アコムの借り入れに必要な書類は? 申し込み手順も解説

アコムだけでなく、カードローンを初めて借りるときは身分を証明する書類や、きちんと支払いができるという証明のため収入証明書類などを審査のために提出する必要があります。

アコムに借り入れる際も例外なくこれらの書類は必要になりますが、一体どんな書類が必要なのか、申し込み手順は面倒なのかと疑問を持つ人もいます。

アコムの新規借り入れの手続きに必要な書類は、用意するのが簡単なものが多く、アコムは申し込み手順もシンプルなのでどなたでも申請しやすいです。

今回はアコムの借り入れに必要な書類や、申し込み手順について解説していきます。

アコムで最初に借り入れを行う際は、借り入れする本人かどうかを確認するために、次のような本人確認書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

顔写真入りの物がない場合や、提出した書類と現住所が異なる場合は上記の書類どれかひとつに加えてこの3つの中のどれかひとつが必要になります。

  • 住民票
  • 納税証明書
  • 公共料金の領収書

アコムでの借り入れで50万円を超える場合や、他社との借り入れの合計が100万円を超える場合は、支払い能力があることを証明するために次の「収入証明書」をひとつ提出する必要があります。

アコムの必要書類の種類

アコムでお金を借りるには、借入を希望する人物が本人であるかどうかを確認するために、本人であることを証明できる書類が必要です。

原則顔写真付きなら使用可能

原則的に本人確認の書類は、初めてアコムを利用する人は必ず提出しなければなりません。

本人確認書類は「顔写真付き」という条件が付き、代表的な本人確認書類には運転免許証や顔写真付きのマイナンバーカード、パスポートなどがあげられます。

本人確認書類は発行されてから6ヵ月以内の書類が提出可能です。

現住所の分かる書類でも代用可能

アコムも、本人確認書類で顔写真の付いていない健康保険証などを提出する場合や、運転免許証などに記載されている住所が現住所と異なる場合は、さらに住所が分かる書類がひとつ必要となります。

  • 住民票
  • 公共料金(電気- ガス- 水道- 電話- NHK- 固定電話)の領収証
  • 納税証明書

これらの書類も本人確認書類と同じく、発行日や領収日から6ヵ月以内に発行されたものに限ります。

必要書類とアコムへ書類の提出が必須になる条件

アコムで借り入れするときに、「収入証明書」の提出が必要になる場合がありますが、収入証明書として認められている書類は次のようなものがあります。

  • 市役所で発行してもらえる所得証明書
  • 税務署で発行する納税証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細(1~2ヵ月分。賞与がある場合は直近1年分の賞与証明書も提出)
  • 市民税や県民税の税額決定通知書
  • 確定申告書(第一表)

収入証明書はどれも最新のものが必要となり、収入証明書の提出が必要になるケースは大きく分けて2つあります。

アコムの申し込みで収入証明書が必須になるケース

アコムでは借り入れするときに「収入証明書」が必要になるケースで一番多いのが次の3つです。

  • 50万円以上の借り入れをする場合
  • 他社との借り入れ金額とアコムでの利用限度額の合計が100万円を超える場合
  • 収入証明書を提出してから3年以上経過してしまっている場合

他社との借り入れには、他の消費者金融はもちろん、クレジットカードでのキャッシングやカードローンが対象になりますが、クレジットカードでのショッピングは対象から外されています。

大きな金額を借り入れしたいときや、他社ですでに借り入れがある場合は事前に収入証明書を用意しておいたほうが、手続きがスムーズに進みます。

自営業者- 個人事業主の場合

アコムでは、貸したお金を借りた本人がきちんと返済する能力があるかどうかを審査の基準にしています。

自営業者や個人事業主の場合、収入が不安定になることが多く、雇用保険などに加入できないことから、アコムでは一般の会社員よりも収入が不安定と考えているのです。

しかし事業の規模や、確定申告時の年収、勤務年数などから安定している収入があり、きちんと返済することができると認められれば借り入れは可能です。

そのため借入金額にかかわらず、収入証明書を提出して返済能力があることを伝える必要があります。

アコムに必要書類を提出する方法

アコムで借り入れ契約をするための必要書類の提出方法は4つあります。

それぞれ特徴がありますが、急いでいるのであればインターネットか自動契約機、窓口での提出をおすすめします。

書類を提出する際、「マイナンバー」が書かれているときは、マジックなどでマイナンバーの部分を塗りつぶして提出しましょう。

インターネットで必要書類をアップロード

インターネットで本人確認書類や収入証明書を送付する場合は、次の3つの方法で必要書類を提出することになります。

  • スマートフォン
  • PC
  • 携帯電話(docomoのみ)

書類は事前にスマホで撮影したり、スキャンしたりして画像を用意しておきましょう。

PCでアップロードする場合は、審査が通り会員ページに入れるようになってから、自分の会員ページから書類をアップロードします。

スマホで撮影した画像をアップロードする場合は、アコムの公式ページにあるスマホアプリをダウンロードしましょう。

公式ページからダウンロードしたアプリを利用すると、書類を撮影してそのままデータを送信することができます。

店舗窓口- 自動契約機へ持参

アコムの営業時間内であれば、店頭で手続きを行ったときに必要書類を提出すればOKです。

自動契約機「むじんくん」での手続きの場合は、画面の指示に従って手続きを行い、読み取り画面に書類を置いて画像を撮影することで必要書類の提出が終わります。

平日なら在籍確認も比較的早く行うことができるので、当日融資希望の場合は窓口や自動契約機で手続きをおこなえば、審査が通り次第すぐにカードを発行してもらえます。

FAXで送信

本人確認書類や収入証明書はFAXでも、24時間年中無休で受け付けています。

自宅にFAXがない場合はコンビニや、FAX送信アプリなどを使用して送ることができますが、FAXの読み取り状態によっては、文字や顔写真がつぶれてしまうことがあるので注意が必要です。

書類送付の際は余白に会員番号を記入する必要があります。

郵送

アコムは、本人確認や収入証明書を郵送で送ることもできますが、市販の封筒ではなく店舗に設置されている専用の封筒で必要書類のコピーを郵送する形になります。

そして郵送で書類を送る場合もFAXで送るのと同じように、余白に会員番号を記入する必要があります。

いちいち店舗に足を運ばなければならないので、郵送するくらいならアコムの店舗の窓口で申し込みを行えば、審査が通ればその場でカードの発行も行ってもらえるので、郵送で送るメリットはありません。

まとめ

アコムで最初に借り入れするときの本人確認書類の提出は避けることができません。

また借入金額によっては収入証明書を提出しなければ、融資を受けることができないので必要書類は手続き前に事前にそろえて内容を確認しておきましょう。

個人事業主や自営業者の場合は、返済能力があることを証明するために、金額問わず収入証明書を提出したほうが借り入れしやすくなります。

提出書類に記載されているマイナンバーは審査に不要なので、記載されている場合は塗りつぶして提出しましょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。