みずほ銀行のカードローンは即日融資不可…最短で融資を受け取る方法

みずほ銀行カードローンを最短で借りる方法

すぐに融資を受けられる方法が知りたい!

審査に時間がかかるイメージがある…

銀行系カードローンは消費者金融と比較して低金利に設定されていますが、審査に時間がかかるというデメリットがあります。

審査に時間がかかる理由は、みずほ銀行とみずほ銀行指定の保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの2社で審査を行い、審査の際に警視庁のデータベースから暴力団情報の照会をしているためです。

みずほ銀行カードローンのみならず、他の銀行系カードローンも同様に申込後の審査に時間がかかるため即日融資を受けることはできません。

この記事では、みずほ銀行カードローンが即日融資できない理由や申し込んで最短で融資を受ける方法について解説します。

みずほ銀行カードローンが即日融資できない理由

みずほ銀行カードローンが即日融資ができない理由は、審査に時間がかかってしまうためです

審査に時間がかかってしまうのは、みずほ銀行とみずほ銀行指定の保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの2社で審査を行うためです。

また、一般社団法人全国銀行協会の「『銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ』を踏まえた 会員の取組み状況に関する実態調査」結果のまとめによると、以下の取り組みがされているのがわかります。

  • ウェブサイトおよびウェブ広告のランディングページから「最短即日利用可能」「最短即日審査」の表現を削除
  • ATM画面の動画から「30分審査回答、即日融資」の文言を削除。また、電車のドアステッカーへの掲載を取り止め
  • 「スピード審査」、「クイック審査」、「最短1時間で審査完了」の広告文言を削除
  • 「ローンカード最短翌日到着」の文言を削除

つまり、どの銀行系カードローンも最短即日融資は不可能なことがわかります。

このことを踏まえた上で次に、みずほ銀行カードローンを最短で利用する方法を紹介します。

みずほ銀行のカードローンを最短で利用する方法と借入までの目安

みずほ銀行カードローンを最短で利用できる方法はWEB(パソコン・スマホ)の申込方法です

しかし、この申込方法でも借入までは長ければ10日前後か、それ以上の時間がかかる可能性があります。

WEBでの申込の流れ

  • みずほ銀行の公式サイトから申込フォームに移動し、必要事項を入力して送信する
    https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html
  • 申告したメールアドレス宛に審査結果が届く
  • 必要書類登録用URLを確認し、メール記載の手順に従って手続きを行う
  • 契約完了のメールを受け取る
  • 手持ちのキャッシュカードで利用開始

※補足

  • みずほ銀行のキャッシュカードを持っていることが条件
  • 申込時に「キャッシュカード兼用型」を選択する

他にも「郵送」や「電話」、「来店」でも申込できますが、郵送でのやりとりや来店へ行く時間が発生するので上記の申込方法よりも融資開始までに時間がかかります。

申込方法についての詳しい内容は公式サイトを参照してください。

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/apply/index.html#flow

次に、最短即日で借入可能なカードローンを紹介します。

最短即日で借入できるカードローン

金利などの条件は銀行系カードローンの方が有利ですが、即日に借入ができないため、今日中にお金が必要な人にはおすすめできません

消費者金融系のカードローンであれば、最短即日融資が可能で初回契約の場合、30日~180日の無利息期間もあります。

最短即日で借入ができる消費者金融の代表的なカードローンは、次の5つです。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

それぞれの審査時間、借入限度額、金利、無利息期間の比較は以下の通りです。

金融機関 利用開始までの時間 限度額 金利 初回契約なら無利息期間
アコム 最短即日 10万円~300万円 年3.0~18.0% 30日間無利息
アイフル 最短即日 1,000円~800万円 年3.0~18.0% 30日間無利息
プロミス 最短即日 1万円~500万円 年4.5~17.8% 30日間無利息
SMBCモビット 最短即日 1万円~800万円 年3.0~18.0% 無し
レイクALSA 最短即日 1万円~500万円 年4.5~18.0% 30日間、5万円まで180日間無利息

しかし、スピードだけでなく金利や初回の無利息期間なども考える必要があります。自分にとって最適なカードローンとは何かを上記の表を使って検討してみましょう。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入・返済可能
プロミス
  • 初めての契約なら30日間無利息
  • 土日含めて24時間365日振込可能
レイクALSA
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し

※1
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※2
ご契約額が1~200万円の方が対象です。

まとめ

銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも最高金利が低めに設定されているため、利息の負担を減らしたいのであれば銀行カードローンの方が有利です。

しかし、みずほ銀行をはじめとする銀行のカードローンは、即日で借入ができないため、今日中にお金を工面したい人にとっては不便に感じてしまうでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、最短即日融資にも対応しているので、すぐにお金を用意したい人に向いています。

融資を急いでいる場合は、アコムやレイクALSA、プロミスといった消費者金融のカードローンを選択肢に含めることをおすすめします。

クレジットカード・カードローン


アコム
  • 初めての利用で30日間無利息
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
プロミスレディース
  • Web完結来店不要
  • 24時間振込可能