プロミスの金利はいくら? 利率や限度額、お得に借りる方法を紹介

プロミスをはじめ金利は消費者金融会社によってさまざまで、当然ですが、金利は低い方が返済利息も少なくて済みます。

借入額が高額になるほど、返済利息は増えていきますが、少しでも返済回数を短くすることで、返済利息を少なくすることができるのです。

ここでは、プロミスの金利や利用限度額、さらにはお得にお金を借りる方法をご紹介します。

プロミスの金利について知っておいて損はないポイント

大手消費者金融会社のプロミスの金利と利用限度額は以下の通りです。

  • 金利4.5~17.8%
  • 利用限度額1万円~500万円

以上となっています。金利に幅があるのは、最低金利は最高限度額に対応し、最高金利は最低限度額に対応していて、他社のカードローンの金利や利用限度額と大きな差異はありません。

ただし、高額の借り入れとなると、0.1%金利が違っただけでも返済利息はかなり違ってきます。

ですが、プロミスは初めての利用で30日間無利息のサービスがあるのが強みです(※)。30日もあれば給料日が必ずくるので、それで一括返済という考え方がベースにあります。

また、金利を下げるためには、利用限度額を増やさないといけません。利用限度額の増枠申請をすることで金利を下げることができるのです。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの金利と利用限度額

プロミスの金利は4.5~17.8%で限度額は最高500万円となっていますが、プロミスだけでは参考にならないと思われますので他社との金利の比較も行います。

プロミスの金利は実質年率4.5~17.8%

消費者金融会社のカードローンを利用する際に気にするのは金利と借入限度額です。 お金を借りるのなら、低い金利で借りたいのは当然のことです。

実際には500万円という最高額で借りることは消費者金融会社では難しく、50万円から100万円、多くて200万円というところでしょう。

金利を重視するのでしたら、銀行カードローンがいいのですが、審査基準が高く、誰でも気軽に借りるというわけにはいきません。

プロミスで借り入れする場合、金利は10%超えると考えておいたほうがいいでしょう。

プロミスの利用限度額は最高500万円

プロミスで借りることのできる最高限度額は500万円です。

しかし、500万円を借りるためには年収が1500万円以上でないといけません。 というのも、消費者金融会社でお金を借り入れする場合、総量規制という法律を遵守しなくてはいけないのです。

この総量規制というのな、年収の3分の1までしか借りることができないという法律です。 消費者金融会社に過剰な借り入れの申し込みを防止するために設けた規制です。

施行は2010年で、新たな借り入れができずに施行年の2010年には自己破産者が急増しましたが、それ以降は減少を続けてきました。

しかし、2017年には増加に転じたことで、金融庁からの通達により、これまで総量規制対象外だった、銀行カードローンも自主規制という形で総量規制を取り入れる銀行が増えてきています。

プロミスで金利をお得にキャッシングする方法

プロミスで金利をお得にキャッシングする方法をご紹介します。

プロミスの初めての利用なら、契約翌日から30日間無利息

プロミスでは、初回に限ることになりますが、最初のキャッシングの翌日から30日間までは、無利息で借り入れができるというサービスを行っています。 ですから、30日以内でしたら、初回の借入額は利用限度額内であればいくら借りても無利息となるのです。

かなりお得なサービスですし、どうしてもまとまったお金が必要で、30日以内に返済できる目処が立っているのでしたら、銀行カードローンよりもプロミスのカードローンを利用した方がお得なのです。

給料日までに返済できれば無利息に

30日間の無利息期間がありますから、30日もあれば確実に給料日があるかたが多いことでしょう。

そのときに一括して返済すれば無利息ということです。

金利を引き下げたいときは限度額を増やしてみる

プロミスのカードローンから借り入れをすると、返済時に元金だけでなく利息も支払わなければいけません。

その利息を決めるのが金利です。金利は、カードローンに借り入れの申し込みをするときに、最初にチェックする項目です。

借り入れ中の金利ですが、これは返済中でも下がることがあるのです。 一般的に、利用限度額によって適用される金利が決まるので、この金利を下げようと思うと、利用限度額を増額するしか方法がありません。

利用限度額を上げるというのは、もっとお金を借りたいので、増枠申請をするということです。

200万円の利用限度額のカードローンを300万円にまで増やしたい場合がこれにあたります。

普段から定期的に借り入れがあり、それに対して延滞せずにしっかりと支払いを済ませている人でしたら、この増枠申請もすんなり通ることでしょう。

利用限度額が上がればそれに対応して金利が下げられます。また、利用状況によって優良な利用者ということで、プロミスのほうからも増枠の提案や金利引き下げの提案が来ることもあるようです。

そういったチャンスもしっかりとものにしたいところです。

プロミスの金利がわかる返済シミュレーションを紹介

プロミスで借り入れした場合、いくら借りたか、返済期間はどうするのかを決めなくてはいけません。

ここでは、20万円を1年で返済、100万円を1年と3年で返済する場合の返済シミュレーションを考えてみました。

20万円借りた場合

20万円をプロミスで借りて1年で返済するケースを考えてみます。

  • 20万円をプロミスで借りて1年で返済する場合…
    • 返済期間12ヵ月
    • 金利17.8%
    • 毎月返済額18,316円
    • 総返済額219,792円
    • 返済利息19,792円

20万円でも返済利息は19,792円となります。これは毎月の返済額よりも多い数字ですね。

100万円借りた場合

100万円をプロミスで借りて1年と3年で返済するケースを考えてみます。

  • 100万円をプロミスで借りて1年で返済する場合…
    • 返済期間:12ヵ月
    • 金利:17.8%
    • 毎月返済額:91,584円
    • 総返済額:1,099,012円
    • 返済利息:99,012円
  • 100万円をプロミスで借りて3年で返済する場合…
    • 返済期間:36ヵ月
    • 金利:17.8%
    • 毎月返済額:36,052円
    • 総返済額:1,297,853円
    • 返済利息:297,853円

10万円近くする利息が別途発生し、3年かけて返済すると利息だけで30万円が別途発生するのがわかりますね。100万円をプロミスで借りる場合、わかっていたにしても返済利息がかなりのものになります。

1年の返済と3年の返済ですが100万円ではすぐに返せる額ではありませんし、返済利息が増えても3年での返済を選択する人のほうが多いのは無理もないでしょう。

少額の借り入れでしたらまだいいのですが、100万円の借り入れになると、しっかりとした返済計画を事前に考えてから借り入れの申し込みをした方がいいしょう。

プロミスの少額の借り入れなら30日間の無利息サービスを利用しよう

プロミスには、初めての利用で30日間無利息になるということをご紹介しました。

上記の返済シミュレーションのように大きな金額では金利が大きくなりますし返済も大変ですが、10万円以内の借り入れではいかがでしょうか?

10万円いないであれば、30日以内に次の給料日を迎えてすぐプロミスに返済できれば利息が0円なのでお得ですね。

まとめ

プロミスで借り入れする場合の金利や限度額をまとめてみます。

  • 金利4.5~17.8%
  • 利用限度額1万円~500万円

100万円を借りる場合でも上限金利の17.8%となりますが、そこから借入額が増えると金利もどんどん下がっていきます。

返済を少しでも楽にするには以下のことも考えるといいでしょう。

  • 初回30日間無利息サービス
  • 利用限度額を上げて金利を下げる

このふたつを利用することで、プロミスのカードローンをより便利にお得に利用することができます。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能