今すぐ現金が必要なときに即日で確実にお金を手に入れる方法

今すぐ現金が必要だけど、残高が全然ない…。」

金銭状況が厳しくなり、支払いが迫っていて現金が必要なときにはどうにかして解決できないかと、普段では考えない方法まで選択肢にいれてしまいがちです。

現金が必要な状態でもクレジットカードの現金化は選択してはいけません。 なぜなら次のような事態になってしまうことがあるためです。

  • カードを解約させられる
  • 残額を一括で支払う

そうなる前に、次のような金融機関を上手く活用しましょう。以下のようなメリットもあるので、検討できるのではないでしょうか?

  • 大手で安心
  • 新規申し込みで無利息で借りれる
  • 最短即日借り入れ可能

現金が必要でもやってはいけないこと

どんなに現金を必要としているときでも、現金を得ることができてもやってはいけないことがあります。

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化はどんなに現金を必要としていても、絶対にしてはいけません

なぜしてはならないのかというと、現金化をすることでそのときに使用したクレジットカードが強制的に解約になってしまうことがあるためです。

強制的に解約になる理由としてはクレジットカードを契約するときの規約にあります。

普段規約をしっかりと見ることはないかもしれませんが、よく見るとこうした記載があります。

  • 換金目的での使用は禁止
  • 商品購入の支払いの代わることを利用条件とする

商品を買うのではなく、お金を得ることを目的にクレジットカードを使用することは禁じられています。

規約違反をした場合にどのような対応になるかはクレジットカード会社によっても異なりますが、利用停止や解約、さらに残高の一括の返済を求められることがあるのです。

手数料を多く支払ってまで現金化したのに、カードが使えなくなってしまっては、今後も金銭のやりくりが余計に厳しくなってしまいます。

クレジットカードで購入したものの転売

換金目的の使用が禁じられていることから、自分で現金化をすることもいけません。

例えば、以下のような行為はクレジットカードを利用した時点で自動的に感知され、クレジットカード会社から連絡がきて、どういった目的で利用したのかを問われることになります。

  1. 高く売れるものをクレジットカードで購入
  2. 購入したものを販売
  3. 実質的に現金を得る

フリマなどで現金を購入

クレジットカードをもっていない方や、既に限度額が上限に達している方は、携帯のキャリアを利用してフリーマーケットのアプリで現金や換金できそうなものを購入することを考える方もいるでしょう。

ですがフリーマーケットでの換金目的の購入もしてはいけません

こちらは契約としては携帯キャリアの規約に違反することになります。現金を得る目的で、アプリや通販などで決済サービスを利用することができないのです。

今ではフリーマーケット側で規制がかかっていますが、以下のようなものなどすぐに換金ができるようなものはすべて現金化が目的とみなされてしまいます。

  • 現金そのもの
  • 旧紙幣という名目の販売
  • チャージ済みの交通ICカード

今日にでも現金を手に入れる方法

現金を手に入れる方法はいくつかありますが、それぞれ得るまでの大変さ、かかる日数が異なります。

質屋に不要なものを売却する

自宅の中で日常的に使わないけれども高く売れそうなものがあれば質屋に買取や借入を依頼するという方法もあり、質屋には2種類の方法から選択できます。

  • 買取:リサイクルショップと同様でその品物を買い取ってもらう
  • 質入れ:商品を担保としてお金を借りる

買取の時点では商品を手放すことになります。

質入れは、一定期日内に利息を支払うことで担保の状態が続きます。

お金ができたときに借りたお金と利息を返済すれば商品は戻りますが、期日までに返済ができなかった場合には、担保である商品が質屋のものになるので、手放すことになってしまうのです。

そのため質入れでは実は必ずしも返済しなければいけないものではありません。

ただしどちらの方法にしても、ある程度高く売ることのできる製品をもっていることが条件となります。

自分のスキルをお金に換える

自分に特化したスキルがあるという方であれば、ネットのサービスを利用してスキルを販売することも可能です。

  • ロゴ作成
  • イラスト
  • 占い
  • 翻訳
  • プログラミング

などさまざまなものがあります。

しかしスキルを売ることのできるサイトを利用しなければいけず、金銭のやり取りも自分で管理しなければいけませんし、他にもライバルは多くいます。

ただスキルがあるだけではなく、それを売り込む力も必要です。

現金即日払いのアルバイトをする

お金がないときにはアルバイトをするという、基本的な解決方法もあります。

現在勤めている方は副業をすることになりますが、一時的に現金が必要な場合は、日払いのアルバイトをすればよいのです。

短いものであれば1日少し長めで数日間、かつ日払いのアルバイトをすれば大丈夫です。

日給として10,000円〜20,000円ほどが相場ですが、ある程度都市部の地域に限られてしまうので注意しなければいけません。

必要なだけの現金を金融機関で借りる

ここまでにご紹介した方法で自分ができそうなものがなければ、必要なだけの現金を借りることを検討しましょう。

借りるといっても友人や知人に借りるのではなくて、金融機関からの借入です。1度も金融機関からお金を借りたことがなければ抵抗があるかもしれません。

しかし、次のようなものは、実は日常的にさまざまな部分で金融機関が一般の人にお金を貸しているのです。

  • 一軒家やマンション
  • 車やバイク
  • スマートフォンの本体代金を分割

人間の一生の中で借金を1度もしないという人のほうが少ないでしょう。

こうした借金というのは信用情報機関というところに、借りた記録や返済をしている状況などがすべて記録されます。

30〜40代ほどの年齢となって始めてカードや金融機関からお金を借りようと審査をしたとき、これら借金の記録が全くない場合には「自己破産などをしたのではないか」と疑われて審査が通らないケースもあります。

借金をしておくことが実は後々、「借りたお金はしっかり返せる人」という証拠をつくることにつながるのです。

必要なだけの現金が確実に手に入るのは消費者金融

もっとも確実に早く必要な現金を手にすることができるのは消費者金融から借りることです。

消費者金融のメリット1.即日借入も可能

消費者金融では銀行系のカードローンに比べると、審査の結果が早く出る傾向にあり、状況によってはその日のうちに審査の結果が出て即日でお金を借りることも可能です。

いっぽう銀行系であれば最短で翌日、場合によっては数日かかってしまうこともあります。

金融機関にもさまざまありますが、急いで現金が必要な状態であるならば消費者金融を検討するべきといえるでしょう。

消費者金融のメリット2.無利息サービスを実施している金融機関も多い

消費者金融の多くは30日間無利息という設定になっています。借入をした翌日が1日目と計算されそこから30日間は利息がかからないのです。

最初の申し込みのみとはなりますが、30日以内で返済すれば利息は0円ということになりますし、分割でコツコツ返済している場合でも、無利息期間がない金融機関と比べたら累計の金額が少なくなることもあります。

消費者金融のメリット3.大手だから安全

消費者金融やヤミ金といった単語に対し、悪徳なイメージをもっている方もいるかもしれません。

しかし実際に悪徳なのはヤミ金のみです。ヤミ金とは法律に違反して高額な貸し出しをしている業者で、厳しい取り立てというイメージも法律を守っていないためです。

消費者金融の大手であれば法律はしっかりと守っていますし、返済が遅れていないのに取り立ての電話などをすることはありません。

毎月期日までにしっかりと返済をしていれば、返済までに消費者金融の会社と連絡をとりあわずに終えることもあります。

初めてなら無利息で利用できる消費者金融一覧

新規の申し込みで約30日無利息となる消費者金融は以下があります。 もちろんいずれもしっかりと法を守って運用している会社です。

  • プロミス
  • レイクALSA
  • アイフル
  • アコム

まとめ

現金が必要なときにはクレジットカードを使ったり、フリーマーケットなどで現金をつくったりすることができないかと考えてしまいがちです。

ですがこうした方法は危険で、現金が必要な時ほど消費者金融からお金を借りる方が安全です。

以下のように、消費者金融を選択するメリットはたくさんあるので、現金に困ったときには消費者金融からお金を借りるようにしましょう。

  • 最短で即日で必要なだけの現金を借りれる
  • 約1ヶ月無利息で利用可能

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。