みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるために知っておくべきこと

みずほ銀行でも、カードローンを扱っています。メガバンクのみずほ銀行はすでに口座を持っている方も多いため、みずほ銀行カードローンはカードローンの中でも人気があります。

メガバンクという大きな規模を活かし、ネットで申し込みしてweb完結できる、即日融資できるなどの、利便性も確保しています。

ただ銀行系なので、初めて申し込みしようと考えている方には、敷居が高そうだと感じるかもしれませんが、実際内容や申し込み条件はどのようになっているのでしょうか?

お金を必要とする人は、即日融資でお金を借りたいと考えることもあるでしょう。

みずほ銀行でも以下の条件を満たせば即日借りられることもあるそうです。

  • みずほ銀行の口座を開設している
  • 口座振り込みでお金を融資してもらう
  • 平日の14時までは契約を完了させる

みずほ銀行口座への振り込みによって融資を受けることにより、銀行の中でも比較的すみやかにお金を借りることができます。

ただし、振り込みは、平日のみみずほ銀行は銀行は営業しているので、15時を過ぎるとすみやかな融資はかなり難しくなります

審査に時間がかかることもあるので、可能ならば14時ギリギリより、午前中に申し込みはした方が良いです。

またみずほ銀行の口座を持っていない方は、融資申し込みと同時に口座も開設するので、口座開設に時間がかかってしまいます。

事前に銀行の窓口に行くなどして、口座は事前に開設した方が、スムーズな融資を受けられます。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるための条件とは

みずほ銀行のカードローンは、銀行ならではの金利であり、利用者にとっては嬉しいでしょう。ただ利用するには条件があるので、それを満たさないとなりません。

みずほ銀行口座をすでに持っていれば即日借り入れができることも

カードローンを利用する方は、みずほ銀行の口座を開設します。口座を持っていない方は、カードローン審査通過と同時に口座開設です。

すでに口座を持っている方は、審査を受けるだけですので、運よく即日で審査回答されるケースもあるようです。

借り入れ方法としては、カードを使ってATMからお金を引き出すか、振り込みで融資を受けるかのどちらかです。

ATMを使っての借り入れでは、カードが手元にないと借りられないので、カードローンの契約後、自宅宛にカードを送ってもらい、手元に届いてからの利用となります。

そのために、ATMを使う場合は、借り入れまで時間がかかります。

これに対し、振り込みでの利用では、カードローン契約後、振り込みで融資を受けるので、素早く借り入れが行えます。

あなたの指定口座にお金が振り込まれれば、下ろすだけでお金を借りられます。

みずほ銀行口座を持っていないと借り入れに時間がかかる

みずほ銀行カードローンの申し込み方法にはいくつかありますが、最終的には、みずほ銀行の口座を開設し、開設完了して初めてお金を借りられます。

口座を持っていないような方は、カードローン申し込みと同時に、口座も一緒に開設します。

ただし、例えば郵送でみずほ銀行の口座開設を行うとなると、申込書の郵送をしないとならず、開設までは早くて3週間遅いと1ヶ月もかかってしまいます。

この時間を経て口座を開設後に、カードローン利用開始となり、時間がかかります。

早く口座を開設したいならば、事前にみずほ銀行の店頭に行き、窓口での口座開設が可能です。来店して窓口で口座開設すれば、その場ですぐに口座を作れます。

みずほ銀行カードローンで即日借り入れのために抑えておきたいポイント

みずほ銀行のカードローンで即日借り入れを行いたい方は、いくつか抑えるべきポイントがあります。

必ず即日で借りられると断言はできませんが、これらのポイントを守ることで即日借りられる可能性を高くできます。

みずほ銀行から即日融資を受けられる時間

即日借り入れを希望するならば、審査に時間がかかってはいけません。みずほ銀行では、平日の午前中に申し込みをした方は、その日に審査が行われることもあるようです。

平日の午後に申し込みした方は、審査結果の回答は翌営業日以降となります。

またみずほ銀行では、土日は営業していないために、土日に申し込みした方も、審査結果の回答は翌営業日以降となります。まずは平日の午前中に申し込みしましょう。

ただ即日借り入れをするならば、口座への振り込みによる融資が一番早く借り入れできます。

みずほ銀行は午後3時まで営業時間となるので、午後3時まで審査は終わらせないとなりません。

申し込みは店内で混雑しているときは、審査もそれだけ時間がかかります。

素早く審査を受けるためにも、午前中の申し込みでも、早い時間に申し込んだ方が良いです。

午後ギリギリだと、審査に時間がかかり、審査結果が午後3時以降になる可能性があります。

申し込みと審査にかかる時間

みずほ銀行のカードローン申し込み後は、審査が行われます。

審査結果は、早くても2時間から3時間かかり、メールで審査結果を伝えてくれます。

もしも何かしら、ドメイン拒否や迷惑メールへの振り分けにより、みずほ銀行カードローン関連のメールが届かない場合もあります。

そのような審査結果が届いていない方は、カードローン専用ダイヤルまで電話すると、結果を教えてくれます。2時間か3時間待っても連絡がこないなら、1度電話で確かめると良いでしょう。

みずほ銀行カードローンで即日でお金を借りるまでの流れ

みずほ銀行のカードローンでなるべく早く借り入れするには、押さえておくべき流れがあります。その流れに沿って申し込みして、お金を借りていきましょう。

みずほ銀行カードローンで即日で借り入れする手順

即日で借入するための手順は、以下の通りになっています。

申し込み

申し込み方法としては、web、銀行窓口、電話、郵送とあります。即日借り入れを希望する方は、webまたは銀行窓口で行い、午前中の早い時間に申し込みしましょう。

申し込みでは、申し込みフォームへの記入、または申込書への記入を行います。

審査

申し込み後は、審査が行われます。審査は早くても2時間から3時間かかるので、連絡がくるまで待ちましょう。審査結果はメールアドレス宛に通知されます。

振り込み依頼

みずほ銀行カードローンの審査に通過した後は、契約です。このときに振り込み融資の依頼をしましょう。

ただ振り込みはみずほダイレクトに加入している方のみ利用できるので、みずほ銀行カードローン利用と共に、加入しておきます。振り込み融資を受ける方でも、みずほ銀行からカードは発行されます。

即日借り入れるために準備すること

即日借りるチャンスを高めるために、以下の準備をしておきましょう。

口座を開設しておく

みずほ銀行の口座を開設していない状態で、カードローンを申し込むと、開設まで数週間かかり、即日借り入れができません。

そのために、カードローン申し込みまでには、口座は開設しておきましょう。

在籍確認を受けられるようにする

みずほ銀行のカードローンの審査では、在籍確認が行われます。在籍確認をしないと審査がとおることはありえません。

あなたの会社に電話して在籍を確認するので、会社であなたまたは社員の誰かが電話を受けられるようにしておきましょう。

出払って会社に誰もない、または会社が休みのときでは、在籍確認はできず、即日借り入れができません。

返済方法一覧

みずほ銀行での返済方法は以下の通りです。

自動引き落とし

毎月10日に、あなたの指定口座から利用残高に応じて、お金が引き落とされます。わざわざあなたからみずほ銀行に振り込んで返済する必要はなく、自動的に行われるので、手軽です。

AMT返済

みずほ銀行やコンビニのATMで、カードを使い返済します。返済といっても、カード宛に振り込む形となり、いつでも好きなときに返済可能です。

みずほダイレクト

みずほ銀行のネットバンクを使っての返済です。家にいながら返済できる便利な方法です。パソコンやスマートフォンを持っていれば、この方法が使えます。

まとめ

みずほ銀行のカードローンの内容や、即日借り入れするにはどうすれば良いかご紹介しました。カードローンの審査には時間がかかるので、平日の早い時間に申し込みすると良いでしょう。

また口座を開設しないと、カードローン申し込みと同時に開設となり、数週間かかってしまいます。

カードローン申し込みまでには、口座は開設しておきましょう。口座開設は、窓口に行くとすぐに行えます。

もしも、みずほ銀行のカードローンが厳しそうな人は、即日融資を明言している消費者金融の利用も考えると良いかもしれません。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。