今すぐ現金を作る方法は安心で確実なものを!即日で手に入れる方法もご紹介

現金を作る方法が知りたい!

すぐにお金がほしいと考える場合にはこのようにクレジットカード現金化などという広告が頭に残ることがある方もいるでしょう。クレジットカード現金化は果たして安全と言えるでしょうか?

現金を即日で作ることを考えたときの選択肢はいくつかありますが、もっともよい方法は消費者金融から借りることです。消費者金融は最短即日で借りられるのがメリットです。

今すぐ現金を作るなら、安全で確実な方法で!

「今すぐ現金を作る方法はないか?」と考えたときの手段の選び方が大事です。

クレジットカードの現金化などやってはいけない手段もありますので、安心して借りられるところで借りる、アルバイトをするなどの健全な方法を選ぶようにしましょう。

大手の消費者金融だと早ければ今日借りられ、銀行のカードローンだと気持ちも安心して現金を借りることができますので、現金の借り入れを検討してみてはいかがでしょうか?

今すぐ現金を作るためにとクレジットカードの現金化はやってはいけない

現金を作る必要がある場合でも、クレジットカードの現金化はやってはいけません。

カード会社から詐欺や横領と見なされる可能性がある

支払い困難などの利用者側のデメリットだけでなく、そもそもクレジットカードを現金化することはクレジットカード会社との規約違反となります。

日本クレジット協会でも各クレジットカード会社に現金化への警告をだすように伝えており、どの会社も現金化は容認していません。

クレジットカード会社としては、買い物の後払いという契約のためすぐに現金にする目的で使用するものではないという認識なのです。

そのため現金化が発覚するとペナルティが待っています。日々クレジットカードを分割払いしている人であれば、カードを使用することができなくなる、といわれたら困りますね。

また、フリマサイトでの現金化も同様です。さまざまな方法で現金化できるような手段をとっている販売者もいますが、これらもカード会社に知られてしまえば同じペナルティとなります。

カード番号や個人情報が流出する恐れがある

クレジットカードの現金化はなんとなくいけないイメージがある方もいるでしょう。しかし、何がダメなのかがわからない方も多いと思います。

実際にはクレジットカードの現金化は法律の違反とはなりません。ですが現金化したときのデメリットを考えると、現金がほしくても絶対におこなってはいけない方法です。

まずデメリットとして悪質な業者であればカード番号などの情報が流出する可能性があります。

自分の利用した覚えのない高額な請求がくることもあり、明細を見てはじめて気がつくということもあるでしょう。

また現金化の手続きをしてカードのショッピング枠を利用したのに、結局振り込まれなかったという苦情も国民生活センターに多くよせられています。

悪質ではなくても業者が手数料分を儲けるシステムですので、利用者にとっては支払いを後回しにして増やしているだけで、一時しのぎでの現金を得る方法でしかありません。

現金化直後はお金が入っても、それ以上の支払いがクレジットカードに加算されてしまいます。

手数料分でカードの利用代金が支払えなくなってしまうケースが多いのですが、こうしたリスクを全く説明してせずに簡単に現金化することを宣伝しています。

すぐに現金を作る方法

他に現金を作る方法としては、不用品の売却やアルバイトなどがあります。他にも自分のもっている知識に現金にする方法や、金融機関から利用するという手段もとれます。

身の回りの不要なものは売る

すぐに問題なく現金を用意する方法として、まず自分がもっているものを不要品として買い取ってもらうことがあります。以下のようなものがあれば、中古ショップや専門の買い取り業者に見積もりをしてもらいましょう。

  • 使っていない棚
  • 読まなくなった漫画や小説
  • 使用頻度の低いパソコン
  • ブランド品のバッグ

早ければその日のうちに現金を手にすることができます。

日雇いアルバイトをする

日雇い、日払いのアルバイトをするという方法でもすぐに現金を得ることは可能です。

しかし早くお金を手にするには仕事をすぐに見つけなければならず、以下の流れを経てやっとお金を手にすることができます。

  1. 求人からの応募
  2. 面接
  3. 仕事開始 ですので、緊急でお金がほしい人にはあまり向いている方法ではありません。

自分の知識やノウハウを現金に換える

自分でもっている知識などをサイトにしてアフィリエイトで収入を得たり、出版社に本の出版の話をもちかけたりすることでもお金を手にすることができます。

しかしサイト作成から実際に入金されるまでは、以下の手順でそれぞれの間で数ヶ月の期間が必要となります。

  1. サイトを作成する
  2. 検索で上位に表示される
  3. 広告のサービスを利用してもらえる
  4. 実際にお金が入る

よほどスキルをもっているならば早くお金にできるかもしれませんが、余裕をもって準備しておくべき方法です。

金融機関の利用や売却を検討する

すぐにお金がほしいのであれば金融機関を利用してお金を借りる方法もあります。 お金を借りることのできる金融機関としてこれらがあげられます。

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング枠

また住宅ローンを利用している方はその金融機関に任意売却という選択肢もあるのです。 任意売却とは住宅ローンが残っている状態でその物件を売りにだすことをいいます。

ローンを利用している金融機関の判断による部分はありますが、返済が滞ったときに、これ以上返済してもらうのは厳しそうと判断した場合に売却を選択することがあります。

しかし一般的には返済が滞ってからの選択となりますし、住めなくなってしまう可能性も高いので、最悪の状態になる前に選択する方法ではありません。

消費者金融ならすぐに現金が作れる

消費者金融であれば、現金を作るまでの日数もそれほどかからないですし、メリットもあります。

最短即日!現金での借り入れも可能

消費者金融でお金を借りるという方法も忘れてはいけません。 自分のものを売ったりアルバイトをしたりする以外の方法のなかで、次のようにメリットが多くあります。

  • 大手であれば危険性はない
  • 入金までの期間が短い(状況により即日)

お金を借りる金融機関がいくつかあることは上で記載しましたが、そのなかでももっとも対応が早いのが消費者金融です。

なぜなら銀行やクレジットカード会社はもともと借金の貸し出し以外をおもな収入としているため、そこまで極端に利用者を増やそうとしていません。

しかし消費者金融はお金を借りる人からの収入がメインなので、いかに利用する人を増やすかを考えて利便性をあげているという点があります。

そのため最短即日でキャッシングができるように運営しているのです。

できるだけ早くお金をほしいという人にとってもありがたい選択で、お互いにWinWinの関係になっているといえます。

借り入れから30日間は利息がゼロのサービスも

より利用者に便利に使ってもらいたいという点から、30日間は無利息で貸し出しをしている消費者金融も増えています。

給料日前に厳しい状態になっている方は次の給料日で全額返すことができれば、全く手数料などがかからないということです。

即日で現金を作る方法としてはクレジットカードの現金化と消費者金融の2択となりますが、このふたつを比べると以下の違いがあります。

  • 現金化:ペナルティを受けて高い手数料を支払う
  • 消費者金融:ペナルティなく利息もかからない

賢い方法はどちらかというと、やはり消費者金融しょう。即日でお金がほしい場合には消費者金融を利用するのが1番よい方法です。

まとめ

いかがでしたか?ここでは「今すぐ現金を作る方法はないか?」と考えたときの手段の選び方が大事だとわかりましたね。

クレジットカードの現金化などはやってはいけませんので、大手の消費者金融など安心して借りられるところで借りる、アルバイトをするなどの健全な方法を選ぶようにしましょう。

カードローン


じぶん銀行カードローン
楽天銀行のカードローンバナー
  • auユーザーなら最大0.5%金利優遇
  • 2019年オリコン顧客満足度調査で銀行カードローン部門総合1位
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能