現金を借りたい!安全かつ確実にお金を用意する方法

残高もない…」「クレジットカードではなく現金が欲しいのだけど…」

給料日前などに危機的状況に陥って現金を借りたいと思うこともありますよね。現金を借りる必要があるほど銀行の預金が厳しい状態のとき、最初に浮かぶのは知人から借りることである人も多いかもしれません。

しかし親しい人同士でお金の貸し借りをすると、その関係が壊れてしまうこともあります。消費者金融からお金を借りれば、以下のようなメリットがあるので、活用して厳しい状態を乗り越えましょう。

  • 最短で即日で現金を借りられる
  • 期間によっては利息がかからない

ここでは、現金を借りる際の方法や、借りる際に注意すべきことをご紹介します。

親や友人から現金を借りる際の注意点

現金を借りるときには、注意しておくべき点があります。

親しい関係でも借用書はちゃんと用意しておこう

すぐに現金を用意するなら、以下のような人からお金を借りられればてっとり早いです。

  • 家族
  • 友人
  • 知人
  • 親戚

しかし親しい人から現金を借りるという場合でも、決して軽く見てはいけません

「金の切れめは縁の切れめ」という言葉もあるように、お金の関係でトラブルを起こすとそれだけ人脈を失ってしまいます。

家族や友人に現金を借りたいときのリスク

普段から一緒にいて、よく奢ったり奢られたりするような間柄であればそこまで抵抗はないかもしれません。

しかし頻繁に遊ぶ間柄でなければ、お金を貸すということにはかなり抵抗を感じる方も多いです。

  • この人はお金にだらしないんだろうか?
  • 親からは絶対人にお金を貸すなと言われている…
  • もしも返ってこなかったらどうしよう?

こうした思いが頭のなかをめぐり、貸してくれても人によっては距離をおかれてしまうこともあります。それほど知人からお金を借りるということはおおごとなのです。

借りることができたとしても、「貸してくれて助かった」という気持ちだけで終わるのではなく、次に様なことを心に決めておかなければいけません。

  • しっかりと返済をする
  • 同じ人から2回目は借りない

返済が遅れることのないように自分にいいきかせるために、親しい人同士であっても借用書を書いておくようにしましょう。

お金を借りるときに借用書が必要な理由

借用書を書くと伝えることで以下のメリットがあります。

  • 相手が返済されない心配が減る
  • 後々、話が違うと言い争いにならない
  • 自分でもしっかり返そうと決意ができる

金額にもよりますが、借りるのは1回だけでその後は全く借りることがなければ、人間関係もそこまで変わることはありません。 しかし1回でも返済が遅れてしまった時点で、お金にルーズな人という印象をもたれてしまい、徐々に離れてしまう可能性があります。

借用書に決まった形式はなく、借用書の有無で法律的に変わることはありませんが、その目的から下記の内容を記載するとよいです。

  • 貸す人の名前
  • 借りる人の名前
  • 金額
  • 貸した日
  • 返済日
  • 返済方法
  • お互いの署名
  • 遅れた場合の対応
  • 保証人や担保(ある場合)

そこまでしなければいけないのか、と思ってしまった方はお金を借りることの重大さを認識できていない可能性があります。

自分も生活状況が厳しい状態で、いきなりお金を貸してくれと友人に言われたら悩んでしまうのではないでしょうか。もしかすると相手も同様に思っていて、すごく悩んでしまうことかもしれないのです。

確実に現金を借りるなら金融機関を頼ろう

確実に現金を借りたいと思ったときには、金融機関から借りるようにしましょう。

安心を求めるなら銀行カードローン

後々のトラブルや人間関係を懸念するのであれば、周囲の人からお金を借りるのは避けるべきです。何もお金を借りられるのは、親しい人だけではありません。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • クレジットカードについているキャッシング枠サービス これらは「企業が一般の人にお金を貸す」ことを商売としているのです。

こうした一般人にお金を貸すサービスはおもに「キャッシング」「カードローン」とよばれます。

さまざまな金融機関があるなかで銀行のカードローンは、金利が低い傾向にあるので返済もしやすく安心です。

金利とはお金を返すときにプラスして返す金額で、いわゆる借りた先への手数料のようなものとなります。金利が高いほど、最終的に出費の金額が大きくなってしまいます。

借りる金額が大きくても金利は増えていきますので、高額なお金を借りたいのであれば銀行系カードローンが1番好都合でしょう。

しかしその分銀行カードローンデメリットもあり、借りてから現金を手にするまでに日数がかかってしまう部分があります。その日のうちに借りることはできないと考えてよいでしょう。

一方、消費者金融であれば次のような特徴があり、少額を短期で借りられるのに向いています。

  • 金利は少し高い
  • 金額は少ない
  • 現金を手にするまでが早い

消費者金融は最短即日で現金を借りられることも

消費者金融はこうした規制がかけられているという点もあることから、銀行系に比べると非常にお金を借りることに関してのサービスはよい部分が大きいです。

現金を手にするのが早いと書いた理由としては、最短であれば申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができるからです。

最短で借りられる場合の条件としては下記があります。

  • 他の申し込みが混んでいない
  • 平日の早い時間に申し込み
  • 審査に問題がない
  • スマートフォンのアプリで確認書類を提出
  • カードを無人契約機で発行もしくはカードレス

こちらをこれらのいずれかが条件として満たしていなくても、銀行系カードローンよりも早くお金を現金で借りられる傾向にあります。

何十万円という大金ではないけれど今すぐお金が欲しい、という場合には消費者金融で申し込みをするようにしましょう。

消費者金融では無利息サービスも実施

申し込みからお金を借りるまでが早いこと以外でも、消費者金融から借りるメリットはあります。

それは30日間無利息のキャンペーンです。キャンペーンとつけている消費者金融は多いですが、実際には現状無期限のケースがほとんどで、どの消費者金融もおこなっています。

30日間無利息ということは、少しだけの出費ですぐに返済できる目処が付いているのであれば、全く損をせずにお金を借りることが可能ということです。

この無利息は初回の借り入れのみとはなりますが、利息の有無はかなり大きい違いとなります。

現金を借りるのであれば、周囲から借りようとまず考える人もいるかと思います。 しかし以下の点を考えると、金融機関から借りるのが1番安全です。

  • 知人はトラブルになることがある
  • 金融機関は人間関係が壊れない

また少額であれば、以下のように銀行系カードローンよりもメリットが多い消費者金融で借りるようにしましょう。

  • 現金を手にするまでが早い
  • 30日間は無利息

まとめ

現金を借りる必要があるほど銀行の残高が厳しい状態のときの対処法をご紹介しました。

最初に浮かぶのは知人から借りることである人も多いかもしれませんが、親しい人同士でお金の貸し借りをするとその関係性が壊れてしまうこともあります。

ですが、消費者金融からお金を借りれば、以下のようなメリットがあるので、活用して厳しい状態を乗り越えましょう。

  • 最短で即日で現金を借りられる
  • 期間によっては利息がかからない

消費者金融ほど早くありませんが銀行カードローンも便利なので、これら金融機関から現金を借りることも検討して見られてはいかがでしょうか?

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。