う問題に発展することがあり、断る人も多いと思います。

どうしても資金を用意しないとまずいので借りなければいけないというときには、「いつお金が入って返済できるのか」を説明し、保険として借用書などを用意しておくことが信用して貸してもらいやすくなるポイントです。

しかし親が年金暮らしでお金を借りることが難しい、または普段から交友している人がいないと、借りることが難しい現状の方もいるかもしれません。

対処法その4:それでも金欠になったら、最短即日融資のカードローンを検討

節約しても厳しいときはカードローン

今月の生活費が足りないときに借りることが難しいとなると、節約をしても乗り越えることができない場合もあります。

そんなときには、消費者金融のカードローンやキャッシングでお金を借りるのが手っ取り早いです。

消費者金融からの書類などが届かないようにすることもできます。ですので、「友人や恋人にバレたらどうしよう…」と不安でも検討しやすいのではないでしょうか?

給料日や収入で返せるときにだけ借りる

消費者金融からの借り入れは、信用情報機関という金融機関のネットワーク情報にすべて記録されます。

もしも延滞をしてしまうと他の金融機関の審査がある場合にも影響がでてくることがありますが、借りても期日までに返済をすれば全く問題はなく、むしろちゃんと返済できているという信用できる記録が残ります。

そのため、消費者金融からお金を借りるのは、どうしても今月は用意できないけれど来月は大丈夫、という場合のみ利用しましょう。

人気のカードローン

カードローンを利用できる消費者金融はたくさんありますが、その中から「プロミス」「アイフル」をご紹介します。

プロミスはカード発行が不要でセブンイレブンでお金を受け取ることができ、アイフルは申し込み後の電話連絡で優先的に審査をしてもらい最短30分で結果がでます。

今月の支払いが足りない、という緊急な状態であれば、最短1時間で審査結果が出て融資をしてもらえるプロミスアイフルは、新規申し込みの契約翌日から30日間の返済であれ無利息で利用できます。

まとめ

今月の生活費を支払うのにお金が足りない、というときに乗り越える方法をいくつかご紹介しました。

「もしかして来月は足りなくなるかも?」と事前にわかっていれば節約などで対応できますが、「今月使いすぎて足りない!」という状態で借りるあてがない場合には、消費者金融のカードローンで対応すると簡単に乗り越えることができるかもしれませんね。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。