SMBCモビットは土日祝日や夜間も利用可能?営業日- 営業時間を徹底紹介

SMBCモビットは、三井住友グループの消費者金融です。WEB完結サービスは業界初のサービスで申し込みから借り入れまでのすべてをWEB上でできます。

このWEB完結サービスなら必要書類も画像取り込みで郵送物が一切なく、申し込みから契約までが最短30分で済みます。そんなSMBCモビットの営業時間などをご紹介します。

SMBCモビットの営業時間に関しては以下の通りです。

  • 土日祝日や夜間も利用することができるのはネットとスマホATMとローンカードのみ
  • ネットなら24時間いつでも申し込みができる
  • ローンカードは申込方法がWEB完結だと夜間利用は利用できない
  • 人が対応する場合は営業時間と営業日が決まっている
  • 担当者と相談したい、詳しい話を人の口から聞きたい場合は営業時間を調べてからでないと無駄足を踏む可能性がある

申込方法を選べるので、自分がどういうタイミングで利用したいかを考えてから申し込むとよいでしょう。

SMBCモビットで審査に通りやすくなるポイントは以下になります。

  • 申込内容を正確に記入する
  • 希望限度額を低めに設定する
  • 不明点はすぐに確認する

大きい額を借り入れたいと考えると思いますが、返済実績がない時点で希望限度額を高くしてしまうと審査に落ちる可能性が非常に高くなるので注意してください。

また、申し込みの内容は正しい情報であるかをしっかり確認しましょう。

SMBCモビットの営業時間

SMBCモビットのローン申込機の営業時間

SMBCモビットのローン申込機では、その場でSMBCモビットカードの申し込みとカード受け取りができます。

また、ローン申込機やローン契約機以外から申し込みをした場合でも、ローン申込機やローン契約機でカードの受け取りが可能です。

営業時間は設置場所によって異なっているので、ローン申込機あるいはローン契約機でSMBCモビットカードの申し込みを行いたい場合とカードの受け取りをしたい場合は、SMBCモビットの公式ページで希望する設置場所の営業時間を確認しましょう。

  • SMBCモビットのコールセンターのオペレーター受付時間 SMBCモビットのコールセンターでオペレーター対応をしてもらえる時間帯は朝の9:00~21:00となっています。

申し込みに関する問い合わせと利用に関する問い合わせでは電話番号が違うので注意してください。

コールセンターではいつでもSMBCモビットカードの申し込みが可能です。また、SMBCモビットカードについての詳しい情報を専門のオペレーターが説明してくれるので、機械だけでやるのは抵抗があるという人や、少しでも疑問が出たらすぐに質問したい人にとってはコールセンターにかけるのが一番よいかもしれません。

その他、利用に関することも説明してもらえます。各種サービスや契約後全般について聞くことができるので、わからないことがあれば営業時間中にコールセンターに電話してみましょう。

SMBCモビットはネットなら24時間申し込みを受付している

申込方法

SMBCモビットのカードローンに申し込む方法は、WEB申し込み、電話申し込み、ローン契約機からの申し込み、郵送での申し込みの4種類の方法があります。それぞれの申込方法のメリットをあげていきます。

WEB(インターネット)

10秒簡単審査ですぐに結果を受けられる 来店不要で振込融資を受けられる WEB完結申込利用で会社への電話連絡をなしにできる 24時間いつでも申し込める

電話

担当者と相談しながら申し込みができる 来店不要で振込融資を受けられる

ローン申込機

カードを使えば土日や夜間の借り入れも可能

郵送

機械の操作が苦手でも申し込める

4種類の申込方法には以上のようなメリットが存在します。融資を受けたい自分の今の状況と、自分に合った申込方法を利用して申し込んでみてください。

SMBCモビット利用の流れ

SMBCモビット利用の流れは、申し込みから審査、必要書類の提出と在籍確認、入会手続きを経て借り入れとなります。この審査はWEB完結申込だと10秒簡易審査となります。

あくまでも簡易審査ですので、それを受けただけで終わりということではありません。10秒審査に通ったら追加で情報を入力します。

その後確認連絡を受け、必要書類をアプリで提出し、本審査を受けます。その審査に通過したら入会手続きがあり、最終的にSMBCモビットから借り入れが可能になります。

借り入れする方法は、振込キャッシング、スマホATM取引、ローンカードの3種類です。振込キャッシングは平日の9:00~14:50まで可能で手数料は無料です。

ただし土日や夜間の借り入れはできません。スマホATM取引は24時間利用できますが、借入金額によって手数料がかかります。

また、利用できるATMはセブン銀行のATMのみとなります。ローンカードの場合、提携ATMの営業時間内は利用できます。コンビニATMなら24時間可能ということです。

こちらは三井住友銀行のATMであれば手数料は無料ですが、その他のATMですと借入金額によって手数料がかかります。このローンカードはWEB完結申込では利用不可です。

SMBCモビットの必要書類一覧

SMBCモビットに申し込む際、印鑑や担保、保証人は必要ありませんが、本人確認書類の提出が必須となっています。

また、審査の状況や希望契約の金額によっては収入証明書類の提出を求められることもあります。

本人確認書類

  • 運転免許証(表面記載に変更がある場合は裏面のコピーも必要)
  • 健康保険証(カードの場合は裏面コピーも必要)
  • パスポート(顔写真と住所のページ)

運転免許証の交付を受けている人は運転免許証の提出が必須となっていますので、有効期限などを確認し、コピーを取りましょう。

また、SMBCモビットで収入証明書類として認められるものもあげておきます。

収入証明書類

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細の写し

以上のものは収入証明書類として適応されます。ただし、給与明細の写しを提出する場合は、直近2ヵ月分を用意する必要があるので注意してください。

営業時間が厳しくてもSMBCモビットの審査に通ための対策ってあるの?

申込内容は正確に記入する

審査に通るためにはまず、申込内容を正確に記入する必要があります。間違ってしまったまま提出すると、嘘の申告と受け止められかねません。

そうなってしまうと、ただでさえ営業時間ぎりぎりで、厳しい状況で審査に通るのはまず不可能です。

書類というものは正確に記入しなければいけないものですので、うっかりミスを防ぐために慎重に記載しましょう。

時間が押していると焦ってしまうかもしれませんが、焦った結果間違いがあったら審査には通らないので、焦りすぎないようにしてください。

希望限度額を少なく設定する

借り入れをしてお金を用意したい場合、限度額は大きいほうがよいと考えるものです。しかし、はじめは低めの限度額を設定するほうがよいでしょう。

SMBCモビットは貸金業者であるため、貸金業法の規制の対象になっています。

そのため、貸金業法で定めている、収入の3分の1を超える借り入れはできないという測量規制に当てはまることになります。

SMBCモビットのような消費者金融の審査に落ちる人の中には、総量規制に引っかかって落ちている人も多くいます。

審査に落ちたというよりは、申込基準に当てはまらないので落とされてしまいます。実際の許容額は審査結果次第で希望額よりも高くなったり低くなったりするため、希望はあまり関係がないという意見もみられます。

しかし、審査に通らなければ何も始められないため、最初は希望限度額を少なめに設定しておくほうが無難でしょう。

不明点はすぐ確認する

審査の基準は明確にこれといったものがありません。ですから、不明点があればすぐに確認するようにしましょう。そのほうが手続きの漏れを防げます。

よくわかっていないまま、なんとなく進めてしまうと審査で落ちることに繋がります。時間がなくて焦ってしまう気持ちはわかりますが、だからといって不明点を疎かにしたままでは審査には通らないでしょう。

少しでもわからない、理解ができていないと感じたらすぐに確認して答えを明確にしましょう。

まとめ

ここではSMBCモビットの利用に関して以下のことをご紹介してきました。

  • 営業時間と利用可能時間
  • 申込方法別のカードローンの申込可能時間
  • 審査に通りやすくなるための注意点

借り入れには審査がつきものです。この審査を通るためには、ご紹介してきたものの他に、安定した収入を得ていますという証明が必要不可欠です。

「収入の安定=収入が多い」ということではないのでパートやアルバイトなどの雇用形態が不安定な職であっても借り入れは可能です。

大事なのは毎月安定して一定額の収入があることです。月々いくらなら返済できるかをしっかりと考えて申し込みましょう。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能