急にお金が必要になった!そんなときはカードローンがおすすめ。

結婚式やお葬式、もしくは何かほしい家電があった場合など、急にお金が必要となることがあると思います。貯金がないと、急に資金を用意するのは難しいと考えてしまう方が多いと思いますが、実はアルバイトの方でも可能性は残っています

それぞれの方法でどのくらいの金額を借りられるかと、デメリットはあるのかなどをご紹介します。

急にお金が必要になった場合は、以下の方法があります。

  • 家族や友人に借りる
  • 日払いのアルバイトをする

しかし、期間が短いとアルバイトもできないし、急に借りるのも間に合わないこともあります。

では他には何があるでしょうか。

例えばカードローンでお金を借りる方法もあります。カードローンならその日に借り入れすることも可能です。

さらには収入証明不要で50万円まで借り入れが可能な場合がありますので、急いでお金がほしいときにはカードローンを検討してみてください。

急にお金が必要になったときに、お金をつくる方法

急にお金が必要になった場合、次にご紹介するような方法を検討しましょう。

家族や友人にお金を借りる

家族、友人にお金を借りるというのがもっとも思いつく方法かと思います。了承さえ得られればすぐに借りることができるのもポイントですが、何度も借りることができません。

また、大きい金額を借りるのは難しく、家族や友人にお金を借りる場合には、使用目的を教えたら、その内容によってはもしかしたら貸してくれないかもという不安がよぎることでしょう。

友人との金銭の貸し借りは信頼関係に影響が出ることもあるので、できれば友人から借金したくないという方もいるのではないでしょうか。

周囲には言いたくない理由でお金を必要としている場合には難しい方法です。

金額としては関係性や相手の金銭的余裕にもよりますが、大体数千円から数万円であれば借りれるかもしれませんが、10万円以上の貸し借りとなると、すぐに貸せる金額ではなくなってしまいます。

日払いの仕事を探す

日払いの仕事を見つけることができたのであれば、すぐにお金を用意することも可能です。

しかし期間的に応募から採用連絡、実際の出勤までには日数がかかり、通常であれば1週間程はかかりますし、早くても仕事の登録後翌日です。

金額としては安いものであれば日給3,000円程のアルバイトから資材搬入やイベント設営で30,000円近く手に入るアルバイトもあります。

しかし、こういった高額ですぐに出勤できる日払いのアルバイトというのは地域や職種が限られてしまう部分があり、誰でもできる方法とは言い難いです。

ネットオークションなどで不要品を売ってお金に換える

スマホで手軽に販売できるヤフオクやメルカリなどで不要品を販売することでも収入を得ることができます。

しかし、オークションでは欲しい人がたくさんいないと大きな金額を得ることが難しく、ヤフオクであれば落札後すぐに入金されることもありますが、メルカリなら売れても実際の振込までは1週間以上かかってしまいます。

金額としても生活用品や家電であれば、数千円から高くて数万円、それ以上の収入は最新家電や限定品でよほど付加価値があるものを持っていた場合のみです。

カードローンでキャッシングする

仕事や売却などでお金が手に入らない、もしくはどうしても当日中にお金が必要という場合には、消費者金融からカードローンやキャッシングでお金を借りるという方法があります。

消費者金融といえば、なんとなく借金や自己破産などを連想してしまう方もいるかもしれません。

自己破産などの債務整理が必要な方というのは、返せない金額で無理に複数社から借金したことが原因の方も多いようです。

しかし、来月の給料でしっかり返せるという計画ができている場合や、毎月4,000円から10,000円程なら返済できるなら、計画的に利用して早めに解決できるかもしれません。

消費者金融からお金を借りる際に審査があり、その審査では申し込みした人の収入に応じて「限度額」という最大借りられる金額も決められているので、計画的に借りれば無理な借金となることはありません。

カードローンは簡単便利!みんなが使っているから安心

多くの方々が使っている人気のカードローンには、次の3つの特徴があります。

  • 最短30分で審査完了。即日借り入れ可能
  • 借り入れから30日間は利息がゼロのサービスも
  • 消費者金融はいまや銀行の傘下だから安心

最短30分で審査完了。即日借り入れ可能

消費者金融のカードローンは申し込み後審査の上でお金を借りることができるのですが、ネットでの申し込み後状況によっては30分や1時間で審査の結果が出るので、その日のうちにお金を借りることも可能です。

他の方法に比べて、用途の説明やアルバイト探しなどをすることもないのに、一番早くお金を用意することができる方法です。

借り入れから30日間は利息がゼロのサービスも

消費者金融や銀行などからお金を借りると、家族や知人から借りたときとは異なり「利息」をつけて返済しなければいけません。利息とは、金融機関がお金を貸す代わりに得る利益のことで、手数料のようなものです。

今は多くの消費者金融が新規契約の場合、期間内に返済した場合には無利息、つまり借りた金額を返すだけですので、一時的な出費であれば無駄な出費がなく用意できるのです。

消費者金融はいまや銀行の傘下だから安心

消費者金融の会社って、危険な会社では?と考える方もいるかもしれません。

しかし現在では消費者金融は銀行のグループ会社であるケースが多く、例えばプロミスなら三井住友銀行のグループ会社というように、誰でも聞いたことのある銀行が親会社なので安心です。

信頼できる企業ですので、ちょっとした出費の際には多くの人が消費者金融のカードローンを利用しています。

消費者金融カードローン「プロミス」「アイフル」をご紹介

プロミスの特徴

プロミスから借りる場合についてご紹介します。

1.概要

カードローンではなく、アプリローンというカードレスで利用できるものあります。

もともとカードローンというのは、会員カードを利用して借り入れや返済を行う、「カードで借りられるローン」であることからカードローンという名前がついていますが、現在のプロミスではカード不要、つまりスマホだけでカードが不要なことからアプリローンという名前になっています。

アプリからの申し込みで、近くのセブンイレブンのATMで借りたお金を出金することができます。

プロミスの詳細ページ

2.所要時間、利息

アプリからの申し込みでは最短1時間で審査結果が出ます。さらにアプリローンの利息については、はじめての契約の翌日から30日間であれば無利息です。それ以降の利息は4.5%~17.8%の間です。

3.返済例

もしも10万円を借りた場合、4,000円を32回の返済です。もちろん、早く返せる場合には、金額を上乗せすることで繰り上げ返済することも可能です。

4.必要書類

運転免許や健康保険証などの本人確認書類が必要ですが、窓口に持っていく必要はありません。スマホカメラなどで撮影し、添付して送信すればOK。

1社の利用限度額が50万円を超えない、または複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超えない限り、収入証明書類は不要です。担保や連帯保証人も不要です。

・アイフルの特徴

アイフルからお金を借りる場合についてご紹介します。

1.概要

プロミスと異なり申し込み専用アプリはありませんが、スマートフォンからの申し込みが可能です。アイフルは新規契約の際にカードが必要ですので、最初のみ無人ATMでカードを受け取る必要があります。

アイフルの詳細ページ

2.所要時間、利息

一般的なカードローンですと通常はネットでの申し込み後順次審査が進められていきます。

しかしアイフルなら、朝9時から夜9時の間であれば、優先してもらう電話をかけることが可能で、なんと最短30分で審査結果が出ます。

初めて利用する方に限りますが、無担保キャッシングローンの利息は契約日翌日から30日間であれば無利息で、それ以降は3.0%~18.0%の間です。

3.返済例

もしも、10万円を年率18%で借りた場合は、毎月5千円を24ヶ月と25ヶ月目に3,709 円、つまり2年とちょっとで返済することができます。

4.必要書類

限度額が50万円以下の契約であれば、収入証明が不要で申し込みできます。本人確認書類は必要ですが、担保、連帯保証人も不要です。

まとめ

どんな人でもお金のやりくりに困ってしまった、ということは経験するものです。消費者金融であれば審査通過後、即日でお金を受け取ることができ、自分のペースで返済することが可能となっています。

急遽お金を用意する方法としては、家族や知人からお金を借りたり、アルバイトやネットオークションで稼いだりする方法がありますが、確実にまとまったお金をすぐに借りるのであればプロミスやアイフルなどの消費者金融のカードローンがおすすめです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。