みずほ銀行カードローンを利用したいが、金利って高いの?

給与口座としても利用している人の多いみずほ銀行ですが、カードローンにも定評があります。

銀行窓口に行くことなく24時間WEBで申し込み受付をしており、審査が通れば普通預金のキャッシュカードでも借り入れが可能と手軽さが人気です。

しかしみずほ銀行カードローンの金利やATM手数料、審査に関してあまり知らずに申し込みをして審査落ちしてしまったりする人もいます。

みずほ銀行ならではのメリットや、みずほ銀行カードローンを利用する上で知っておきたいことにはどんなものがあるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの金利

みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行に口座があることが前提となっているので、口座がない場合は申し込み時に作成します。

借り入れの申し込みをするときに、利用限度額を高めにすると審査に通りにくいため、借り入れの際は自分が必要としている金額にすることで返済期間を短くしやすいです。

みずほ銀行カードローンの主な特徴には次のようなものがあります。

  • カードローン専用のカードとキャッシュカード兼用のカードがある
  • キャッシュカード兼用のカードだと自動貸越し機能を使うことができる
  • 金利は年2.0%~14.0%
  • 「残高スライド方式」で借入額によって支払い金額が変わる
  • 公式式サイトにある「返済シミュレーションページ」から返済のシミュレーションを行うことができる

みずほ銀行カードローンは少額の利用に向いているので、入院や結婚式など急な出費のときなどに利用しやすいので、少額の借り入れを考えているのであれば、みずほ銀行カードローンが便利です。

みずほ銀行カードローンの金利や特徴

まずはみずほ銀行カードローンの金利や特徴をみると、みずほ銀行ならではのメリットを見出すことができるでしょう。

銀行ならではの金利で安心

みずほ銀行の金利は年2.0%~14.0%となっており、借り入れ限度額に応じて金利は変動しますが、消費者金融大手の金利相場は18%となっていますので、みずほ銀行カードローンに方が利用しやすいのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンは変動金利となっており不定期に金利を見直しすることがあるので、利用前に金利を確認しておく必要があります。

みずほ普通預金のキャッシュカードを使える

みずほ銀行カードローンを利用するには、「みずほ銀行に普通預金口座がある」ということが前提条件になっているため、みずほ銀行に口座がない場合は申し込み時に作成する必要があります。 みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の普通預金口座のキャッシュカードで融資を受けることが可能です。

家族や知り合いなどにカードローンを利用しているのを知られたくない場合は、みずほ銀行に口座を作り、普通預金口座のカードでカードローンを利用することで周囲に不用意に知られることもないです。

もちろんカードローン専用のカードも希望すれば発行してもらうことができますが、カードローン専用のカードが手元に届くまで2週間前後かかります。

みずほ銀行カードローンを利用するためのカードが手元に届かないと借り入れすることができないので、急いでいる場合にはおすすめできません。 カードローン専用とキャッシュカード兼用カードは自動融資や自動振替サービスは申し込みをする必要があり、カードローン専用の場合は自動貸越し機能は使えません。

しかし、みずほ銀行のキャッシュカード兼用タイプなら、自動貸越し機能は申し込みなしで利用することができます。 自動貸越し機能とはキャッシュカードで口座からお金を引き出す際に、残高が不足している場合に、カードローン利用限度額範囲内で自動で不足分を貸越し、お金を引き出すことができる機能です。

例えば、みずほ銀行の普通口座から5万円引き出そうとしたとき、口座の残高が3万円だった場合、カードローンから自動で不足分の2万円を借り入れするものです。

みずほ銀行ATM時間外手数料などが無料になる

みずほ銀行カードローンを利用すると、みずほ銀行ATMの時間外手数料やみずほ銀行本支店あての振込手数料が月4回まで無料になります。 ただし手数料が無料になるのは、「みずほ銀行に口座がある場合」だけなので、みずほ銀行に口座を持っていない人は、みずほ銀行で普通預金口座を作る必要があります。

またみずほ銀行に口座がある場合でも、「みずほマイレージクラブ」に加入している状態で、月末にカードローンの借入残高があるときは、翌々月の取引でATMの手数料が無料になります。

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンの利用を考えているのであれば、申し込みをする前に一度返済のシミュレーションを行ってみることをおすすめします。

みずほ銀行のカードローンは利用限度額で金利が異なる

みずほ銀行カードローンの金利は利用限度額が低いほど高くなり、利用限度額が高くなるにつれ金利が低くなります。

  • 利用限度額10万円~100万円:年14%
  • 利用限度額100万円~200万円:年12%
  • 利用限度額200万円~300万円:年9%
  • 利用限度額300万円~400万円:年7%
  • 利用限度額400万円~500万円:年6%
  • 利用限度額500万円~600万円:年5%
  • 利用限度額600万円~700万円:年4.5%
  • 利用限度額700万円~800万円:年2%

みずほ銀行のカードローンの特徴として、「住宅ローンは一般のカードローンよりも0.5%金利を引き下げている」というものがあるので、住宅ローンを検討している人は、みずほ銀行で借りることも考えてみることをおすすめします。

みずほ銀行カードローンで10万円・100万円借りた場合の返済シミュレーション

それではまず簡単に、みずほ銀行カードローンを利用したときの返済シミュレーションをしてみます。

借り入れ限度額100万円の人が10万円を年14%の金利で、12回払いで借りた場合

毎月の返済額:10,000円 利 息:8,274円 返済総額:108,274円

利用限度額100万円の人が100万円を年14%の金利で45回払いで借りた場合

毎月の返済額:30,000円 利 息:292,977円 返済総額:1,292,977円

みずほ銀行の公式サイトでは、返済シミュレーションのできるページがありますので、気になる人は公式サイトでシミュレーションしてみることをおすすめします。

みずほ銀行カードローンの金利に関して知っておきたいこと

みずほ銀行のカードローンを利用する際に、金利や借り入れ限度額について知っておいたほうがよいことがいくつかあります。

借り入れ限度額が低いと金利が高くなる

みずほ銀行カードローンの金利は「実際に借りる金額」ではなく、「利用限度額」によって変わっていきますが、この利用限度額は申し込む人が決めるのではなく、みずほ銀行が収入や審査状況などから判断して決定します。

最低利用限度額10万円なら金利は年14%と高くなっており、最高利用限度額の800万円では2.0%と、利用限度額が低いと金利が高いという仕組みになっています。

借り入れ限度額を高めに申し込むと審査に通過しづらくなる

みずほ銀行カードローンの申し込みをするとき、借り入れ限度額を高く設定してしまうと審査に通りにくいという傾向があります。 借入金額を高く設定してしまうと、それだけみずほ銀行がお金を貸すときのリスクが大きくなるので、審査に通りにくくなってしまうのです。

そのため最初に低額で申し込みをしたほうが審査に通りやすくなるので、カードを作った後から、借り入れ限度額の増額を行うほうが審査に通りやすくなるので、可能な場合はなるべく低い限度額で借り入れの申し込みをしたほうがよいです。

借り入れる際は借りたい金額に足りるだけの少ない借り入れ限度額に設定すべき

みずほ銀行カードローンは少額だと金利が高いため、借り入れ限度額を高く設定してしまう人もいますが、借り入れの際には、自分が借りたい金額に足りる限度額にしたほうが、審査通過率も比較的高いと言われます。

無理に高い限度額を希望しても、収入や他社からの借り入れがある場合などはみずほ銀行側で低額の限度額に設定されることもあります。

また不必要に高い利用限度額を設定してしまうことで、ついついお金を借りてしまい気づけば借金が膨れ上がっていた、なんてこともあるので借入額は必要最小限にとどめておくことをおすすめします。

金利は高くでも、少額の借り入れになればなるほど返済期間が短くなり、負担が小さくなる。

みずほ銀行は利用限度額が低いと金利が高くなりますが、「残高スライド方式」となっているため、利用残高に応じて返済額が変動します。 少額借り入れの場合、残高が少なくなれば支払い金額も少なくなり余裕があるときに繰り上げ返済も可能なので、支払い回数を減らし支払う利子を減らすことも可能です。

まとめ

みずほ銀行カードローンは大手銀行の中でも、比較的金利が安いカードローンで、借り入れ限度額が小さいと金利は大きくなりますが、支払い方法に「残高スライド方式」を取り入れているため、残高が少なくなってくれば毎月の支払いに余裕がでてきて繰り上げ返済もしやすいです。

みずほ銀行カードローンは高額の借り入れよりも、少額の借り入れに向いているカードローンなので、少額の借り入れを検討しているのであれば、みずほ銀行カードローンも検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能