みずほ銀行カードローンの在籍確認を避ける方法はある?

大手銀行であるみずほ銀行は、カードローンでのお金の貸し出しも行っています。

保証人なしで気軽に借りられるカードローンですが、審査には職場の在籍確認が必ず含まれます。この記事では、みずほ銀行による在籍確認の手順を詳しくご説明します。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は避けられない

みずほ銀行など、金融機関からお金を借りるにあたって避けられないのが在籍確認。職場の人に借金の事実が知られてしまうのではないか、と不安になる方も多いようです。

残念ながら、みずほ銀行カードローンを利用する場合は、以下の点に気をつける必要があります。

  • 在籍確認を避けることはできない
  • 借入限度額が少額であったり、みずほ銀行で既に口座を持っていたりする人に対しては職場への電話がない場合もある
  • 個人の希望で在籍確認を省略することはできない
  • 書類のみでの審査は行っていない

在籍確認の電話を受ける上で、知っておくべきポイントは以下の通りです。

  • 保証会社のオリコから電話での在籍確認がある
  • 電話口でカードローンの審査の件や、銀行名などをいわれることはない
  • 電話をとった人に知られてしまう可能性は極めて低い
  • 派遣社員だと派遣元にかかってくる

この記事では、みずほ銀行カードローンの在籍確認の詳しい内容や会社の人に怪しまれない方法などを解説していきます。

みずほ銀行カードローンに在籍確認はある

みずほ銀行カードローンではほぼ必ず行われる電話での在籍確認ですが、どこからどのタイミングでかかってくるのでしょうか?

保証会社のオリコから電話での在籍確認がある

みずほ銀行カードローンでは保証会社がオリコなので、オリコから在籍確認をされると考えましょう。

保証会社とは

銀行系のカードローンは、担保や保証人なしでお金を借りることができる場合がほとんどです。

もしも家族や知り合いに保証人を依頼する必要があれば、自分で返済できなくなったときに借金の肩代わりをさせることになってしまいます。

そのような事態を避けるために、ローンのサービスを提供する金融機関は、保証会社に保証を依頼しています。

つまり、保証会社とは、借り入れをした人が返済できない場合に借金の返済をする保証人としての役割を果たしているのです。

ただし、保証会社は安易にそれを引き受けるわけではありません。お金を借りたい人にきちんと返済能力があるかを審査し、通過した場合に限り保証を引き受けます。

そのため、みずほ銀行カードローンの利用条件には、保証会社による保証を受けられることも含まれています。

みずほ銀行の保証会社、オリコに聞かれる内容

みずほ銀行カードローンの保証は、株式会社オリエントコーポレーションが行っています。

ローンの申し込みが入ると、オリコは融資ができるか否か、可能ならいくらまで融資できるかを審査結果に基づいて決定します。

ローンを申し込むときに、勤務先の住所や連絡先、勤続年数、年収などが聞かれますが、それが事実であるかを確認するために、在籍確認が行われます。

みずほ銀行カードローン申し込み後の在籍確認のタイミング

在籍確認が行われるタイミング

在籍確認を含め、カードローンの審査が行われるのは、平日のみです。ですから、土日に申し込んだ場合、審査は翌営業日に持ち越しになります。

また、実際の利用開始まで2週間程度必要になることも覚えておきましょう。

オリコからの電話内容 みずほ銀行カードローンの審査および保証は、オリエントコーポレーションが実施しており、在籍確認の際もオリエントコーポレーションから電話がかかってきます。

在籍確認で職場に連絡がくるときは、「みずほ銀行」や「オリエントコーポレーション」などの企業名ではなく、個人名で電話をしてきます。

職場によっては個人名では不自然なので銀行名でかけて欲しいという方もいるかもしれませんが、そのような要望には対応していないようです。

また、在籍確認では、電話を受けた人が用件を尋ねても、カードローンや融資の審査などの具体的な内容に一切触れることはありません。

また、勤続年数や雇用形態など踏み込んだ質問をしてくることもなく、あくまでその会社に在籍していることを確認するだけです。

派遣社員だと派遣元にかかってくる

派遣社員として働いている人の場合は、少し複雑な流れになってしまうことがあります。なぜなら、カードローンの申し込み時には派遣元の会社を入力しますが、実際の勤務地は派遣先だからです。

また最近では、派遣会社が個人の勤務先などの情報を第三者に教えることができないことも多いので、派遣社員の人は事前にみずほ銀行に相談してみるとよいでしょう。

もしどうしても在籍確認ができなかった場合は、他の金融機関からの融資を検討してみてください。

多くの金融機関では在籍確認が審査の条件になっていますが、特別な事情がある場合は、電話以外の手段で審査を進めてくれるところも見つかるかもしれません。

みずほ銀行カードローンの在籍確認を避けることはできない

保証会社から職場に電話がかかってくるのを避けたいという方も多いと思いますが、残念ながらみずほ銀行でカードローンを申し込む場合は、在籍確認を個人の希望で省略することはできません

みずほ銀行カードローンの在籍確認は少額の借り入れ申し込みでもある

みずほ銀行カードローンでは、審査の際には必ず在籍確認が行われ、これは少額の借り入れでも同じです。

まず申し込み後に本人確認の連絡が携帯電話や自宅の電話に入り、その後に勤務先に在籍確認の電話が来ます。みずほ銀行カードローンは、在籍確認なしで借り入れることはできません。

キャッシングやカードローンの多くの審査では、職場への在籍確認が義務的に行われています。銀行から借りる場合も必ず行われると思っておきましょう。

電話が来たときに本人が会社にいる必要はありませんが、もしも本人がいれば、簡単な確認が行われることもあります。

多くの場合、職場の在籍確認は審査の終盤で行われるので、その電話が入れば審査通過までもう少しであることがわかります。

書類での在籍確認はある?

みずほ銀行が不要であると判断した場合は、在籍確認なしで審査に通ることもあります。既にみずほ銀行の口座を持っている方や、借入額が少ない場合、年収に対する限度額が小さいときなどは、電話がない場合もあるようです。

しかし、その判断をするのはみずほ銀行で、契約者から在籍確認の省略を希望することはできません。

また、みずほ銀行が審査の代行を依頼しているオリエントコーポレーションは、書類など、電話以外での審査は行っていません。会社の休業日や週末を挟む場合は、翌営業日に在籍確認の電話がきます。

職場の人に怪しまれないみずほ銀行カードローンの在籍確認対策

カードローンを申し込んだ方でもっとも多い不安材料は、借り入れの事実を職場に知られてしまうことでしょう。

先ほどご説明した通り、在籍確認の電話では銀行名やローンのことは一切触れないので、職場の人に知られてしまう確率はかなり低いといえます。

ただし、会社によっては個人名で外部から電話がかかってくるということ自体が不自然に思われてしまう場合もあるかもしれません。

そこで、電話をとった上司や同僚に聞かれたときの言い訳を考えておきましょう。無難な例としては、保険会社の勧誘、アンケートに職場の番号を書いた、交流会で会社の名刺を渡した、などが挙げられます。

みずほ銀行のカードローンは、パートやアルバイトの人でも安職場に在籍確認の電話はかかってきます。

パートやアルバイトの人は、職場で電話に受け答えする機会は比較的少ないので、なるべく電話の近くで仕事をしたり、率先して電話をとったりすると、怪しまれずに済みます。

また、子どものいる方は、送り迎えや体調不良など子どもに関する言い訳を考えておくのも効果的です。

みずほ銀行カードローンの在籍確認の目的

みずほ銀行が在籍確認のときに確認する内容や注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?

在籍確認の目的はみずほ銀行カードローンの申込条件の確認

みずほ銀行カードローンを申し込める条件にはこれらがあり、その確認のために本人確認や在籍確認が必要になります。

  • 20歳以上、66歳未満
  • 安定した収入がある
  • 外国籍の場合は、永住許可を得ている
  • 保証会社で保証を受けられる

この中で、年齢や国籍などは免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類で確認できます。

ただし、安定かつ継続した収入の有無は、勤務先の情報を参考にしなければわかりません。

そこで、申し込み時に勤務状況について虚偽の申告をしていないか、本人が実際にそこで働いているかを確認するために、勤務先に確認する必要があるのです。

みずほ銀行カードローンの審査で注意すべきこと

みずほ銀行のカードローンの申し込み時に勤務先を入力しても、実際にはその直前にその会社を退職して現在は無職だったり、病気や育児休暇などで長期休業中だったりする場合も考えられます。

このような内容も審査に影響を与えますが、在籍を確認するための電話ではそこまで聞かれることはありません。

みずほ銀行カードローンなどの借り入れ審査で注意したいのが、職場の在籍確認ができたとしても、それだけで審査に通るというわけではないということです。

信用情報機関の登録内容や過去の審査結果なども考慮して総合的に判断されます。

たとえ年収が多く安定していても、他社での借り入れが既にあったり、返済が頻繁に遅れたりする人や、過去に自己破産を経験している人などは審査に通りにくくなります。

まとめ

この記事では、みずほ銀行カードローン申し込み後の審査で行われる職場への在籍確認について以下の点をご説明しました。

  • 在籍確認で聞かれる内容
  • 在籍確認のタイミング
  • 職場の人に怪しまれないための対策
  • みずほ銀行カードローンの審査基準

会社の人に借り入れの事実が勘付かれてしまうリスクがあるので不安に思ってしまう利用者もいるようです。

しかし、在籍確認は審査の最終段階で行われることが多いので、職場への連絡が入れば審査通過まであと少しだということです。

この記事を参考に、ご自分の雇用形態や経済状況に見合った金融機関が見つけられるといいですね。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。