5万円欲しいときに試すべきことは?無職でもできる方法も紹介

5万円欲しいけれど、手に職はない。しかし今から就職活動をしても、今すぐに5万円を手にいれることはできません。

「どうしても必要なのに」。遊びのためのお金ならあきらめることができても、生活に必要なお金はあきらめられませんよね。今回は、無職でも大丈夫な方法も。今から試したい5万円を手にする方法を紹介します。

無職で5万円を借りることはできない

無職ではカードローンを利用することができません。無職でも5万円欲しいときには、次の方法を試しましょう。

  • 車やブランドものを売る
  • 特技で仕事をもらう
  • 国からお金を借りる
  • 親や友達に借りる

無職で5万円が欲しいときには、今ある資産を売却するか、自分の特技を利用して仕事としてお金を得るのが現実的です。無職でも安全に借りられるローンはほとんどありません。

無職で5万円が欲しいなら

無職で5万円欲しいとき、まずは正攻法を試してみましょう。

資産を売却する

ブランド物や車といったお金に変えられる資産があれば、それを売却してしまうのが最も楽です。

車の場合には、年式が新しければ5万円をはるかに超えるお金を手に入れることができます。

「でも車を売ったら生活ができない」という地方在住者は、いい車を売却し、安い車を購入してその差額を利用することもできます。車を買わなくても、月々レンタルで乗れる車レンタルを活用してもいいでしょう。

月々レンタルの車レンタルであれば、新しい車を検査費用メンテナンス費用込みでレンタルすることができます。軽自動車であれば1万円台から借り、数年後にそのまま自分のものにできるという便利なものもあります。

ガソリンスタンドでよく行っているサービスですので、まずは近くのスタンドに問い合わせてみましょう。

旅行などで利用するレンタカーとは異なり、割安ですので安心してください。現在の車の売却先は中古車販売店でもいいですし、ディーラーや現金買い取り業者でもいいでしょう。

この先乗ることがない古い車を所有しているなら、廃車買取に売却するのもおすすめです。大抵買取価格は5万円程にはなりますので、乗らない車があるときは廃車として売却してしまいましょう。

5万円が欲しいと思ったときに、車より手軽に売却できるものはブランド品などではないでしょうか。それが時計やアクセサリーといった貴金属類であれば5万円程度、もしくはそれ以上の高価買取をしてもらえる可能性があります。

ただし名前や日付の刻印があるものは価値がほとんどないので注意してください。ブランドバックはブランドと使用状況によって買取金額に差が出ます。

フリマアプリを使う

地道に5万円を集めるなら、フリマアプリで希少性のあるものを売るのもいいでしょう。

一般的には価値のないものでも、レアなおもちゃやフィギア、手に入れることが難しいゲームなどがあれば、それだけほしいと思っている人も多いため、高く売れるかもしれません。

雑誌や本、漫画を「一式」売るのも手です。漫画であれば1巻から完結まで、雑誌はバックナンバーがほとんどそろってる場合に価値が高まります。

スキルを売る

無職でも、得意なものがあれば5万円欲しいときに役立つかもしれません。例えばイラスト。SNS用のアイコンやバナーの作成、Webデザイン、ブログ・サイト構築もおすすめです。

空いた時間を活用したいならライティングに挑戦するのもいいでしょう。これらは最初から大きく稼ぐことはできませんが、少しずつ仕事をすることで月5万円にはなるはずです。うまくいけば、本当の職業にできるかもしれません。

投資

元手があれば、5万円欲しいと思ったときに投資を始めてもいいでしょう。しかし知識がなければうまくいきませんし、失敗したときのリスクもあります。

最悪の場合、元手まで失ってしまうこともありますから、投資はほとんどの場合おすすめできません。

国からお金を借りる

無職で収入がない、資産となる住宅や車もない、もちろん貯蓄もないし売れるものもない。そんな時には国を頼ってお金を借りることもできます。

国や自治体では、生活困難者に対し低い利息で生活資金を貸し出しています。とはいえ、税金をもとにした資金貸し出しですので、申し込みから借り入れまでには多くの時間と手間を要します

何度も市役所の窓口を訪れ、様々な書類に個人情報を記入しなければいけないでしょう。申し込みから融資実行まで、早くても2週間はかかります。

無職で5万円のカードローンを利用することが不可能

どんな方法も難しく、できなかった。そんなとき、無職でもどこからかお金を借りることはできないのか気になりますよね。

実際、無職で5万円欲しいとき、カードローンを利用することはできません。

カードローンは銀行でも消費者金融でも、「安定した収入があり、返済の見込みがある」人にしか融資しません。カードローンを利用する際には必ず審査が必要になります。

審査の時点で無職であることがわかれば、「返済能力なし」とみなされ、ほぼ確実に審査に通らないでしょう。

では職業を偽ってみることはできるのでしょうか?それも無理でしょう。審査時には、申込時に伝えられた職場に本当に在籍しているのかどうか確認がとられます。

それに虚偽の申告があったとなれば、この先就職したとしてもその金融機関・消費者金融からは借り入れできなくなることもあるでしょう。

カードローンの利用には「安定した収入」と「収入を証明できる勤務先」が必要ということです。

消費者金融にせよ、銀行にせよ、これから先カードローンを利用したいのであれば、まず安定した収入を得るために働かなければいけません。

こんな場合は無職ではない!カードローンが利用可能なケース

「自分は無職だからカードローンを使えないのか」とがっかりしている方、あなたはもしかすると厳密には無職にあたらないかもしれません。

仕事をしていないけれど、無職ではない。どのような人がこれにあたるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

主婦

主婦の方は、定職に就いていなくても無職ではありません。配偶者の方が働いている、安定した収入があるということを前提に考えると、主婦は「全く収入がない人」には当たらないのです。

また、パートやアルバイトなど自身の雇用形態的に悲観している方もいますが、それも立派なお仕事です。毎月パートで安定した収入があれば、融資の審査に通る確率が上がります。

学生

学生は無職と考えがちですが、学生でも安定した収入を得ている人がいます。毎月アルバイトで一定の金額を手にしているのであれば、「返済能力あり」と判断されることがあります。

もちろん金融機関や消費者金融業者によってその判断は異なりますが、アルバイトをしているなら「借りられない」と決めつけるのは時期尚早です。試しに審査の申し込みをしてみるといいでしょう。

無職でも5万円が借りられる場合は注意

「収入がなくてもお金を貸します!」こんな風に宣伝している業者には要注意です。上記の通り、金融機関や消費者金融のカードローンでは、「無職」で「収入がない」人にお金を貸し出すことはありません。

無職でもお金が借りられる、そのように宣伝する業者はほとんどの場合ヤミ金業者です。ヤミ金でもしっかり返済することができれば問題ないのでは?と考える人もいるようですが、ヤミ金の利用には大きなデメリットがあります。

無職でも5万円欲しいからヤミ金を利用しよう!という安易な考えは危険です。

利息が高い

ヤミ金業者は、「法外な利息を要求する」という特徴があります。

法律では「この借入金額ならこの金利までしか要求してはいけません」という決まりがありますが、ヤミ金業者はその法律を破り、一般的な消費者金融ではありえない利息を要求してきます。

消費者金融の平均利率は15%~20%です。これを超える利率には注意してください。

激しい取り立て

消費者金融や金融機関でも、延滞し続ければ取り立てが行われます。しかしヤミ金の取り立てはその比ではありません。

毎日家に押し掛ける、電話で恫喝を行う、周りに聞こえるように取り立てを行うなど、借り入れしている人が精神的に追い詰められるような取り立てを行います。

ヤミ金は金利も違法ですが取り立ても違法です。「お金を借りた側だからこれだけされても仕方がない」と思い込ませようとしてきますので、意志が弱い方、精神的に繊細な方は特にヤミ金に手を出してはいけません。

個人情報を悪用される

借りたときにも問題が無く、しっかり返済もしたから全く問題なかった。こんなとき、「ヤミ金も意外に大丈夫なのかもしれない」と感じるかもしれませんが、もしかするとこんな裏があるかもしれません。

「ここに住んでいるこの人は、ヤミ金に手を出したことがある」という個人情報が広まってしまいます。連絡先もセットで売却されますから、「ヤミ金を利用した後に変なダイレクトメールや勧誘の電話が増えた」という方は注意してください。

一度広まった個人情報は、さまざまなところで流通し消し去ることができません。電話番号を変えたり、引っ越したりするまで、勧誘やダイレクトメールは続くでしょう。

まとめ

無職で5万円欲しいとき、最初に売却できる資産がないのか考えてみましょう。

しかし1度売却した資産は戻りませんし、どんどん資産が目減りしジリ貧に……ということも考えられますので、まずは自分のスキルを使ってちょっとした仕事を請け負ってみるのも手です。

近所で農業・漁業の短期間バイトを募集していないか探してみてもいいでしょう。一身上の都合などで無職になってしまい、働くこともできないときには、国や地方自治体に頼ってみてください。

主婦や学生の方は、パートやアルバイトをしていればカードローンを利用できる可能性があります。金融機関や消費者金融に申し込みをしてみましょう。

どのような状況でも、手を出してはいけないのがヤミ金業者です。ヤミ金業者を利用しなくてもいい方法を模索するようにしてください。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。