アコムなら無利息で利用できる!初めての方向けの金利と利用法を解説

アコムでお金を借りるにしても、気になることは金利でしょう。金利が高いほど利息も高くなり、返済額も高くなります。

その中でも、いくつかの消費者金融で、無利息サービスを扱っており、アコムでもこのサービスはあります。

その名前の通り、無利息でお金が借りられるサービスで、アコムの場合は30日間無利息となっています。

このような無利息サービスを利用すれば、利息を減らすことが可能であり、ここでは具体的なサービス内容について紹介しています。

アコムの金利は、借入額ごとに違いがあります。実質年率は、3.0%から18.0%ですが、以下のように借入額ごとに設定されています。

契約極度額(限度額)  貸付金利(実質年率)

  • 501万円~800万円 3.0%~4.7%
  • 301万円~500万円 4.7%~7.7%
  • 100万円~300万円 7.7%~15.0%
  • 1万円~99万円 7.7%~18.0%

借入限度額が低いほど金利は高くなり、逆に借入限度額が高いほど金利は低くなります

また、銀行系カードローンと比べると、若干金利は高いことが多いといわれています。

さらに初めて利用する方は、信用度がまだあまりないので、それほど多くの借り入れができないことがあり、金利は高くなる傾向にあります。

アコムの金利はいくら?

アコムは、無利息サービスを提供していますが、通常の商品に対しては、金利を設定しています。

これは無利息サービスを利用するにしても、利用しないにしても、契約者はこの金利が適用されます。まずはどれぐらいの金利になっているのか、その範囲を見てみましょう。

アコムの貸付利率(実質年率)

アコムのメイン商品となる、カードローンの実質年率は、3.0%から18.0%です。

これは契約金額に応じて変化しており、契約額が高いほど、金利が下がるように設定されています。具体的な金利は、以下の通りです。

契約極度額(限度額)  貸付金利(実質年率) 501万円~800万円 3.0%~4.7% 301万円~500万円 4.7%~7.7% 100万円~300万円 7.7%~15.0% 1万円~99万円 7.7%~18.0%

このようになっており、アコムの最高契約限度額は800万円で、501万円~800万円での契約が、1番金利が低くなっています。

また100万円以下の契約の方が1番金利が高く、この金額範囲の契約では、10%以上の金利になる方が多いです。

他社との比較

アコムとアイフルとプロミスと、大手3社の金利を比較してみましょう。

消費者金融 金利(実質年率)  借入限度額 アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 アイフル 3.0~18.0% 最大800万円以内 プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円

金利と借入限度額は、このような関係になっています。

通常契約額が低いほど、適用金利は高いです。3社の最大金利を見ると、プロミスが0.2%低くなっているがわかります。

その反面プロミスは最低金利が4.5%と、他の2社より1.5%高くなっています。このために、いくら借りるかによって、どの消費者金融が有利なのかが変わってきます。

アコムの金利負担を減らす方法や条件

アコムでお金を借りるならば、金利負担を減らしたいと思うものでしょう。金利負担を減らすには、どのような方法があるのでしょうか?

アコムの初めての利用で契約翌日から30日間無利息で借りられる

アコムで使える方法というと、30日間金利0円という名前のサービスです。

これは契約の翌日から30日間は無利息となっており、その期間中は一切金利は発生しません。たとえば、3月1日に契約すれば、翌日から30日間の3月31日まで無利息期間です。

ただ注意しないといけないのは、契約の翌日から無利息期間は自動的に開始されるということです。

先ほどの例で3月1日に契約し、もしも3月10日に初めてお金を借りたとしても、無利息期間はすでに9日経過しており、3月31日になると、自動的に無利息期間は終了します。

また、もしも無利息期間後も契約が続けば、その後は借入金額に応じて利息は発生します。

この無利息サービスを利用するには、条件があります。

まずはアコムで初めて契約を行う方のみとなり、佳子に1度でも利用したことのある方は、無利息サービスは使えません。

昔利用したことがあり、いくら長い時間が経っていても、そのような方は利用できません。

アコムのカードローン以外の商品を使ったことがある方も、無利息サービスは利用できません。

さらには、返済期日を35日ごとに設定した方が、無利息サービスを使えます。

アコムでは、返済期日を毎月指定する方法と、35日ごとの2つあります。この中で、無利息サービスを使いたい方は、35日ごとに設定します。

これは、前回の返済から35日後が次回の返済期日となる、返済方法です。

借り入れのタイミングによっては2回目以降も無利息に

30日間の無利息サービスは、30日間けて返済していっても、その期間の中で何度も借入と返済を行っても構いません

たとえば、3月1日にアコムと契約し、翌日から無利息期間になり、3月31日に無利息サービスが終了するとします。

契約日に5万円借りて、3月10日返済する、そして3月11日にまた5万円借りて3月31日返すなどとい使い方も可能です。

または、契約日に5万円借りて3月11日にさらに10万円借りて、3月31日に15万円全額返済するというような使い方もできます。

30日間の無利息期間をうまく利用すれば、2回目以降も無利息でお金を借りられます。

100万円以上の限度額なら金利〇%になる

アコムでのお金を借りた場合、100万円以上の限度額では、金利は以下のようになっています。

契約極度額(限度額)  貸付金利(実質年率) 501万円~800万円 3.0%~4.7% 301万円~500万円 4.7%~7.7% 100万円~300万円 7.7%~15.0%

たとえば、100万円借りれば適用金利は、7.7%~15.0%です。

ただ注意しないといけないのは、7.7%~15.0%となっていますが、多くの場合は100万円だと15%の金利になることが多いです。

利息を少しでも減らしたいとなれば、ここで無利息サービスの登場です。アコムとの契約の翌日から30日以内に、できるだけ多くお金を用意し、返済しておくのです。

こうすることで、利息なしでその期間はお金を返すことができ、返済したお金はすべて元金返済に充てられます。

アコムの無利息期間を利用する際の注意点

アコムの無利息期間を利用するには、初めての利用の方、そして返済期限を35日間に設定する方に限られます。

返済期限が35日間なので、その期間を待っていては、30日目以降は利息が発生します。

この返済期限35日というのは、この中でいつでもお金は返して構わないので、無利息期間の30日の間に完済しても良く、そうすると利息なしでお金を借りられます。

ただ無利息サービスを利用するにしても、注意しないといけない点があるので、気をつけましょう。

無利息期間でも収入証明書が必要なケースもある

アコムを利用するときは、借入希望額が50万円以下である、または他社と併せて100万円以内である場合は、通常収入証明書の提出は不要です。

しかし場合によっては、提出を求められることもあります。それは申告した収入内容に不備がある、または疑問があるようなときです。

あまりにも仕事内容が不明確である、虚偽の申告をしている可能性がある、このような場合は、借入希望額がいくらでも、収入証明書を求められます。

他社からの借り入れがあってもアコムが初めてなら無利息

無利息サービスの利用条件としては、1つにアコム利用が初めてであるということです。これは消費者金融の利用が初めてということではなく、アコムに限った話です。

そのために、他の消費者金融を利用したことがあるような方でも、アコムは初めてであれば、無利息サービスは利用可能です。

アコムをすでに佳子に1度でも利用したことのある方は、利用不可です。

まとめ

アコムの無利息サービスの内容と、利用方法についてご紹介しました。

これは、30日間という制限のある無利息期間のサービスですが、うまく利用すれば、利息なしでお金を借りることも、または利息を減らすこともできます。

無利息サービスは、通常のカードローンと同じように、一定額以下の借入希望ならば、収入証明書は必要なく利用できます。

30日間で返済できるような金額を借りる方などには、適しているサービスといえるでしょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。