5万円が必要な人向けの方法5選!解決まで最短即日も可能

5万円必要な人の画像

飲み会が続いたせいで5万円足りない!親に借りるのは気が引けるし、バイトをする時間もない…

この記事では、5万円必要な人に向けて、以下の方法をご紹介します。

  1. 今すぐ5万円を手に入れる方法
  2. 絶対にやってはいけない方法
  3. 気軽に稼げる方法4選

また、どうしても今すぐ5万円が必要なら、Webから申込可能なクレジットカードがスムーズでしょう。

レイクALSA
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の無利息特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し

今すぐ5万が必要なら大手消費者金融のカードローン

今すぐに必要な5万を手に入れる画像

今すぐに5万円が必要なら、大手消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

最短即日融資に対応しているところがほとんどなので、審査がスムーズにいけばすぐに借入できます。

また、初回契約時に無利息期間を利用できるカードローンも少なくありません。借入までの時間や特典を参考に借入先を決めるのもいいですね。

ここでは、2つの大手消費者金融のカードローンについて紹介します。

レイクALSAとアコムの融資までのスピードと無利息期間を比較

レイクALSAとアコムは、どちらも審査~融資までの時間がスムーズなことで知られています。

では、どちらのほうがすぐにお金を借りられるのか、比較してみました。

レイクALSA アコム
融資スピード 最短60分 最短即日
無利息期間(初回) 180日間 最大30日間

今すぐにでも5万円が必要で、できるだけ長い無利息特典を利用したいなら、レイクALSAがおすすめだと言えます。

レイクALSA
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の無利息特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し

※1
21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

※2
契約額が1~200万円の人が対象。
初めて新生フィナンシャルで契約をした人が対象。
30日間特典、60日間特典との併用は不可。
特典期間経過後は通常金利適用。

大手消費者金融のカードローンは最短30分審査

大手消費者金融のカードローンは、審査時間が短い傾向にあります。

アコムなら最短30分審査で即日融資も可能なので、緊急じゃないものの5万円が必要な人にはおすすめです。

消費者金融のカードローンを利用したことがない人のために、申込から借入までの一般的な流れを見ていきます。

5万 必要 画像

このように、Webで申込から契約までを済ませられることも多く、自宅にいながら借入ができるので便利ですね。

店舗の窓口まで足を運ぶ時間を短縮できるのもメリットです。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細を郵送からWebに変更することができる
  • ネットから24時間申込可能

今日中に5万円が必要!カードローン以外の方法5選

今日中に5万円が必要な時、大手消費者金融のカードローンで借入する以外の方法は次の5つです。

  1. 日払いのアルバイトで5万円稼ぐ
  2. 不用品を売って5万円手に入れる
  3. 知り合いや親に5万円を借りる
  4. クレジットカードで5万円を借りる

【1】日払いのアルバイトで5万円稼ぐ

日払いのバイトの画像

今すぐ5万円が必要なら、日払いしてもらえるアルバイトをする方法があります。

1日で稼ぐのは特別なスキルがない限り難しいものの、日給1万円のバイトを1週間も続ければ5万円が手に入るでしょう。

日払いのアルバイトには、例のような仕事があります。

  • 倉庫整理や商品運搬などの力仕事
  • ベント運営や試験監督などマニュアル通りにすればこなせる仕事

また、日給が高いものは力仕事が多い可能性があり、疲労や不注意によるケガのリスクはありますが、確実にお金を稼ぐことができます。

【2】不用品を売って5万円手に入れる

不用品を売る画像

家にある不用品を売れば5万円を手に入れられるかもしれません。

人気ブランドの新作定番のバッグ高級腕時計などは質屋で高額査定をしてもらえるでしょう。

しかし、身の回りの雑貨や服、家電や冷蔵庫などは、まとめて売っても5万円にはならない可能性が高いです。

5万円が必要な人が不用品を売るなら、他の方法もあわせて考えるといいかもしれません。

【3】知り合いや親に5万円を借りる

お金を借りる画像

知り合いや親に5万円を借りられれば気が楽にできますが、「お金にだらしない」と思われるのがいやで、後ろめたさを感じる人も多いでしょう。

返済が遅れて迷惑をかければ、信頼関係も崩れてしまうかもしれません。

どうしても知り合いや親に5万円を借りたければ、借用書を用意することをおすすめします。借主と貸主、借入日、借入金額、返済期日などをしっかりと明記します。

また、返済時には、銀行口座に振り込んで「ちゃんと返した記録」を残しておくと、返済後のトラブルを回避することができますよ。

親しい間柄であるからこそ、お金の貸し借りはしっかりとルールを取り決めたいですね。

【4】クレジットカードで5万円を借りる

キャッシングでお金を手に入れる画像

クレジットカードには、「商品やサービスを購入するためのショッピング枠」の他に、「現金を借入するためのキャッシング枠」があります。

カード発行時にキャッシング枠を設定していれば、ATMからすぐにでも現金を借入することができるでしょう。

また、カードの引き落とし口座に振り込んでもらうこともできます。

ただし、カードの限度額まで5万円を切っていた場合は、キャッシング枠で全額用意することができません。

また、キャッシング枠を設定していなければ、申し込んで審査を受ける必要があり、時間がかかってしまう可能性はあります。

5万円が必要でも絶対にやってはいけない方法

お金必要な人がやってはいけないことの画像

いくら急いで5万円が必要であっても、次のような手段を取ってはいけません。トラブルに巻き込まれたり、犯罪に加担したりする可能性が高いからです。

  1. ショッピング枠の現金化で5万円を作る
  2. 個人間融資で5万円を借りる
  3. ヤミ金から5万円借りる
  4. 違法なアルバイトで5万円稼ぐ

【1】ショッピング枠の現金化で5万円を作る

クレジットカードのショッピング枠を現金化することで儲けている業者がいます。ショッピング枠の現金化はクレジットカードの規約違反ので、絶対に手を出さないようにしましょう。

クレジットカードの規約違反が発覚すれば解約されてしまいます。また、現金化した金額以上の請求が届くことになります。

例えば、「うちの商品を50万円分クレジットカードで購入して、すぐに返品してください。そうすれば現金で40万円分お渡しします」という話があったとします。

そして、話に乗った場合、クレジットカード引き落とし日には50万円分が請求されてしまうのです。

こうした業者にだまされないよう、「うまい話には裏がある」と考え行動しましょう。

【2】個人間融資で5万円を借りる

Twitterや掲示板で「個人間融資」と検索すると、「今日中にお金を貸します」という甘い言葉がたくさんヒットします。

個人間融資とは、その名の通り個人間でお金の貸し借りをすることです。貸し手は登録貸金業者ではないため、違法行為を働いていることになります。

また、個人を装ってヤミ金業者がまぎれていたり、返済と引き換えに体の関係を強要したりと、トラブルに巻き込まれる危険もあります。

便利なように見えても、利用しないのが賢明です。

【3】ヤミ金から5万円借りる

急いで5万円が必要でも、ヤミ金業者に頼るのは危険です。

無職で安定した収入のない人、信用情報に延滞や滞納などの事故情報が載っていてカードローンの審査に通らない人なども、決して手を出してはいけません。

法外な利息を要求されたり、他のヤミ金業者に借り換えさせて借金を上乗せさせたりと、深刻なトラブルに陥る可能性があります。

今よりも確実に苦しい状況になるので、ヤミ金業者を頼る以外の方法を考えましょう。

【4】違法なアルバイトで5万円稼ぐ

高単価の日払いバイトの中には、違法行為に加担するものが紛れ込んでいるので注意が必要です。

以下のような違法アルバイトの一例は、詐欺グループ等が絡んでいる危険なアルバイトな可能性が高いです。

【違法なアルバイト】

  • 見張り
  • ATMからお金を引き出す
  • 届いた小包を受け取って転送する

また、「届いた小包を受け取って転送する」バイトでは、配達先の情報を確かめる名目で免許証の画像を求められ、悪用されてしまいます。

オレオレ詐欺の「受け子」が逮捕されたニュースも実際に存在します。

他よりも明らかに高単価なバイトは避けるようにしましょう。

5万円が必要な人がプラスで試したい金策方法4選

楽して稼げる金策方法の画像

5万円は無事に用意できたけれど、来月に備えてもう5万円手に入れておきたい。そんな時には次の方法を試してみましょう。

  1. オークションで5万円に換える
  2. ポイントサイトで5万円稼ぐ
  3. 治験バイトで5万円稼ぐ
  4. 車を売却して5万円手に入れる

それぞれ紹介していきます。

【1】オークションで5万円に換える

5万円が必要な人は、オークションサイトを利用してみましょう。

「ヤフオク!」や「モバオク」といったオークションサイトでは以下のような商品が出品できます。

【出品できる一例】

  • 香水
  • アクセサリー
  • お酒
  • スニーカー
  • スーツ
  • 本やCD

5万円分をすぐに貯められるかどうかは、出品する物や落札価格次第です。状態が良い品や限定品などを選んで出すといいでしょう。

ネットオークションはトラブルも多いので注意が必要です。

また、商品登録・入金確認と配送には少し手間がかかるので、ルールを理解した上で始めましょう。

【2】ポイントサイトで5万円稼ぐ

5万円が必要だけどコツコツ稼ぎたいならポイントサイトはいかがでしょうか。

数十円、数百円単位で毎日貯めていけば、うまくいけば半年程度で5万円を手にできるかもしれません。

ネットショップで買い物するとポイントが貯まる「モッピー(moppy)」を利用している人も多いようですよ。

チリも積もれば山となるの精神で取り組んでみましょう。

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
  • 自分のペースで取り組める
  • 無料で始められる
  • 電子マネーだと手数料が無料

【3】治験バイトで5万円稼ぐ

5万円を手に入れるなら、治験バイトも検討してみましょう。治験とは、新薬を国から医薬品として承認してもらうために行われる臨床試験です。

治験バイトの報酬は、1日で1~2万円になるものもあります。

ただし治験内容によっては拘束期間が長期化することもあり、無職や学生でない限り現実的ではないかもしれません。

また、薬の副作用が出ることもあります。

薬を飲んだり採血したりするのが平気という人は、チャレンジしてもいいかもしれません。

【4】車を売却して5万円手に入れる

愛車を手放すことで、5万円を手にすることもできます。

よほど状態が悪くなければ数十万円、あるいは100万円以上の査定額になることもあるでしょう。

車の売却では、専門の買い取り業者に査定してもらいます。より高額で売るためにも、複数社に愛車を見てもらうことがおすすめです。

ただし、車を毎日の通勤に利用している人には難しい方法です。週末に乗る程度であれば、カーシェアリングサービスを利用するのもいいでしょう。

もし売却できるのであれば、車の維持費や駐車場代などもかからなくなるので、かなりの節約になりそうですね。

【番外編】起業や会社運営するために必要な事業資金を少額調達する方法

経営を支えるために必要な資金が足りない場合、次のような方法が考えられます。

  • 友人、家族からの借入
  • ビジネスローン
  • ファクタリング
  • 日本政策金融公庫融資※創業当初のみ借入可能
  • 信用保証協会※創業当初のみ借入可能
  • エンジェル投資家
  • ベンチャーキャピタル
  • クラウドファンディング

この中でも「資金は少額で大丈夫」なのであれば、”友人、家族からの借入”もしくは”ビジネスローン”がいいでしょう。

株式や社債を発行して直接金融することも低リスクですが、万が一株式を50%以上所有できなくなったら、経営権が変わり意思決定が出来なくなります。

そこまで大々的でなくて良い、少額の調達で間に合う場合は、ビジネスローンで一時的に借入をして問題を解決するのがいいでしょう。

ビジネスローンで代表的な商品は「ビジネクスト」です。

ビジネクスト
  • 使用用途自由
  • 保証人・担保不要
  • 融資額 1~1000万円(新規は500万円)
  • 年率  3.10%~18.0%

やっぱり消費者金融のカードローンがスピーディーで気楽

カードローンを使う画像

5万円が欲しい人向けに、ここまでいろいろな方法を紹介してきました。

知り合いや親に頼る気まずさ、短期バイトのケガのリスクなどを考えると、やはり一時的に5万円を借りる方法がスムーズかもしれません。

5万円程度であれば、今後の給料から返済していけるでしょう。

大手の消費者金融のカードローンなら、Webで申込から契約まで済ませることができます。申込条件にあてはまれば、最短即日での借入も難しくありません。

また、初めての利用だと無利息期間が利用できるものもあります。

5万円の借入であれば、無利息期間中に完済できる可能性も高いですね。

大手消費者金融のアコムは、最短30分審査、最短即日融資に対応しているため、特に急いで5万円が欲しい人はアコムを検討してみるといいでしょう。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないので周囲に知られにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

カードローンの借入に向かない人

お金をすぐに借りれるカードローンですが、以下の場合は、カードローンの借入に向いていないかもしれません。

【カードローンの借入に向かない人】

  • そもそも返すあてがない
  • 無職で審査に通らない
  • すでに複数のキャッシングやカードローンを利用している
  • 借金返済のために借金しようとしている

必要な額が5万円であれば、アルバイトや私物の売却などでまかなう手もあります。違法な仕事やリスクのある取引は避けて、5万円を稼ぎましょう。

まとめ

5万円が必要な時に使える方法、いろいろなものがありましたね。使えそうな手段は見つかりましたか?

「今日すぐに5万円が必要」という場合、日払いバイトであっても、1日で5万円分働くことは困難でしょう。

目立って高い報酬い仕事があっても、内容不明の「危険なバイト」である可能性があるなら、決して手を出してはいけません

無職の人が5万円必要になった時の解決策は選択肢が絞られます。だからといって、ヤミ金や個人間融資は、リスクが高いのでやめましょう。

どうしてもすぐにお金が必要な時は、大手消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を計画的に利用するのがおすすめです。

カードローン


アコム
  • 初めての利用で30日間無利息
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
楽天カード
  • ポイントがザクザク貯まる
  • 最大90万円までキャッシング利用可能

※1 審査結果によっては、審査に通らない可能性もあります

※2 ただし18歳以上に限ります(高校生を除く)