SMBCモビットの金利は高い? お得に借り入れする方法と返済例を紹介!

SMBCモビットの金利は他と比べて高いのでしょうか。それとも安いのでしょうか。金利が高いと、損をしてしまうことになります。

できるだけ損はしたくないと考えるのが普通です。SMBCモビットの金利や、金利を下げる交渉方法などの金利を節約するための返済方法についてご紹介しています。

金利の面で考えたときにSMBCモビットはどうなのか気になることをチェックしてみましょう。

SMBCモビットの金利については以下になります。

  • SMBCモビットの金利は高いほう
  • 最低の金利は大手の消費者金融と同じくらい
  • 他の消費者金融がいくら借りたらいくら金利がかかるというものを明記したテーブル制をとっているのに対し、SMBCモビットは状況に応じて金利を決めている
  • SMBCモビットには無利息期間がない

SMBCモビットで借り入れした場合の金利は他の消費者金融や銀行系ローンよりも高く、無利息期間も用意されてはいませんでした。

借り入れ可能なのかそうでないのか、返済にどのくらいの期間がかかるのか、いくら返していけば希望の期間で返せるのかが事前にわかる方法は以下の通りです。

  • 借り入れできるかを診断する「お借入診断」が公式サイトに用意されている
  • お借入診断の結果は絶対ではない
  • 金利の目安は計算式で出すことができる
  • 返済シミュレーションというシミュレーターがあるので、それを使えば1番金利がかからずに返済できる期間がわかる

SMBCモビットでは信用情報に審査の結果を残すことなく、事前に借り入れ可能かどうかを確認することができます。

その結果が絶対ではありませんが、落ちた場合の結果が信用情報に載らないので積極的に活用するのがおすすめです。

SMBCモビットの金利は高いの?

お金を借りる時に一番に気になるのは借りられる金額だと思いますが、それと同じくらいに気にして欲しいのが金利です。

金利が高いと返済の時の金額がとても大きくなってしまうからです。では、SMBCモビットの金利は高いほうなのか、安いほうなのかを見ていきます。

銀行系カードローンと貸付利率(実質年率)の比較

SMBCモビットと銀行系カードローンの貸付利率(実質年率)はどのくらい違うのでしょうか。SMBCモビットの実質年率は3.0%~18.0%とされています。

最低金利の3.0%は大手消費者金融の中では低いほうですが、最高金利はというと、これは他の金融会社と変わりません。

では、大手銀行系のカードローンと比べるとどうでしょう。

最低金利は銀行より低い場合もあります。それなら最高金利はというと、17%未満が多い銀行と比べるとSMBCモビットの18%は少し高いです。

ちなみに、銀行の金利は以下のようになっています。

金利 三井住友銀行 4.0%~14.5% 三菱UFJ銀行(バンクイック) 1.8%~14.6% オリックス銀行 1.7%~17.8% ソニー銀行 2.5%~13.8%

SMBCモビットの金利は大手消費者金融の中では普通で、銀行と比べるとやや高めの傾向があるといえるでしょう。

SMBCモビットの実質年率は、他のカードローンとは少し仕組みが違います。他のカードローンテーブル制といい、借入金額によって実質年率が決まります。

テーブル制では、例えば10件までは1,000円などと設定され、その設定は事前に確認できます。しかし、SMBCモビットはこのテーブル制をとっていません。

SMBCモビットは利用状況に応じて実質年利を決めています。

ただし、100万円以上の金額を貸し出すときは実質年率を15.0%以下にするように法律で定められているので、100万円以上貸し出す際は15%以下になるということだけは明言されています。

金利(実質年率)の算出方法と手数料

SMBCモビットはテーブル制を使用していないからまったく金利の予想がつかないかというと、そんなことはありません。

現在では多くの消費者金融、キャッシング業者のカードローンで同じ計算方法が採用されているためです。

そもそも金利とは、借入金額に対して何%を利息として元金とは別に徴収するかを定めるもの。利子とも呼ばれ、これがキャッシング業者の収入源です。

実質年率は借入残高×金利(%)÷1ヵ月の日数で算出します。

借り入れの際の手数料は金利+実質年率となっているので、上記の計算で実質年率を計算して出てきた金額に金利を足したものが手数料となります。

SMBCモビットには無利息で利用できる期間ある

無利息期間とは文字通りに利息がかからない期間のことで、あるのとないのとでは大違いです。SMBCモビットにこの無利息期間があるのかどうかを見ていきます。

無利息期間でないと最大18.0%の金利がかかる

SMBCモビットに無利息期間があるのかないのかという問題ですが、残念ながらSMBCモビットでは無利息サービスはしていません。

金利0円という言葉を消費者金融のCMや広告で目にする機会も増えてきたのではないかと思います。

一定の期間、借りたお金に利息がかからないというもので、無利息サービスの条件は消費者金融によって違います。

無利息期間の一般的な期間

期間はだいたい1ヵ月であることが多いのですが、レイクALSAでは5万円までの借り入れなら180日となっています。大手消費者金融や銀行カードローンのレイクは無利息サービスを行っています。

この金利0円は借り入れする側にもメリットですし、消費者金融側としても、金利0円の間だけでも借り入れをしてもらいやすいというメリットがあります。

SMBCモビットは他の消費者金融に劣っている?

最初に述べたようにSMBCモビットはこの無利息サービスをしていません。ではSMBCモビットは他の消費者金融に劣っているかというとそういうわけではありません。

無利息サービスはしていませんが、サービスの面で、他の消費者金融に負けない強みがあるからです。

その最たるものが電話連絡なしという点ではないでしょうか。もちろん条件を満たさなければなりませんが、借り入れをすることを隠しておきたい人は多くいるでしょう。

そういう人たちにとって在籍確認の電話は嫌なものです。それがないとなると、かなりポイントは高いのではないでしょうか。

SMBCモビットを利用する利点

他にも、WEB完結なら郵送物がなくすべてインターネットから行える点や、スマートフォンのアプリで入出金が可能であったり、他の消費者金融よりも限度額が多かったりという点などが挙げられます。

無利息サービスがなくてもSMBCモビットを利用する人がいるのは、そういう利点があるからなのでしょう。

SMBCモビットのお借入診断と返済シミュレーション

お金を借りようと決めたからといって、誰も彼もが消費者金融からお金を借りられるわけではありません。

申し込んで借りられないという結果を知るより、申し込む前に知ることができたら無駄がなくていいのではないでしょうか。

申し込む前に借りられるかどうかがわかるお借入診断などをご紹介します。

借り入れ可能かどうか、WEBですぐにわかる「お借入診断」が便利

カードローンに申し込みたいと思ったとします。まず気になるのは審査に通るかどうかでしょう。審査に通らなければ借り入れを行うことはできません。

ですから、通るかどうかと不安になる人もいるかもしれません。そういう人のために、お借入診断というものがあります。

SMBCモビットの公式サイトの申し込みについてのタブからシミュレーションを選ぶとお借入診断になります。

生年月日と税込年収、他社での借入金額を入力することで借り入れが可能かどうかを簡単に診断してくれるので、不安を軽減してくれることでしょう。

注意しなければならないのは、お借入診断で借り入れできるという結果が出たからといって、必ずしも審査に通るとは限らないという点です。

診断はあくまでも診断ですので、目安のひとつにしかなりません。それなら診断なんてしないで実際に申し込めばすぐに結果はわかるじゃないかと思われるでしょう。

しかし、診断をすることにはきちんと利点があります。

カードローンやクレジットカードに関する記録は信用情報というもので管理してあり、金融機関はこれを確認することができます。

申し込み情報や利用情報が記録されているので、申し込み情報はあるのに利用情報がないということは審査に落ちたということだ、と他社にわかってしまうということです。

他社の審査に落ちたということは何か問題があるのだろうと考えられてしまい、他社のカードローンの審査には通りにくくなってしまいます。

その点、お借入診断は信用情報には載らないので何を気にすることもなく、審査に通る可能性があるのか、あるいは落ちる確率が高いのかを確認することができるので積極的に使っていくとよいでしょう。

返済シミュレーションの使い方

借り入れを行ったら、次は返済を行わなければなりません。

借り入れを行うとき、返済できるかどうかを吟味すると思いますが、生活の変化や状況によって予想とは違った結果になることも多々あるでしょう。

そういう場合に使ってみてほしいのがSMBCモビットの公式サイトでできる返済シミュレーションです。

申し込みについてのタブを選び、シミュレーションから返済シミュレーションを選ぶことでシミュレーションを行うことができます。

最低返済金額とは

返済には最低返済額というものが絡んできます。

SMBCモビットには月々最低限このくらいは返済してくださいという金額が設定されており、これが最低返済額となります。

あくまでも最低限なのでこれよりも多い額を返すのは問題ありませんが、最低返済額を下回る金額で返済することはできません。

例を挙げると、10万円以下の借り入れのときの最低返済額は4,000円です。つまり10万借りたら4,000円は毎月返さなければならないということになります。

返済シミュレーションを活用しよう

最低返済額で返すのか、それとも少し多めに返していくのかで返済にかかる期間などが変わってきます。

どのくらいの金額をどのくらいの期間をかけて返済するかをシミュレーションできるのが返済シミュレーションですので、これも積極的に利用して見通しを立てましょう。

まとめ

ここではSMBCモビットで借り入れをした場合の金利や、お借入診断、返済シミュレーションといった審査や返済に役立つものについて以下を紹介してきました。

  • SMBCモビットで借りた場合の金利について
  • 無利息期間の有無
  • お借り入れ診断と返済シミュレーションについて

審査に通って借り入れができるようになったからといって、返済しきれないような金額の借り入れは控えなければなりません。

しかし、状況は常に変化するものです。現在はカードローン会社側が診断やシミュレーションを用意してくれているので、それを活用して返済計画を立てながら借り入れを行うようにしましょう。

カードローン


じぶん銀行カードローン
楽天銀行のカードローンバナー
  • auユーザーなら最大0.5%金利優遇
  • 2019年オリコン顧客満足度調査で銀行カードローン部門総合1位
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能