アコムは電話連絡なしで借りられる? 在籍確認方法を徹底解説

アコムの利用を考えているものの、申込時の勤務先への「在籍確認」に抵抗を感じている人もいるかもしれません。

そもそも「在籍確認」とはどのようなもので、電話以外の手続きはないのか。職場の同僚に知られないようにアコムを利用するためにはどうすればいいのか。

「在籍確認」の仕組みを知ることで、さまざまな不安を取り除くことができます。電話での手続きに加え、電話連絡なしでも借りられる申し込み方法にもついて解説いたします。

アコムやその他の消費者金融でお金を借りる際には、必ず「在籍確認」が行われます。これは、消費者金融が借り手の返済能力をチェックする上で必須の手続きです。

インターネットや電話、店頭- 無人契約機「むじんくん」、郵送などさまざまな申し込み方法がありますが、「在籍確認」は必ず行われます。

「在籍確認」の電話の特徴は、下記の通りです。

  • アコムの担当者は個人名で発信
  • 電話を掛けてくるタイミングは事前に打ち合わせが行われる
  • 離席しているときは再度の入電あり

このように、借り手に配慮してくれているので、ユーザーは無用な心配をする必要はありません。電話連絡で第三者に借入が知られてしまう可能性は低いといえます。

また、電話連絡に抵抗感がある人は、事前に相談することで書面での「在籍確認」が可能です。その場合、アコムに提出する資料は次の通りです。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 社会保険証(健康保険証など)
  • 在籍証明書
  • 社員証 

これらのうちの1つを提出することで、「在籍確認」の手続きが行えます。これならば、勤め先への電話連絡もなく借入の申し込みができます

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

アコムには在籍確認はある?

アコムの在籍確認、嫌ですよね。ですが、在籍確認は必ず行われます。

在籍確認はアコムでも必須

消費者金融でカードローンやキャッシングを利用する場合、企業は借り手の勤務先情報を把握するために、「在籍確認」を必ず行います。

これはアコムだけに限らず、ほとんどすべての消費者金融が実施する手続きです。

アコムなど消費者金融は、申込した方が自己申告した勤務先を確認することで、返済能力の有無をチェックするのです。

定職に就いていることが証明できれば、毎月の安定した収入があるため、借りたお金を返す能力があると考えられます。

逆に、無職の場合、貸したお金が返ってこないリスクが高まるので、消費者金融は審査で落としてしまいます。

消費者金融にとっても、お金を借りる個人にとっても、「在籍確認」はとても大切な手続きなのです。

一般に、お金を借りる側にとっては、アコムなどの消費者金融から会社に電話があると困る人が大半でしょう。

会社の同僚や上司に、消費者金融から借金をしていると知られたらどう思われるかも心配です。また家族への知られるのも怖いところです。

しかし消費者金融を利用するということは、それだけお金に困っているに違いないので、なんとか周囲に知られずに「在籍確認」をクリアしたいと考えていることでしょう。

「在籍確認」は、アコムであれプロミスであれ必須ではあるものの、会社への電話で借金が知られる心配は、多くの場合杞憂に終わります。

以下にご説明するアコムの「在籍確認」の方法を理解すれば、その理由が分かるかと思います。

さらに、消費者金融との交渉によって、電話ではなく書類での「在籍確認」に変更することも可能です。

アコムの在籍確認の流れや必要書類の提出方法

アコムの在籍確認の流れや電話以外の方法を見て行きましょう。

アコムの在籍確認の流れ

「在籍確認」は、アコムにカードローンを申し込んだ後に行われます。

ただし、すぐに会社に電話が来るわけではありません。

アコムも、借り手の心情を分かっているので、突然電話を掛けてくるようなことはせず、まずは当事者に、「いつごろ電話連絡していいか」ということを聞いてきます。

事前にアコムと借り手の間で、都合のいい日程や時間帯、オペレーターの性別などを、打ち合わせします。

アコムからの電話は、個人名を名乗ってかけてきます。間違っても、「アコムの〇〇です」と言うようなことはありません

基本的には、名前を確認するだけのシンプルな「在籍確認」で手短に終えられる手続きです。もしも指定したタイミングで、離席していた場合は、再度、電話が掛かってきます。

アコム以外にも、クレジットカードの申請や住宅ローン審査なども、同様に「在籍確認」は行われます。

事前に、自分の中で説明をシミュレーションしておけば、周囲への説明に苦慮することはないでしょう。

「在籍確認」でアコムからの借金が知られると心配している人も多いかと思いますが、自分の指定したタイミングで、簡素な電話連絡が掛かってくるだけなので、必要以上に気にかけることはないでしょう。

電話相手も個人名で掛かってくるので、もしも離席などで自分が電話に出られない場合でも、怪しまれることはないでしょう。

普通に電話対応すれば、上司や同僚も、特段気にしないはずです。

アコムの必要書類

「在籍確認」においては、後述する書面での在籍確認でない限りは、書類の提出はありません。

申し込み方法問わず在籍確認は必須

アコム 申し込み方法まとめ 画像

アコムの申し込み方法は4種類ありますが、アコムからの「在籍確認」は、どんな申し込み方法でも、必ず行われる手続きです。

アコムは、インターネットをはじめ、店頭窓口、自動契約機(むじんくん)、電話、郵送などさまざまな方法で申し込みが行えますが、いかなる方法にせよ「在籍確認」は必須項目です。

ここで説明したように、電話で行われる「在籍確認」は極めてシンプルに機械的に行われます。

アコムも、第三者に知られないように細心の注意を払ってくれます。当事者も、普通に応対すれば周りに借金が露見することはほとんどないでしょう。

アコムの在籍確認の電話は回避できる

アコムから職場にかかってくる電話はなるべく避けたいですよね。実は電話以外の方法でも在籍確認はできるので、方法を詳しくご紹介します。

申し込み後にアコムに電話で相談する

アコムの「在籍確認」は、自分のタイミングで電話を受けられ、極めて簡潔に行われます。

周りの同僚などにも借り入れしていると知られることなく、手続きができます。

ただし、アコムから在籍している会社に電話が掛かってくるというのは、心理的な障壁を感じるという人もいるかと思います。

いくら個人名で電話が掛かってくるとはいえ、めざとい同僚や消費者金融からの借金経験者が、アコムからの電話と気がつくかもしれません。

そうした緊張感やリスクに耐えられない人も一定数いるでしょう。そのような人は、電話以外での「在籍確認」も検討してみるといいでしょう。

お金を借りる上で必須の「在籍確認」は、電話と書類の2パターンがあります。

特に、指定しない限り、消費者金融は電話での「在籍確認」を行います。

書類での「在籍確認」を希望する場合は、事前に先方に申し出る必要があります。

申し込み後に、アコムに「電話ではなく書類での在籍確認をお願いします」と願い出ることで、消費者金融側は相談に乗ってくれます。

書類での在籍確認に変えてもらう

相談によって、アコムの担当者に、電話ではなく書類での「在籍確認」に変えてもらうことができたら、先方に書類を提出ことになります。

電話確認ならば、会社への電話ですぐに在籍の有無が分かるので、そこで借り手の返済能力が判明します。

書類の場合、相応の証明ができなければ、返済能力の有無が分かりません。通常、下記のような書類を提出することで、「在籍確認」の手続きを行えます。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 社会保険証(健康保険証など)
  • 在籍証明書
  • 社員証

上記の中で注意すべきなのは「健康保険証」です。自営業者などは、国民健康保険に加入している人がほとんどです。

この場合、健保は「在籍確認」を行う上では、一定の収入を証明する書類としての要件を満たしません。必ず、会社が加入している健保の保険証を提示する必要があります。

また正社員以外にも、学生、派遣社員など非正規雇用なども安定した収入が証明できれば借入は可能です。

ただし、専業主婦の場合返済能力が低いため借入は難しいと判断されます。

アコムへの書類の提出は、郵送またはメール、さらにはWEBへの写真のアップロードなどで行います。

もちろん、パソコン、スマホどちらでも対応可能なので、スピーディに手続き可能です。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

まとめ

アコムなどの消費者金融でカードローンを利用する際には、「在籍確認」は必須です。

基本的には電話で「在籍確認」が行われます。担当者は、周りに借入が知られないように最新の注意を払ってくれるので、電話で借金が知られてしまいは低いです。

ただし、電話での「在籍確認」に抵抗がある人もいると思います。そのような人は、事前にアコムに相談することで書面での「在籍確認」が可能です。

書面であれば、勤務先に電話が掛かってこないので、心配する必要はありません。「在籍確認」の仕組みを理解すれば、余計な心配をせずに借入ができます。

電話なしで借入の申し込みをしたい方は、次の資料の中から1点をアコムの担当者に提出することで、書面での「在籍確認」が可能になります。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 社会保険証(健康保険証など)
  • 在籍証明書
  • 社員証 

いずれの書類も、借り手の返済能力を担保するものです。アコムから勤め先への電話が困る、という人は「電話なし」の方法も検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能