とにかく現金が欲しい!安全かつ確実に手に入れる方法

急いで現金が欲しいということは、誰にでもあるものです。しかし、いくら急な入用であっても、簡単に現金を手にすることはできません。

親や友人に借りる、金融会社に借りる、あるいは短期のアルバイトなど、様々な方法が考えられます。いずれにしても、安全に、そして確実に手に入れる方法が必要です。

欲しいものがあるなど、現金が必要なときには消費者金融で借り入れをするようにしましょう。

つい気になってしまう現金化はデメリットばかりです。

大手の消費者金融であれば次のような不安も解消でき、有名銀行のグループ会社なので安心して借りることができます。

  • その日のうちに現金を手にできることがある
  • 翌月返済なら利息もかからない

現金が欲しいときにやってはいけないこと

現金が欲しいという状況でも、決してやってはいけないことがあります。

クレジットカードの現金化してはいけない

現金が欲しいときにクレジットカードに買い物枠の残りがあると、「クレジットカード現金化!」という広告はどうしても気になってしまうものです。

しかしクレジットカードの現金化だけはどんなにお金が欲しいときでもやってはいけません。違法ではありませんが、クレジットカード会社からのペナルティを受けることになってしまいます。

ペナルティを受けるとカードが解約状態になってしまうだけではなく、残りの残高を一括で支払わなければいけなくなるケースがあります。

なぜ現金化でこうしたペナルティを受けるのかというと、以下のような理由からです。

  1. クレジットカードは買い物の後払いの契約
  2. 規約でも換金目的の使用は禁じられている
  3. そのため現金化業者に依頼すれば契約違反となる

そのカードを使うことができなくなるので、目先の現金につられることのないようにしましょう。

現金欲しさにクレジットカードで購入したものをすぐに転売してはいけない

現金化サービスだけではなく、自分で同様の行為をおこなってもいけません。換金目的によるショッピング利用も禁止されています。

一例として、JCBカード規約の「会員資格の喪失等の項目」では以下のように書かれています。

「会員の信用状態に重大な変化が生じたとき、または換金目的によるショッピング利用等会員によるカードの利用状況が適当でないと当社が判断したとき。」

※引用:https://www.jcb.co.jp/kiyaku/pdf/kojin.pdf

この規約は大体似たような内容で他のクレジットカード会社の規約にも記載されています。

そのため現金を得る目的で以下の行為も禁じられています。

  • 高価な電化製品を購入し中古ショップに販売
  • 新幹線の回数券などを購入してチケットショップに転売

実際に購入ができても、その後クレジットカード会社から電話がきて質問を受け、換金化目的と判断されることがあります。

現金をフリマなどで購入してはいけない

フリーマーケットのアプリなどで現金を購入するのもやってはいけません。

以前は現金がそのまま売られていましたが、以下のようなものと形を変えて出品されています。

  • チャージ済Suica
  • パチンコ店の景品

しかしこうしたものをクレジットカードで購入すると「換金目的」と判断されて、規約違反となってしまうのです。

フリーマーケットアプリでは携帯のキャリア決済も使用できますが、そちらでもクレジットカードと同様でキャリアの契約違反となるのです。

ドコモの規約を例にだすと、 「お客さまは、現金等を得る目的で、コンテンツ決済サービスを利用してはなりません。」 という部分があります。 ※引用:https://www.nttdocomo.co.jp/service/spmode/regulation/index.html#p01

携帯もクレジットカードも使えなくなると非常に不便なことになります。現金に困っているからこそ現金化はやってはいけない行為なのです。

すぐに現金を手に入れる方法

すぐに現金を手にするための方法はいくつかあります。

現金が欲しいことを相談し親や友人から借りる

お金に困ったときに周囲に貸してくれる人がいる場合、しっかりと返済期日を決めて借りるという方法もあります。

しかし以下の点に注意をしなければいけません。

  • 金銭の貸し借りをよく思わない人もいる
  • 返済が遅れると、人間関係に亀裂がはいることがある
  • 借りるだけでお金にだらしない人と思われることもある

借りるのであれば、いつでも話すことができる同居している家族のみにしておくほうが良いでしょう。お金の貸し借りが原因で、仲の良かった友人と揉めてしまうというのはよくあることです。

オークションやフリマアプリで不要なものを売る

オークションやフリマアプリを利用して現金を買うのではなく、自分が販売側になるのであれば何の問題もありません。

自宅の中には、探してみると長期間全然使っていないで眠っているだけのものがでてくることがよくあります。

とくに以下のようなものがよくある例です。

  • ブランド品のバッグや財布
  • 衣類
  • タブレット端末

1度こうしたものが部屋に埋もれていないか探してみたり、どこかにしまっていないか記憶をたどってみましょう。

しかしこの方法は、売れるまでに日数がかかることは認識しておきましょう。どうしても現金がすぐに欲しい場合には中古買取ショップに足を運ぶという手もあります。

現金即日払いのアルバイトをやる

以下のような状況であれば、一時的にアルバイトをするという手段もあります。

  • 自宅の中に売れそうなものがない
  • 売れてもお金が足りない

大きな都市であれば日払いのアルバイトを募集しているケースもあります。派遣法により日雇いは原則禁止されていますが、以下に該当する場合に日払いのアルバイトは可能です。

  • 学生
  • 副業としての勤務
  • 世帯の主計ではない(扶養家族など)

ただし日雇いアルバイトの求人がほとんどない地方もあり、1部の地域に限られてしまうという問題点があります。

金融機関からの借り入れを検討する

現在安定した収入があるならば、金融機関から借り入れをするという方法があります。金融機関とは銀行や消費者金融のことです。

そこからお金を借りることは何も恥ずかしいことではありませんし、周囲の人からお金を借りるように人間関係に影響がでることもありません。

ただ、金融機関でお金を借りることにも、以下のようにある程度のデメリットは発生します。

  • 借りるまでに審査がある
  • 金利をとられる
  • 返済ができないとクレジットカードやローンの審査に影響がでる

金利に関しては金融機関から借りる以上はどうしても発生してしまうものですし、知人にお金を借りる場合でも金利をつけることはあるでしょう。

実はこれらのデメリットは、次の給料日で返済ができる状態であれば全く問題はありません。詳しくは後述しますが、金利をなくす方法もあるのです。

現金が欲しいならキャッシング

現金が欲しいときにはキャッシングを選ぶべきです。その理由は3つあります。

現金を最短即日で借り入れ可能

金融機関の中でも消費者金融が審査までの期間がもっとも早いです。平日に申し込みをした場合であれば、最短でその日のうちに現金を手にすることができます。

流れとしては次のようになります。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 必要書類をネットで提出
  5. 無人契約機でカードを発行

ネットで書類を提出するのは難しくありません。スマートフォンがあれば専用のアプリをダウンロードすればそれで大丈夫です。

また最後のカード発行は、スマホがカード代わりになるというタイプもあり、その場合には無人契約機を探す必要がありません。

契約が完了すればすぐにコンビニでお金を借りることが可能です。

条件次第で無利息サービスを利用可能

上記で書いたデメリットの中のひとつである金利について、消費者金融であればなくすことが可能です。

多くの消費者金融は日数限定で無利息キャンペーンをおこなっており、そのほとんどが30日間という期間です。

つまり、以下のような状況下であれば、利息がかからずにお金を返すことができます。

  • 次の給料日までもてば大丈夫
  • 借りたお金は全額返済できる

もちろん次の月に全額の返済が難しい場合には、本来の分割で返済することもできます。その場合でも30日間分は同様に利息がつきません。

大手銀行の傘下だから安心

誰もがCMや電車の広告などで見たことがあるような大手の金融機関はほとんどが銀行のグループ会社です。

下記は銀行名も聞いたことがあるでしょう。

  • アコム(三菱UFJ銀行)
  • レイク(新生銀行)
  • プロミス(三井住友銀行)

消費者金融やサラ金という言葉だけで抵抗を感じていた方も、有名な銀行の下にある会社であることがわかれば安心して借りることができるかと思います。

現金が欲しいと思っても、クレジットカードの現金化は避けましょう。

現金は手にできても、その後カードの停止となってしまうことがあります。

次のようなメリットもあり安心できる消費者金融で借りることで、問題が発生することもありません。

  • 無利息期間がある
  • 最短即日
  • 大手銀行の傘下にある

まとめ

急いで現金が欲しいというときに親や友人に借りる、金融会社に借りる、あるいは短期のアルバイトなど、様々な方法が考えられます。

いずれにしても、安全に、そして確実に手に入れる方法が必要です。しかし、それぞれにデメリットもあります。

今すぐ現金が欲しい場合には消費者金融で借り入れをするようにしましょう。大手の消費者金融であれば次のような不安も解消でき、有名銀行のグループ会社なので安心して借りることができます。

  • その日のうちに現金を手にできることがある
  • 翌月返済なら利息もかからない

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。