どうしても10万円が必要な時どうしたらいい?10万円を作り出すあらゆる方法を紹介

どうしても10万円が必要になった時、あなたはまずなにを始めますか?正攻法なら節約やバイト、今すぐほしい時には手元にあるものを売る、とても緊急ならどこかから借りるなど、さまざまな方法が考えられます。

今回は、10万円を作り出すためにやっておきたいあらゆる方法を紹介します。

10万円をなるべく手間をかけずに得る方法

10万円が必要な時には次のことをやってみましょう。

  • 家にあるほとんどのものを売ってみる
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 消費者金融を利用する
  • 親や友人に頼む

家にあるものを売っても10万円も作り出せない人がほとんどでしょう。親や友人に頼んでもダメな時には、クレジットカードや消費者金融の利用を考えてみましょう。

とりあえず家にあるものを売りまくる

今日中に10万円必要な時は、まずは家にあるものを片っ端から売りまくりましょう。ブランド品はもちろん、本、ゲーム、服、アクセサリー、香水、家具など、これらは売ればある程度の足しにはなるはずです。

物の状態によっては数十円ということもあるでしょう。いいブランド品を持っていれば、それだけで10万円に到達する可能性もあります。ブランド品は質屋ならその場で現金化してもらえます。

もしブランド品がなければ、上記で挙げたものをとりあえず売りましょう。リサイクルショップなら少し高めに買い取ってくれるかもしれません。使っていない携帯も売れます。

不要なバイクや車があるなら、それも売ってしまえば10万円を軽く超えるお金になるかもしれません。すぐに現金化してくれる中古車買い取り専門店もありますので、自宅近くにないか調べて持っていきましょう。

これらの方法なら、もし無職であっても10万円を作り出せるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

あなたの持っているクレジットカード、キャッシング枠はありますか?人によって設定したキャッシング枠で利用できる金額は違いますが、審査に通って付けていれば10万円ほどキャッシング枠の利用で工面できるかもしれません。

今すぐ10万円必要な方はこの方法を試しましょう。人によっては30万~50万枠があるかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠は、買い物で利用しなくても、一般的なキャッシング機能と同様に現金の引き落としが可能です。ATMから引き出すか、Webから申し込んで口座に入金してもらいましょう。

ただし、クレジットカードの利用限度額いっぱいすでに利用している時は利用できません。

クレジットカードのキャッシング枠がない時は、現金化業者に依頼しショッピング枠を現金化することもできます。しかしこの方法は違法性が高く、実施するにはリスクが高すぎる方法なので避けましょう。

もし契約違反がバレてしまえば、カードが強制解約になるリスクもあるでしょう。

積立式の定期契約を解約する

10万円が必要で、今までコツコツためてきた積立式の預貯金、保険、投資などがあれば解約することで工面できるかもしれません。

しかし、預貯金、保険、投資のどれも大きな買い物ですし、解約してしまうことのリスクも大きいため、おすすめしません。

預貯金

積立式預貯金を途中で解約すると、契約時の金利とは変わってしまいます。中には中途解約利率というものが適用されることもあり、満了まで続けないと損をすることもあります。

投資

積立投資で積み立てたものの解約は、預貯金や保険と比べるとそこまでリスクは大きくないのでは、と感じるかもしれません。

しかし、まとめて買っていた株が高値になっているなら、売却して売却益を得ることもできます。安易に解約を進めるのは、かえって大きな損につながるかもしれないので、注意しましょう。

保険

積立型終身、祝い金型生命保険、満期型養老生命保険をはじめ、積立型建物共済といった長期契約の保険から、自動車任意保険、火災保険といった短期保険でも契約期間内であれば解約による返戻金があります。

しかし保険を解約すると、保障がなくなってしまうのはもちろん、契約状況によっては支払った保険料よりも少ない返戻金しかもらえません。

特に生命保険は、一度解約して後から入ると保険料も高くなりますし、それ以前に体の状態によって再加入を拒否されることもあるでしょう。保険の解約はリスクが高いのでおすすめできません

消費者金融を利用する

10万円を借りてもすぐに返せる時には、消費者金融を利用するという手もあります。

消費者金融なら、10万円が必要!となった時にすぐにWEBから申し込むことができ、いつでもどこでも審査申し込み可能です。

近くに自動契約機があるなら、自動契約機を利用してカードを発行してもらえれば、全国のATMで24時間カードローンによる借り入れが可能になります。

消費者金融のキャッシングなら、初めて利用するなどの条件に合う人に限って、30日間無利息サービスも利用できます。30日以内に確実に返済できるのであれば、こういったサービスを利用するのも手です。

さらに振込融資を選択すると、さほど待たずに口座への入金があるでしょう。いずれも借金になってしまいますが、すぐに返せる場合には有効活用できる手段です。

親や知人に頭を下げまくる

これは、なるべく使いたくはない手段です。

「10万円必要なので誰か貸してください!」という不誠実ないい方ではなく、「なぜ10万円が必要なのか、どうして今なのか、借りるためにその人を選んだのか」など、しっかり説明し、誠実に対応しましょう。

そして「いつ返すのか」もちゃんと伝えてください。

カードローンやキャッシングが利用できなかった、クレジットカードのキャッシング枠もなかった、もうどうしようもない!という時にしておきましょう。

知人や親しい人に頭を下げるのはストレスがとても強いですし、多くの人から信用を無くす可能性があります。「とりあえず知り合いから借りれば無利息」なんて考えてはいけません。

利息はかからなくても、人間関係にヒビを入れてしまう可能性があります。

急ぎでお金を作るなら消費者金融

結局どの方法が一番手軽で、時間をかけることなくお金の問題を解決できるのでしょうか。売ってもお金になるものがない、積み立てていた資産もない、そんな時には消費者金融を利用してみましょう。

消費者金融に申し込むと、その日に借りられる可能性があります。※人によっては審査に時間がかかり融資まで数日かかることもあります。

カードローンの申し込みは、スタッフが在中している店頭窓口以外に、無人契約機でも行えます。ネットや電子機器に弱いという方でも、操作案内に従って進めるだけなので、簡単に申し込み手続きができるでしょう。10万円の場合、収入証明書も不要です。

消費者金融のキャッシングで有名なプロミスやアイフル、アコムでは初めての利用なら30日間無利息サービスを行っています。すぐに借りて、すぐに返したい、そんな時にも消費者金融は便利です。

キャッシング 必要なもの
プロミス
  • パスポート、免許証といった本人確認書類
  • 勤務先
アイフル
アコム

また、プロミスとアイフルは、パート・アルバイトの方も申し込みができます。

まとめ

10万円がどうしても必要な時、やっておけることはたくさんありましたね。上記以外の方法でも、夜の単価の高い時間帯に仕事を入れたり、契約している生命保険から積立金を担保としてお金を借りたりすることもできるでしょう。

特に今すぐ10万円が必要という時には、すぐに借りてすぐに返せる消費者金融を利用してみましょう。ただし、返すあてもなくただ借りるつもりでいると、次々に借金を重ねてしまう可能性があります。

消費者金融を利用する時には、返済プランをしっかりと立て、計画的に利用できるよう心がけましょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。