3万円をすぐに欲しいときは?今からできる方法と注意点

生活費が給料日までにあと少し足りない、思いがけない出費でお金があと3万円足りない…という状況に陥ったことがある人もいるのではないでしょうか。

できるだけ早く3万円を用意するにはどうするべきなのでしょう。3万円が欲しいときの対処法をまとめました。

3万円の少額でもキャッシングは利用できる

  • 不用品の売却、バイトで3万円なら数日で稼げる
  • とにかくすぐにでも3万円欲しい場合はキャッシングも検討しよう
  • ただしお金に困って3万円が欲しくても違法行為はやめよう

プロミスなら最短即日融資も可能

3万円が急遽欲しい!簡単に手に入れる方法は?

とにかくすぐに3万円が欲しい場合どうすればよいのでしょう。気軽にできる3万円を手にするための4つの方法を紹介します。

親や知人に借りる

すぐお金を作る方法として手っ取り早いのが、親や知人にお願いして3万円借りる方法です。

3万円であればまだ、少額だということで貸してもらえることもあるでしょう。お願いしたその場で借りられる可能性も高いので、とにかくすぐにお金を用意したいときに有効です。

家にあるものを売ってお金に換える

部屋の中を見渡してみると、ほとんど使うことのないもの、なくても生活に支障がない不用品もあるのではないでしょうか。

自分にとっては不要なものでも、ものによってはやや高額で買い取ってもらえることもあります。

本やCD、ゲームなど大量に売れば現金3万円の目標を達成できるかもしれません。

大量に在庫がなくても、レアな商品であれば高価買取で思わぬ利益につながることも。ついでに部屋も片付くので一石二鳥です。

フリマアプリやオークションを利用して大きく利益を狙う方法もありますが、すぐにでも3万円が欲しい場合は、店舗に直接出向いて売りましょう。

家にあるものをシェアする

不要なものはほとんどない、売ってしまうのは惜しいと感じる場合は、ものをシェアする方向で考えてみてはいかがでしょう。

ものによってはシェアすることでお金になるものもあります。

たとえば車やブランド物のバックです。専用サイトに登録して気軽に貸し出せるので、ここぞというピンチのときに使えます。

他にも、自宅そのものを貸し出すという方法も。

ロケ用の自宅レンタルや海外旅行者向けサービスの自宅レンタルなら、一気に報酬が得られる可能性があります。

日雇いバイトをする

今すぐお金が必要な場合は、日雇いバイトをする方法があります。

単発バイトを募集しているサイトに登録していれば面接の手間もないので、現在無職でもすぐに仕事にありつけるので安心。

1日で3万円稼ぐのは特別なスキルがない限り難しいですが、日給1万円のバイトを3日もすればすぐに3万円が手に入ります。

しかし注意したいポイントは、日雇いのバイトはあまり数多くの求人募集を行っていないこと、日給で給与が計算されていてもその日に支払われるとは限らない、と言うことは覚えておきましょう。

3万円という少額でもキャッシングは可能?

3万円がすぐに欲しいときは、金融業者も1つの手段です。

キャッシングというとまとまったお金を借りるイメージもあるかもしれませんが、3万円という少額でも可能です。

消費者金融の審査通過後、発行されるカードで少額から借り入れすることができます。

スムーズにキャッシングするための準備

すでにカードローンの利用があり、審査などに通った状態であればATMからすぐに借入できますが、初めて利用する場合は申し込みの手続きが必要です。

業者によって異なりますが、基本的にインターネットや自動契約機などで申し込みをして審査を待ちます。

審査では、運転免許証やパスポートなど本人確認ができる書類が必要なので事前に準備しておきましょう。

なお、3万円程度の少額キャッシングであれば、収入証明書については求められないことも多いです。

審査に無事通れば、キャッシングを利用することができます。振り込みまたはカードで引き出してキャッシングが利用可能なので、自分の都合に合わせて選択しましょう。

キャッシング利用の注意点

キャッシングを利用するには条件があります。安定した収入がなく返済能力がない場合は利用できないので注意しましょう。

また消費者金融の場合、少額のキャッシングは上限の年率18.0%に近いことが多いです。

借入期間が長いほど支払利息が増えるので、返せるときに早めに返済することをおすすめします。

プロミスなら初めての利用で無利息での借り入れも!

また初回キャッシング時に注意したいのが、振込だと翌日以降の受け取りになってしまう場合があること。金融機関の営業時間は、ほとんどの場合15時までと決まっているためです。

消費者金融を利用する場合でできるだけ早く3万円が欲しいときは、審査後、自動契約機でローンカードを受け取れるようにしましょう。

3万円がどうしても欲しくてもやってはいけない事

無職だと3万円を準備するのもなかなか難しいかもしれません。

しかし、簡単にお金を得られる方法によっては、違法になる可能性があるので注意しましょう。3万円が欲しくてもやってはいけない4つの行為を紹介します。

ヤミ金に手を出す

ヤミ金とは、正規の貸金業者ではない業者のこと。

出資法によって年間20%を超える利息で貸し付けることは違法になりますが、ヤミ金は出資法を無視した貸し付けや、無許可での営業など違法行為を行なっています。

このようなヤミ金に手を出してしまうと、さらに生活が追い込まれるなどトラブルに繋がりかねません。困ってもヤミ金には手を出さないことが大切です。

ヤミ金の手口は日々多様化していますが、携帯番号しか記載のない業者やブラックでも借りられるなどの宣伝を行なっている業者は、怪しいので利用しないようにしましょう。

もしもヤミ金を利用してしまった場合は、弁護士などの専門家に早めに相談することをおすすめします。

違法または危険なアルバイトをする

高額な収入を謳っているバイトによっては、違法行為や危険行為にあたる場合があります。

たとえば出会い系サイトなどのサクラのアルバイト。

若い女性または若い男性に成りすまして利用者とメールをやりとりし、利用者のポイント購入を促して、時に不当に利益を得る手伝いをしなければならないケースもあります。

時給2,000~3,000円と、通常のアルバイトよりも高額な設定になっていることが多いのも特徴です。

また、パチンコやパチスロの「打ち子」のアルバイトにも要注意。

決められた台で1日中パチンコやパチスロを打つというものですが、店舗側は打ち子の台のみ当たりやすい設定にしているため、他の客に当たるかもしれません。

どちらの行為も詐欺に該当する可能性があり、刑事罰に問われることもある違法で危険な行為です。

イベント運営やフロアレディなど、実際に短期間でやや高い報酬を得られるものも実際にはありますが、高額すぎる報酬のアルバイトは危険な業務内容かもしれない、と警戒するようにしましょう。

クレジットカードを不正利用する

クレジットカードの現金化についても会員規約に反する行為となり、消費庁でも注意喚起がなされています。

クレジットカードの現金化というのは、ショッピング枠を利用してものを購入し、業者を通して購入した商品を不正にお金に換える行為のこと。

ちなみにクレジットカードのキャッシングは、クレジットカードの現金化のことではありません。

不正利用がわかると、クレジットカード契約を解除されることがあるので注意しましょう。

現金化と同様に、旅行券やギフト券などの金券を購入して現金に換える行為もやってはいけません。

銀行口座を売る

自分名義の銀行口座は数万円で販売できることもありますが、違法行為になるためやってはいけません。

不正に取得された銀行口座が、オレオレ詐欺やヤミ金業者などの口座として利用されてしまうためです。自身が法を犯すだけではなく、間接的にでも犯罪に加担することになります。

まとめ

3万円を得る方法としては、ものを売ったりシェアしたりする方法もありますが、手っ取り早くかつ面倒事を少なくしたいならキャッシングの利用が便利

3万円という少額からでもキャッシングは可能なので、困ったときは利用を考えてみましょう。

プロミスなら最短即日融資も可能

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

消費者金融のキャッシングのプロミスは、最短1時間で借りられて、初めての方なら初回借入日から30日間金利無料です。

楽天銀行のカードローンは、楽天IDがあれば申込が簡単で、入会すると全員に楽天ポイント1,000ポイントがもらえます。